縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クスリをください

― あのぅ すみません
   コトバに効く薬ありませんか ―
     コトバに効く薬ですか
     はぁ そういったものは
     当店では取り扱っておりませんねぇ
     外用薬ですか内服薬ですか
商店街の薬局で聞いてみましたが
どうやらそこには売られていないようでした


― あのぅすみません
   コトバに効く薬ありませんか ―
     さあ ちょっと聞いたこともないですねぇ
    どういった症状なんですか
― 僕の意に反して
   コトバが勝手なことばかりするんです ―
   勝手なこと……といいますと
― まったく云うことを聞いてくれなくて……
   こうして話をしている間も何かするんじゃないかと思うと
   もうどうにかなってしまいそうで
   夜もろくろく眠れないんです
   僕は気が狂ってしまったのかもしれません ―
      それはさぞお苦しいことでしょう
      貴方の探している薬はうちにはございませんが
     貴方は いまとても疲れているのだと思われます
     とても強いストレスを感じていらっしゃるのかもしれませんね
      楽になる薬を差し上げましょう
     いえ 何も怪しい薬ではないのでご安心を
     抗精神薬とそれから睡眠導入剤を
     そうですね 1週間分出しておきます
      すぐに効く薬ではありませんが
      徐々によくなってくると思いますよ
      1週間後に予約を取っておきますから
     またそのとき様子を聞かせてください
― 僕 なにか大変なビョーキなのでしょうか ―
      はっきりとしたことは様子をみないとなんとも云えませんが
      そう深刻になる必要はありません
      大丈夫 心配ありませんよ
      お大事になさってください
街で評判のお医者さんに尋ねてみましたが
心の病を疑われただけで 
コトバに効く薬など一笑にふされただけでした


          コトバ コトバ コトバ コトバ
          生きていくために必要だから
          ヒトはそれを手に入れたのでしょ
          ひとりで生きていくには
          ヒトはあまりに無防備で
          あまりにたよりない生き物だったから
          誰かと関り智恵を分け合い 種を残すため
          それを手に入れたのでしょ


          なのに なのにさ
          コミュニケーションのツールだったはずのそれが
          いまじゃ 勝手にひとり歩き

          気にしないで 気にしないで 僕は大丈夫だから
          本当は淋しくて心細くて死んでしまいそうで
          お願いだから今日だけでもそばにいて
          そう云いたいくせに

          何かあったら何でも云ってね な~んて
          ホントに云ってこられたって 一体何が出来るとでも?

          知らないことを知らないということが
          解らないことを解らないという勇気がなくて
          知ったかぶりを装っては大恥さらし
          云いたくないのか云わせたくないのか
          そんなちゃちな自尊心をいつまでたってもねこかわいがりで

          昨日まであんなに笑い合ってしゃべっていたのに
          些細なことがきっかけですべてが裏返しになって
          歯止めが利かなくなってもうなにもかも全部ダメにしてしまったり
          ごめんねって云えば それで済んでしまえるものを
          ありがとうって云えば それだけで繋がれるものを
          喉の奥にひっからまって 声に出すことさえできなくて
          部屋の隅っこで灯りもつけず ひとりぼっちで泣きながら
          それでも平気へっちゃらだと 卑屈に笑ってしまう僕なのです
 
          コトバって心から作られてるものだと思っていたけれど
          どうやらそれは違うのかもしれません
          僕はもう 僕の中から勝手に出て行くコトバたちを
          どうすることもできないのです


      そんな困ったコトバたちに効く薬があったなら
      僕は 真っ先に手にいれるんだけど
      きっとどこか遠い国の偉い学者さんが
      日夜寝るヒマも惜しんで
      そんな薬を研究開発しているに違いないけど
      いまのところまだ
      そんな都合のいい代物はどこにもないらしいので
      今日も うだうだ云いながら
      そんな困ったちゃんたちを 
      詩にあてがって もてあそぶ





スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

用法・用量をお守りください | コメント:0 | トラックバック:0 |

使用上の注意

          言葉は骨折しない
          言葉は咳をしない


          言葉は恋をしない 
          言葉は愛ではない


          言葉は嘘をつかない      
          言葉は裏切らない


          言葉は病気をしない
          言葉に効く薬なんてない


          言葉は絶望しない
          言葉は自殺しない
          そもそも言葉に命なんてない
     

          言葉に罪はない
          言葉が悪いわけじゃない



だけどでも


言葉の正しい用法・用量なんて
一体誰が知るというのだろう


わたしたちはいつだって用法を間違えては傷つけ合って
用量を間違えてはこじらせてばかりいる


わたしたち 心で生きる生き物でしょ
寝ても覚めても 心で生きるしがない生き物でしょ


なのに 心の正体は誰にも見えない
どうしてこんな気持ちになるの
なんであんなことしてしまったの
本当のところは 自分でもわからない
手に負えない


この思いを伝えるにはどうすれば
この気持ちを伝えるにはどうすれば



心に翻訳機でもついていたらよかったのに
心辞典でも売っていたらよかったのに


そしたらもっとちゃんと思いを伝えられたのに
云いたいことだけをちゃんと伝えられたはずなのに


傷つけたいわけじゃない 嫌われたいわけでもない


ずっとだなんてあるわけないのはわかってる
どんなことだって いつかは終わりがくることは
わかりすぎるほどよくわかってるはずなのに


見えない心が不安を煽るから
ささくれだった心がチクチク痛くてしょうがないから


苛立ちまぎれに投げつけては なにもかも壊してしまうんだ
操作不能になった心の前でわたしたちは いつだって無力で
粉々になった破片の前で泣き崩れたって もう取り返しがつかないんだ


いっぱいいっぱい傷ついて
いっぱいいっぱい泣いたのに
こんな思いするのはもうこりごりだから
2度と同じことは繰り返さないと
誓ったことさえいつの間に


いつまでたっても学習できない
出来損ないのわたしたち
いつまでたっても粉々になった破片ばかり 拾い集めてしまう




          言葉は傷つかない
          言葉は涙を流さない
          言葉は血を流すこともない



涙を流すのはわたしたち
血を流し痛い痛いと泣くのもわたしたち



ただひとつ 言葉が足りなかったばっかりに
ただひとつ 言葉が余計すぎたばっかりに


わたしたちは永遠に軌道から外れてしまう





それでも それでもさわたしたち 
心で生きる生き物だから
痩せても枯れても 心で生きるしがない生き物だから


こんな思いをするくらいなら
いっそひとりでいたほうがいい なんて思っても
それでもやっぱり 求めずにはいられない
ぬくもりも冷たさも全部ぜんぶひっくるめて
暗がりの中 叫び続けずにはいられない
声にならないその声で



他の誰でもない
あなたにめぐり逢えるそのときまで
あなたが返事をしてくれるそのときまで


いつだって
わたしたちは




テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

用法・用量をお守りください | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。