縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

空の樽は音が高い

盗人に追い銭とかってさらに損したなんて云ってるけど
追い銭をしたのはあなたの方でしょう
自分がしたことをまるでなかったことのようにするなんて
盗人よりもふてぶてしいわよ あなた


来年のことを言うと鬼が笑うのなら
さらに次の年のことを言えばもっと笑うのかしら
5年も先のことを話したなら きっと大爆笑に違いないわね
だけど調子にのっちゃだめよ
そんな懐の深い鬼だってさすがに
10年も先のことを話せば
堪忍袋の緒が切れて 怒り出すに決まってるんだから


阿弥陀も銭で光る
ご利益なんてものさえも金次第だってさ
5円でご縁に恵まれます
10円投げれば 縁遠いなんて
そんなのはただの 笑えない駄洒落だってことが
よくわかったでしょ


類は友を呼ぶというけれど
私に友がないのはおそらく
私と似たような人間がいないということなのでしょう
だから世の中はこんなにも平和なのでしょう


明るけりゃ月夜だと思うなんて
遠くで自分の家が燃えてるのにも気が付かないで
今夜はいい月だ なんて
呑気もほどほどになさいな おまえさん


赤子の手をひねるなんて
それはあきらかに虐待です
いますぐやめなければ
警察に通報しますよ


薊の花もひと盛り
どんな花にも花盛りというのがあるという
わたしの花盛りはいつやってくるのでしょう
盛りのないまま朽ち果てていくだけなのでしょうか
哀しや哀し


どうしてこんな濡れた衣を着なければならないのでしょう
一体わたしが何をしたというのですか
あの人はきっとなにか勘違いしているんだと思うわ
あれはわたしがやったんじゃないの
わたしはなにもやっちゃいないのに
それを聞きいててくれる耳をもう
あの人は持ち合わせてはいないのね
濡れた衣は肌に張り付いて なんて気持ち悪いったらないわ


離れてしまったものほど よく見えることはないわ
あいつはいい奴だった あの子はやさしくてよかったって
一緒にいるときには やれあそこはダメだのここがイヤだの云ってたくせに
逃がした魚は大きいってか
いまさら気づいたって もう遅いんだってば


向こうが先にケンカをふっかけてきたから
買ってやっただけのことですよ
少々高くはつきましたけどね


物腰やわらかで優しい人だから断ることができないだろうって
勝手に決めつけないでくれますか
わたしにだって決める権利くらいあるはずです


右を向いても左を見ても
前を向いても後ろを見ても
味方なんてひとりもいやしませんでした
親だろうと兄弟姉妹だろうと
油断はできませんでした
いつ何時 攻撃されるかわかりませんでした
ずっとひとりでした
ひとりでずっと 緊張していました
だからいまでも 他人が苦手です
やさしさに怯えてしまうのです
何かあるに違いないと
ついつい勘繰ってばかりなのです
すみません ごめんなさい
あなたのせいじゃないんです
あなたが悪いわけじゃ
決して決してないのです
私の中のわたしが どうしてもそれを受け入れられないのです
拒絶してしまうのです
すみません
本当に あいすみません


ひとつ疑いだすと あれもこれも何もかも怪しく思えてくる
あの人もこの人もみんな人に非ず
みんな鬼の形相をしている
しているように見える私が
一番 人に非ず


一寸先から五里もその先も 真っ白な霧闇の中
どう生きていったらいいのさえも まるで見当がつかず
手探りで一歩一歩 模索しながら歩いていくしかない
そんな人生を 私は生きているのです


生きているのです




テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

新釈ことわざ辞典 | コメント:4 | トラックバック:0 |

石が流れて木の葉が沈む

悪事千里を走る
4千キロメートルもの距離をどうやって走っていくのかしらね
まさか自分の足でってことはないわよね
駅伝みたいに人から人へと襷リレーしながら走っていくのかしら
あるいは車でってこともありえるわね
悪事だけに盗んだ車で とか
メンタル強そうだし ちょっとやそっとじゃ折れなそうだし
どっちにしろ 悪事の底力を侮ってはいけないわね


祭りのあとの淋しさは なんていう
吉田拓郎の歌があったけれども
祭りごとはいつか必ず 終わるときが来るわ
賑わいのあとの静けさは
どこか置いてきぼりをくらったみたいな気分になるものよね
去っていくものを いつも見送るばかりで
どこにも行けないで ただ立ち尽くしているだけの
ただ待っているだけの自分
祭りごとなんてきっと 風みたいなものなのよ
吹いては体を通り抜けて どこかへ行ってしまう
淋しさを置いていくのはきっと
風もまた淋しいから
忘れないでの代わりに残した置手紙
いつか心が凪いだころ
あの風はきっとまた吹いてくる


青菜に塩かけたみたいにぐったりとうなだれているあなた
追い打ちをかけるように傷口に塩を擦り付ける人たち
頑張れって云わないで
頑張らなきゃいけないことくらい わかってるから
苦しいのはお前ひとりじゃないって
そんなこと云われたって 楽になんかなれないの
いまはそっとしておいてあげてほしいのに
いまだけは責めないであげてほしいのに
いつかもう一度 自分で立ち上がるその時まで
ただ見守っててあげてほしいだけなのに


自分の頭の上の蝿も追えないなんてっていうけど
蝿を追いかけている人を一度でも見たことがあるかしら
蝿を追いかけることよりやらなきゃならないこと
みんな沢山抱えているのよ
でも 自分のまわりでブンブン蝿が飛び回ってたら
気が散ってなにも手につかないし
あれって結構イライラしてストレス溜まるのよね
殺虫剤まいて一気に仕留めてしまいたいところだわね
私だったら


牛を馬に乗り換えるように
いいとこまわりばかりしている
よく云えば世渡り上手
悪く云えばずるがしこい
そうして大概は人に嫌われることが少ない
私が見てきた限りで云えば
の話だけれど


私がしゃべり下手なのは
奥歯に物が挟まってなかなか取れないからです
というのは真っ赤な嘘です


鬼が笑うというけれど
鬼だって笑いたいときくらいあるでしょうに
いつも金棒もって厳つい顔ばかりしていたら
ストレスたまって鬱になっちゃうでしょ
それに鬼が念仏を唱えることがあったっていいじゃない
でも考えてみればかわいそうな生き物よね 鬼って
神妙な顔をしてみせれば 何か企んでるんじゃないかと疑われ
殊勝に振る舞えば 今度は何か裏があるんじゃないかと
あらぬ疑いをかけられる
そりゃ 念仏のひとつも唱えたくなるのも
ちょっとわかるような気がしてくるわ


あばたもえくぼ 恋は盲目
たとえ付き合いだした途端に仕事を辞めてしまっても
息が詰まるほど束縛するようになっても
顔が変形するほど 肋骨にヒビが入るほど暴力をふるわれても
それさえも愛情表現であると
そのすべてを愛することができれば
きっと彼も変わってくれるはずと 最初から信じて疑うことを知らない
人をキライになるより好きになる方がいいけど
はまりすぎて自力で抜け出せなくなってしまうこともあるから
これはなかなか 侮ってはいけない感情なのかもわかりません


あさりやはまぐりはいいわ
だっていつも2つピッタリくっついて離れない
両想いのふたりなんですもの
アタシなんてひとり岩場にしがみついて
打ち寄せる波を体に浴びながら
恋しいあのお方のことばかり考えているのよ
多分あの方は アタシがひそかに慕い続けていることさえ知らない
え? 気持ちを伝えたらどうかって?
嫌われたりしたらどうするのよ
いいのよ いいの
こうしてあの方を想いつづけているだけで
一生片恋だとしても 強がりとかじゃなく
ホントにアタシ それだけで幸福なの


会うは別れの始めというけれど
こんな日がきてしまうことは 最初からわかっていました
お互い意地の張り合いみたいなことはいい加減よしに致しましょう
どれだけ同じ時間を過ごしても
どれだけ言葉を尽くして語り合っても
結局解ったことと云えば
あなたは私を 私はあなたを
なにひとつ理解できなかったということだけでした
お別れいたしましょう
悲しいことなど何もありません
だってこれは必然的なことなのですから
あなたのメモリはすべて
今日を限りに削除いたします
これですべて終わりにできます


さようなら
さようなら


元気でねなんて云わないわ





テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

新釈ことわざ辞典 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雉も鳴かずば撃たれまい

秋に扇なんて いったい今何月だと思ってるの
爆弾低気圧の影響で 各地で大雪が降ってるって
ニュース見てないの?
暑い暑いなんて 聞えよがしに扇をあおいでるけれど
指先ふるえてるの バレバレよ
やせ我慢なんかしないで
ほら こっちに来て
こたつに入ってあったまりなさいな


雲泥の差ってさ
空に浮かぶあの雲と地面の泥を
誰が最初に比較なんてしたのかしらね
雲とタバコのけむりとか
土と泥とか
近いもので比較するんならまだしも
この両者は一体なにで勝負しようとしてるのかしら
どの道 勝敗は見えているのに
あざといわよね とっても
少しでも高みに立って 何かを見下したくてしょうがないのね
それで優越感に浸ったつもりになって
バカバカしいったらありゃしない


鵜の真似をする烏って嘲笑するけれど
泳いでみたい烏がいたっていいじゃないの
溺れることがわかってて
それでも水の中に入ってみたかった
わかってるよ どんなにあこがれたって鵜にはなれないことくらい
烏は所詮人に嫌われるゴミ荒らしの烏
だけど 憧れる気持ちくらい許してくれたっていいじゃない
たとえ身の程知らずと嘲り罵られようとも


鴨が葱背負ってやってくるわけないじゃないの
そんなことしたら鍋にして食べられちゃうのよ
食べられる気満々で 近づいてくるような奴がいると思う?
何でわざわざそんな危険を冒すような真似をするっていうのよ


腐っても鯛なんていうけど
それってただいつまでたってもプライドを捨てられない
見栄っ張りのコンコンチキなだけでしょ
だって腐ってるのよ もう食べられないのよ
いくら高級食材だからといってちやほやしすぎなんじゃないかしら


飼い犬に手を噛まれたからって
そんな烈火のごとく怒ることじゃないじゃないの
少し冷静になって考えてみるといいわ
あなたが先に なにかしてる可能性だってあるのだから


地獄に仏っていうけど
毎日が辛くてしんどくてたまんなくて
もうどうしていいのかわからないそんなときに
ふとやさしくされたら
誰だって仏のように見えてくるに違いないと思うのよ
でも 気をつけたほうがいい
弱っているときほど 何かにすがりたくなるのが人間
すがってしまったら最後
そのやさしい人はきっと あなたを地獄へと誘ってくれる
地獄に仏とはつまり そういうことです


坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
袈裟が憎けりゃ数珠まで憎い
数珠も憎けりゃ足袋まで憎い
憎しみという感情はどんどんと増幅していくものだということを
私は経験から学びました


善は急げ 急げ急げ
急いで走れ 突っ走れ


堪忍袋の緒が切れました
ブチっという鈍い音が たしかに聞こえました
ブチキレるとはつまり そういう意味だったのです


どんなに煮え湯を飲まされても
喉元すぎれば熱さも忘れてしまう
煮え湯を飲ますなんてよほどの悪意がなければできないことよ
そんなにアタシのことがキライだったのね


残り物に福があったためしはあって?
売れ残りのバーゲン品にいいものがあったためしがあるかしら
おいしいところは全部先に持ってちゃって
残り物に福とは凄まじい


引かれ者でも強がりくらい言ったっていいでしょ
小唄のひとつも歌えなくなってしまったらお終いよ
それに こんなの平気へっちゃらって思ってでもいなけりゃ
とてもやってられやしないじゃないの


溺れるものは藁をも掴む
そんな頼りないものでさえも頼りにしてしまう
まさか自分がそうなるなんて思ってもみないけど
でも 死の瀬戸際に立たされると
人間 何をするかわかったものじゃないわね
必死になっちゃうのね
おかしいわね あれほど死にたがりだったくせしてさ


枯れ木も山の賑わい
あれは木が枯れているわけじゃなくて
葉が枯れ落ちて 枝がむき出しになってるだけですから
失礼なことは言わないでいただきたい


井の中の蛙、大海を知らず
一歩外に出る勇気もないくせに
家の中じゃ威張り放題
一生その井戸の中にいたらいいわ
そこはとても安全で居心地がいいんだろうから


へそが茶を沸かすところを
一度でいいから見てみたい


そんなくだらない空想にふけっては
今夜もまた 午前様です





テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

新釈ことわざ辞典 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あつものに懲りて、なます和え物を吹く

石橋叩いてわたる 
こわごわ渡るくらいなら最初から違うルートを考えたらいいのに
それにもし叩きすぎて ホントに割れちゃったりでもしたらどうするのかしら


二階から目薬ってホントに無理なのかしらね
100回に1回くらいは成功するような気がするんだけど
人ってすぐに 諦めるのはまだ早いとか
時には諦めも肝心だとか
一体どっちなのよって云いたくなることばかり云うわよね
何もしないうちから無理と決めつけてしまうのって
すごく勿体ないことだと そうは思わない?


棚からぼたもちが落ちてきたってあなたははしゃいでいるけれども
それ あなたのために取っておいたものじゃないのよ
あなたのその食い意地にはまったく呆れてものが云えないわ
お腹壊したって 誰も同情なんてしてくれないわよ


豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえなんて
そんな死に方があるならもっと早く教えてほしかったわ
だって何の痛みも苦しみもなく逝ってしまえるのよ
こんな素敵な死に方ったらないじゃないの


急がば回れっていうけど
遠回りしたがために事故に遭うことだってあるでしょうに
どっちを選んだって 死ぬときは死ぬんだし
普段しないことをすると かえっておかしなことになったりするものでしょ
いつもの道を いつものとおり いつものスピードで
それがなにより それがなによりなのです


犬も歩けば棒にあたる
人間歩けば自転車にぶつかる


寝耳に水かけられてびっくりしている場合じゃないわよ
その人は間違いなく あなたに相当な恨みをもっている人間です
次はどんな陰湿なことをしてくるかわかったものじゃありません
いつ何時なにが起きてもいいよう 十分警戒なさることをおすすめします


穴があったら入りたいほど 恥ずかしくて情けなくて仕方ないのに
この世界のどこにも 入れる穴などありませんでした
学校に行けば クラスメイトにうまくなじめない
会社に行けば 時間と納期に追い立てられ
泣き泣きキーボードを叩く毎日
ラッシュアワーのつり革に べったりとへばりついたため息と
中吊り広告の下世話なゴシップ記事
すれ違う人すれ違う人 寄ってたかってみんなして嘲笑い
暗がりの中でひざをかかえて 秒針の音にいちいちビクビク怯えて震えて
本来安全であるべき家でさえ うまく呼吸することもままなりません
どこに隠れても いじわるでやさしい人たちに見つかってしまうのです
いっそ消えてしまえたらと願ってしまうけれど
朝がくれば否応なく まだ呼吸していることを思い知らされるだけなのです
こんな世界じゃ もう到底生きていけそうもありません
どうかこのダメな私を 隠してしまってください
誰の視線も嘲笑も悪口も 何も届かないところへ連れて行ってください
もしも叶わないのなら せめて生きていく強さをください
立ち向かっていけるだけの勇気をください
死にたくなるくらいの大赤っ恥をさらしてもなお
笑ってしまえるだけの図太さをください
笑い飛ばして蹴散らして
くしゃくしゃに丸めて放り込める大きなゴミ箱を
どうかどうか 私にください




はきだめに鶴の 鶴のほうに生まれてきたかったと
いまさらながら思う 今日このごろです





テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

新釈ことわざ辞典 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |