縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ある生徒の日記

9月5日(金) 曇り
  今日学校へ来たら 上履きがなくなっていました
  スリッパを履いて教室へ行ったら
  誰かのクスクス笑う声が聞こえました

9月8日(月) 晴れ
  教科書がまっ黒に塗りつぶされ
  ところどころ破かれていました

9月9日(火) 曇り
  給食にえのぐをかけられました
  それを食べろと云われました
  食べなければ殴ると云われ
  仕方なく我慢して食べました
  トイレで吐きました

9月10日(水) 雨
  掃除の時間 箒の柄で思い切り叩かれました
  ふたりに背中から抑えつけられ
  お腹を何度も殴られました

9月15日(月) 晴れ
  裏庭に呼び出されました
  殴ったり蹴られたり 首を絞められたりしました
  うるさいくらいに蝉がジィジィと鳴いていました

9月16日(火) 晴れ
  今日は靴箱に あきらかに犬か猫のものと思われる
  排泄物が置かれていました
  机の中は誰かが食べ散らかしたであろうパン屑や牛乳パック
  ゴミがぎゅうぎゅうに押し詰められていました 
  「どうせお前はゴミ箱だろ?」
  と笑いながら 誰かが空き缶を背中に投げつけてきました

9月17日(水) 晴れ
  トイレに入っていたら いきなり
  水の入ったバケツが降ってきました
  そのあとホースで散々水を掛けられました
  ドアを開けようとしても
  つっかえ棒をしていて開けられません
  休み時間が終わるまで続きました
  びしょぬれで教室へ行ったら 先生に怒られました

  放課後 散々殴られ蹴られしながら
  「明日、1万持ってこい」と云われました
  無理だよと断っても 聞き入れてくれません
  お母さんが洗濯物を畳んでいる間に
  こっそり財布から抜き取りました
  それから毎日のようにお金を要求されるようになりました

10月1日(水) 曇り
  今日 コンビニでマガジンを盗んでこいと云われました
  おもちゃ屋でゲームソフトを盗んでこいとも云われました
  出来ないと云えばひどい暴力を振るわれるだけです
  僕はなるべく何も考えないようにして
  マガジンを ゲームソフトを盗みました
  僕は悪い子です

10月3日(金) 晴れ
  今日 給食の時間 僕の分だけ配膳されず
  代わりに新聞紙に敷かれた犬の糞が置かれていました
  それがお前の餌だと云い
  みんなが見ている前で 四つん這いになって食べろと命令されました
  彼らは一体 何がしたいというのでしょう
  僕を辱めることが そんなに面白いのでしょうか
  逃げだすことも出来ず 泣きながらそれを口にしました
  一口だけで無理でした 
  僕が躊躇していると ひとりが頭を強く押さえつけ
  顔を犬の糞まみれにされました
  あまりに悔しくて 悔しくて
  逃げるように学校を早退しました
 
10月8日(水) 雨
  3人に押さえつけられ 無理矢理服をはぎ取られました
  女子もいたのに 僕はすっぽんぽんにさせられてしまいました
  服は教室の窓から放り投げられました
  僕はすっぽんぽんのまま 服を取りにいかねばなりません
  体操着に着替えようにも ビリビリに破かれてしまっていました
  仕方なく 3階からすっぽんぽんのまま とぼとぼと外まで降りていきました
  いっそ消えてなくなってしまいたい気分でした

10月10日(金) 晴れ
  毎日 殴る蹴るの暴行を受けてます
  中学に入ってからずっとでした
  どうして僕なのか なぜ彼らに選ばれてしまったのか
  いくら考えても答えを導き出すことができません
  きっと彼らにとって もっとも標的に出来やすかった
  ただそれだけが理由なのだろうと思います
  自殺しろとまで云われたこともあります
  僕には存在価値すらないということなのでしょうか
  水曜日 すっぽんぽんのまま3階から外まで降りていったとき
  途中で担任とすれ違ったけど 何も云ってはくれなかった 
  僕は誰に相談することもできないまま
  ただただ 彼らの為すがままになっていなければならないのでしょうか

10月15日(水) 晴れ
  明日までに10万持ってこい、と云われました
  持ってこなかったら 屋上から突き落とすとまで云われました
  持っていかなかったら 彼らに殺されてしまう
  どうしよう どうすればいい
  お母さんの財布から盗むのはもう無理です
  おばあちゃんにもらっていたこともあったけど
  10万円なんて僕には到底用意できそうにありません
  死んでしまいたいとは常に思っていたけれど
  殺されたくなんかない 絶対に殺されるのなんてまっぴらだ
  考えろ 考えろ 考えろ

10月16日(木) 曇り
  今日は具合が悪いといって 学校を休ませてもらいました
  学校へ行かなかったら 10万持っていかなかったら殺される
  胃の辺りがキリキリと痛みました
  おかゆを作ってくれましたが 数口食べて戻してしまいました
  こめかみ辺りがずっとピクピク痙攣しています
  僕が死んだら きっとお母さんもおばあちゃんも悲しむでしょう
  それだけは避けなければなりません
  今まで沢山 迷惑ばかりかけてきてしまったから
  これ以上 悲しませたくはありません
  昼頃 意識もはっきりしないまま外に出ました
  気が付くと ホームセンターの刃物売り場の前に立っていました
  1本のナイフを手に取っていました 
  傾けると反射して とても綺麗でした
  僕はそれを おもむろに懐にしまい
  一目散に走り去りました
  店の人には気づかれていないようでした
 
  僕は明日 このナイフを学校へ持っていくつもりです
  お母さん こんな僕をどうか許してください
  おばあちゃん どうか長生きしてください
  いままでありがとうございました
 
  僕が明日どうなっても 変わらず
  あなたの家族でいさせてください 




続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

救われたくて、救えなくて | コメント:2 | トラックバック:0 |

ただ、そこにある奇跡

マンションの一室で 二人の幼児の遺体が見つかったと
夕方のニュースが流れ出した頃
あたしはスーパーのまずい弁当を箸でつっつきながら
今日ついたため息の数を いちいち数えてた


電車のつり革に揺られてため息
青い空がまぶしすぎて痛すぎてため息
背後から大声でしゃべってるおばちゃんの声にため息
笑っている人を見てため息
立ち止まっている人を見てため息
何もする気がしなくてため息
今日もダメだったと苦笑してため息
期待して裏切られて自嘲してため息
思い出さなくていいこと また思い出し
思考がぐるぐる止まらなくてため息
眠れなくてため息
悪夢にうなされてため息
電話すればいつもケンカになってしまってため息
誰ともうまく馴染めなくってため息
云いたいことをうまく言葉にできなくてため息
飲み込んで我慢して疲弊してため息
どうせ誰もわかってくれないと
勝手に決めつけて 勝手に心閉ざして
いい気になってため息



          幼い二人の姉弟をほったらかしにした母親は
          男をつくってそれっきり
          父親はひどい暴力男で 半年前に別れたばかりだという
          残された姉弟は この真冬の最中
          薄いTシャツ1枚きりで 
          食べるものも飲むものも尽きて
          泣いても叫んでも 誰も助けになんか来なく
          やがて力尽きて 泣き叫ぶこともできなくなって
          二人 小さな体を寄せ合うように抱き合うように
          ただただ お母さんが帰ってくるのを待ち続けながら
          死んでいったという



               辛いよぅって云いたかったよね
               苦しいよぅって云いたかったよね
               おなかすいたよぅって のどが渇いたよぅって
               寒くて手も足もかじかんでしまったよぅって
               ママはどこに行っちゃったの?
               どうして帰ってきてくれないの
               わたしがいい子じゃないからなの
               この前 弟をいじめて泣かしちゃったからなの
               しょうゆの瓶を落として割っちゃったからなの   
               黙っておかしを食べちゃったからなの
               帰ってきてよ お願いだから帰ってきて
               わたしいい子になるから
               もう弟をいじめたりなんかしないから
               盗み食いなんてこともしないから
               今朝 弟が動かなくなっちゃった
               何度呼びかけてもピクリともしなくなっちゃった
               このまま死んでしまうのかな
               ねえ 死んだらどこへ行くの
               あの青いおそらに行けるっていうのは本当かな
               そこには何があるのかな
               そこに行ったら もう誰にも怒られたりしなくてすむのかな
               なんだかわたしも眠くなってきちゃったよ
 


          どんなふうに成長していっただろう
          初めて笑ったのはいつだったろう
          初めて覚えた言葉はなんだったろう
          初めてハイハイした日は?
          初めてつかまり立ちができた日は
          ひとつ またひとつといろんなこと覚えていって
          できるようになって
          そうやって少しずつ少しずつ 大きくなっていく
          友達たくさんできたかな
          元気でたくましい子に育ったかな
          どんなことが好きで
          どんなことが苦手だったろう
          頭のいい子になったかな
          スポーツ万能な子になったかも
          やさしい子になったかな
          強い子になったかな
          繊細な子供に育ったかも
          どんな人を好きになったのかな
          苦労を味わってもらいたくはないけど
          他人の痛みのわかる子になってくれたなら
          あの子たちは果たして
          どんなふうに成長していっただろうか



あの子たちが生きるはずだった未来
根こそぎ奪っていった誰かがいる
それは 年中女に暴力を振るっていた父親であり
男をつくって逃げてしまった母親であり
そして 泣き叫ぶ声を何度も何度も聞いていながら
誰も助けようとしなかった
無関心なすべての大人たち
つまりは私で つまりは貴方がただ



毎日のように殺人事件が起こるこの国で
日常的に虐待に晒されている子供たちがいるこの国で
愛とかいうものの裏で ひどい目に合っている女たちがいるこの国で
見たくないものには目を背け 聞きたくないことには耳をふさいで
知らぬ存ぜぬを平気で通せるこの国で
年間3万人もの人たちが はからずも自殺してしまうこの国で
私がひとつため息をつく間にも
つまんねえやと嘆いてるその間にも
声を殺して泣くことさえやめてしまった人たちがいる
諦めてしまった人たちがいる



私は何をすればいいのだろう
何を思えばいいのだろう
自己満足したいだけなら 他でやってくれよ
どうせお前は今日もまた
毎日がつまらない 生きてるのがつまらないと嘆いては
何もしないでため息ばかりつくんだろう
一体 何を語ればいい





身震いするような瞬間をこの手に
ガヤガヤうるさい人ごみの中
耳をすませば聞こえてくる
鳴りやむことのないこの胸の鼓動が
小さくてか細い叫び声が




ただまっすぐ 鼓膜に集中して





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

救われたくて、救えなくて | コメント:0 |

救われない命とその後遺症について

ごはん食べるのがちょっと遅かっただけで
服を着替えるのにちょっと手間取っただけで
殴られて蹴られて
挙句の果てに殺されてしまったその子の名前を
誰が呼んでくれるというのだろう


助けてって声もあげられなかった
その子の声を
一体誰が聞いてくれるというのだろう



          おかあさんおかあさんおとうさんおとうさん
          ぼくをうみたくなかったの
          ぼくはうまれてきちゃいけなかったの
          どうしてそんなかなしいかおするの
          ぼくがいけないのぼくがわるかったの
          ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
          めいわくかけないようにするから
          ちゃんとひとりでできるようになるから
          おねがいだからそんなめでにらまないで
          おねがいだからそれいじょうぶたないで
          おかあさんそんなこわいかおしないで
          おとうさんしょうゆのびんをなげつけないで
          ぼくをきらわないでぼくをすきになって
          いいこにするから いいこになるから
          ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
          うまれてごめんなさい
          めいわくかけてごめんなさい
          どうかこれいじょう ぼくをなぐりつけないで


          誰だって最初から子供を死なせるために産むわけじゃない
          憎むために子供を育てるわけでもない
          一体なにがいけなかったんだろう
          一体どこで狂ってしまったのだろう
          ねえ教えてよ
          一体どうやって愛してやればいいのですか
          愛し方なんて知らない 愛され方なんてわからない
          私だって俺だってこうやって育てられてきたんだ
          これは暴力じゃない
          暴力なんかじゃない
          躾だ躾のためなんだ
          間違ってない間違ってない
          間違ってるわけない絶対にない絶対に



救われない命は繰り返す
救われない命は繰り返す


誰がその子の声を聞いてくれるというのだろうか
私はその子の声を聞き逃さないといえるのだろうか


自分の悲しみでいっぱいいっぱいで
他人のことにまで関りたくはないと
両耳をふさいで知らん振りばかり


見えない聞こえない感じない
何も届かない何も響かない
自分の安全が第一で
自分の幸福が第一で


私だって同じ思いをしていたのに
助けてって声もあげられなかった
誰も助けてくれなかった
諦めるしか 我慢するしか
生きる術がなかった


ニュースを聞くたび いつも思ってた
みんな聞こえてたんじゃないか
みんな知ってたんじゃないか
だけどなにもしなかったじゃないか
なにもしてくれなかったじゃないか
あのとき なにか行動を起こしてくれていたら
こんな悲しい結果にならなかったんじゃないのか
いつも何かあってからじゃなきゃ
誰も彼も私もあんたも
何もしない何も考えない


だけど だからこそどうしても
書かずにいられなかったんだ


ふみつけられた者の行き場のない怒りを
笑顔に裏打ちされた涙のあとさきを
繰り返される悲しい過ちを
助けてって声もあげられずに死んでいった小さな命を
過去や未来や今を
自分の弱さずるさ卑怯さすべてひっくるめて
見えるものからもう目をそらさないように
聞こえる声に もう耳をふさがないように
忘れないように
忘れないように



ちゃんと
ちゃんと







テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

救われたくて、救えなくて | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。