縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

生き方試験

*******************

私は 言葉に飢えている

*******************

期待は失望を連れてくる 希望は絶望を孕んでいる

*******************

右のものを左にしたって 
縦のものを横にしたって 
上手く行かない時は上手く行かない 
そういうふうに出来てるんだ

*******************

他人を愛するにはまず自分からなんて 
愛されたこともないのに愛し方なんて解るわけないじゃない

*******************

辛いのは 悲しいのはあんただけじゃないなんて言われて 
それでどう納得すればいいっていうんだ

*******************

竹を割ったような性格というが 
人間を真っ二つにすら割ることなんて出来ないのに 
その根拠はどこから来るのだろうか

*******************

辛いと思えるうちはまだマシなのよ 
なんとかしたいという気持ちがあるから

*******************

いつか終わる 
そのいつかが例えば明日だと云われたら 
もっと切実な今日を送れるだろうか

*******************

誰かが死んでもいいよって云ってくれたら 
ボクは死ぬことができるだろうか

*******************

もどかしいという言葉の意味をしみじみ噛みしめる夜

*******************

怖い怖い 人間がなにより怖い

*******************

雨音に耳を傾けて 
嗚呼なんていい気持ちだろう 
このまま弱り切ったこの心を叩きのめしてはくれないか

*******************

すべてを諦めたと云いながら 
未練たらしくいつまでも 
生きることをやめられないでいるのです

*******************

眠れない夜 
誰かの声が聴きたくて 
ダイヤルをプッシュする117

*******************

幸福なんて 
喩えばマッチ売りの少女が視た幻影のようなものなのよ 
手を伸ばした途端に跡形もなく消えてしまう 
あとに残るは無残な燃えカスと凍え切った躰
誰に知られることもなく 雪が静かに降り積もる

*******************

あなたにとっての本当と 
私にとっての本当は違うんだと 
今更ながら知った夜

*******************

気にしてないってフリするのも キツイもんなんだぜ

*******************

あの時貴方に いつまでも同じ場所で立ち止まらないでって云ったけど 
いつまでも立ち止まったままなのは私の方でした

*******************

変われないんじゃなくて 
変わろうとしないから 
いつまで経っても同じ処から動けないんだ

*******************

お酒に酔って 前後不覚になって あなたにキスしたい

*******************

サヨナラよりも酷い言葉だった 
終わりはいつも決まって
こんな味気ない忌々しい気持ちにさせられる

*******************

私には帰るべき故郷がない 
私が帰れる場所は自分自身の中だけなのだ

*******************

悲しみってやつはどうしてこんなにも 
塩っ辛い味がするのだろう

*******************

あたしは孤独と生きていく 
淋しさなんて遠に忘れてしまったわ

*******************

選ぶという選択 
しかし選ばないということもまた 
ひとつの選択に他ならない

*******************

何をしてもわざとらしく見える人というものはいるものね

*******************

新しい服と靴を買った まだ当分は生きそうだ

*******************

優しさが余計すぎる人がいる 
彼らは一様にあなたのためだなんていうけれど 
こちらから云わせてもらえば 
そうしている自分に酔ってるだけだろって

*******************

遠くへ行きたいってずっと思ってた 
どこへ?って聞かれた 
答えられなかった 
ただここじゃないどこかへ行きたいと 
生きたいと思っていた

*******************

この世界が終わりを迎えても 
そこからまた花は芽を出すだろう 
何もない荒野の果てでただ一輪 
凛として風に揺れながら

*******************

生きることにもし試験があるとすれば
きっと僕は落第するに違いない

*******************




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

連詩 | コメント:0 |

ひとりぼっちの幸福くん

*********************

雨が降ると哀しくなる奴と
雪が降ると元気になる奴って
どっか 共通点ありそうな気がする

********************

『春・夏・秋・冬
どの季節が一番好き?』と彼女
『哀しい思い出を連れてこない風がふく季節』
とボク

*********************

みんな去ってしまった
みんな去ってしまった
どっちが先にキライになったとか
どっちが先に見切りをつけたとか
そんなのもう どうだっていい
だってもう ボクのそばには
誰ひとり いやしないんだから
それがすべての答えなんだから

*********************

ウソがホントで ホントがウソで
あるときはホントで あるときはウソになる
言葉の持つ顔は 計り知れない

*********************

本当は知っているくせに
とっさに知らないふりをしてしまいました
なんだか そうしたほうがいいような気がして
それってやっぱり小ズルいですか

*********************

幸福か不幸かなんて
そんな個人的なこと
他人からごちゃごちゃ云われたくない

*********************

いつか 幸福という日が
ボクの心に訪ねてきたそのときは
部屋じゅうに花を飾って
一緒にローズヒップティを飲もう
お互いの孤独だった途の話でもしよう
ボクは幸福が何色をしているのかを
その日の日記にそっと記しておくとしよう
幸福さん 幸福さん すぐに帰ったりしないでね
なるべくゆっくりしてってね
いつ来てもくつろげるように
部屋は綺麗にしておくからさ

*********************

笑うことは 難しいことだと思っていました
作り笑いはただ 顔に皺を作っているだけで
顔の筋肉も精神も どっちも疲れてしまうばかり
笑うことは 難しいことだと思っていました
だけど どうしてでしょうか
貴方といると いつも笑っている自分に気が付くのです
ウソの笑いじゃなく 心から笑っている自分に気づくのです
どうしてこんなにも笑っていられるのでしょう
どうしてこんなに心地よいと感じられるのでしょう
貴方は 私を笑わせる天才なのかもしれません

笑うことは 難しいことだと思っていました
難しいことだと 思っていました

*********************





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

連詩 | コメント:3 |

音符の壊れたメロディ

*********************

ねえ、知ってた?
人間もひとつの星なんだよ
地球の表面を動き回る星なんだよ
だけどね その星の光はとっても小さくてとっても弱いから
宇宙からはその存在すら見えないの

*********************

泣きたいときもあるさ
強く生きたいと願えば願うほど
自分の弱さを これでもかというほど思い知らされる
ひとりでこっそり泣くのが ボクのクセ

*********************

たったひとこと 口がすべっただけで
君の心はもう 空より遠い

*********************

最初から筋書がわかってしまうような
そんなミステリーを読むことほど
退屈なことはないじゃないか

*********************

見つかるものより
見つけられない何かを
必死に追い続けていたよ

*********************

本当に必要でないものは
他の何者でもなく
このボクなのかもしれない

*********************

偽りをごまかそうとして
とっさに笑ってしまいました

*********************

いつか このボクにも
楽しくてしょーがないという日が
やってくるのだろうか

*********************

傷つくことは誰にだって出来る
けど 傷を癒すのは誰だってむずかしい

*********************

君が好きだった曲
君が好きだった映画
君が好きだった黒のタートルネック
君が好きだったベッドの隙間
君が好きだったすべてを残して
ボクの前から姿を消した君

*********************

君がこの街出ていったとき ボクは
ビルの向こうに静かに落ちてゆくオレンジ色の夕陽を
いつまでも いつまでも見つめていたんだ

*********************

元気ですか
枯れ葉がにじむ夕暮れ時
乾いた風が通り過ぎている

元気ですか
街のけむりにまかれて
シュンとした気分

借りてた古いレコード
いまはどこにあるのか分からない

あの頃のメロディーはもう
擦り切れたポケットの中

元気ですか
こんなような日々

*********************



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

連詩 | コメント:2 |

縫いとじられない赤い糸

********************

心なんか壊れちゃえばいいのよ
中途半端に正常なもんだから 
痛みなんか感じてしまうのだもの 
ならばいっそもう修復不可能なくらい 
粉々になってしまえばいいんだわ
 

********************

期待なんてするから傷つくんでしょ 
最初からなにも期待しなければ 
何も起こらない 何も傷つかない 
それが物の道理ってもんなのよ 
よく覚えておくといいわ


********************

どこにいるの 
あたしは一体どこにいるの 
ここにいるじゃない 
あなたはいう 
あたしはいう 
どこに ここに 
ここってどこ 
あなたの中にあたしはいない 
どこを探しても どこにもいない


********************

埋まらない淋しさを紛らすために 
手帳はいつも予定でいっぱいにしてるの 
そうでなきゃあたしきっと 
どうにかなってしまいそうだから


********************

そうね退屈だったから 
時間潰しにはちょうどよかったわ 
あんたは人の時間なんてお構いなしに
深夜でも平気で電話してきたけど 
それに文句も云わないあたしも どうかしてたんだわ


********************

皮肉なものよね 
やさしくなりたいと 
そうつぶやいたときから 
あたしとっても イジワルになってきたわ


********************

生ぬるいことなんか大ッ嫌いよ 
打ちのめすならどん底まで打ちのめしてよ 
それができないのなら 
あたしになんかにかまわず 
さっさとどこか遠くへ消えてしまえ


********************

できることなら私のこの全身を流れる血液を 
まるごと全部とりだして 
洗濯機でじゃぶじゃぶ洗ってしまえたらいいのに 
真っ黒に汚れたこの血も
漂白してしまえたら
きっともっとずっと 楽に生きていけるのに


********************

笑ったってひとり
泣いたってひとり 
ため息ついたってひとりっきり


********************

僕が死んだとき 
君がそっと思い出してくれるなら 
僕はもうそれだけで 
それだけで十分です 
どうか僕を 君の思い出にしてはくださいませんか 
君の心の端っこに 僕を置いてはくださいませんか


********************

明日死ぬって云われても後悔しない生き方をしなさいって 
云ったのは確かニーチェだったかしら 
何だったら今すぐその包丁で 
私を刺してくれてもかまわないのよ


********************

あしたがどっちなんて 
あたしにはもうカンケイないの 
どうせ行き着く先は決まってるんだし 
だったら どこをどう歩いたって
同じことじゃないの


********************

サイズの合わない靴を 
どんなに靴擦れしても 
まめが潰れて痛くて仕方なくても 
ずっと我慢して履き続けてる  
たぶんそれがきっと あたしなんだと思うわ


********************

最初からなにもかもちがっていたの 
あなたにはちゃんと帰る場所があった 
ちゃんと愛してくれる人がいるじゃないの 
解ってもらえないなんて 
簡単に云うものじゃないわ


********************

出逢わなければ 別れることも悲しむことも知らずにすむのにね 
傷つくことも泣くことも覚えずにすむのにさ


********************

あの人は私をすべて覗き込む 
あの人といると私は何も云えなくなってしまう 
あの人はすべてを知っている 
私の弱さもずるさも汚らしさも


********************

プライドを捨てられないから 
いつまでたってもひとりぼっちなのねと 
あなたの最後の言葉が いまも耳から離れない


********************
 
振り払うものなんてなにもありゃしないのよ 
あたしにあるのはただ このちゃちな自己愛だけ


********************

みんな自分が大好きなくせに 
器用に自分を演じてるくせに 
どうしてそんなに 辛そうな顔してみせるのかしら
 

********************

信じたり疑ったり嘆いたり悲しんだり恨んだり憎んだり 
お忙しいことだわね まったく人間様とやらは


********************

淋しいの虚しいの人恋しいの泣きたいの叫びたいの 
私ホントに生きてる?


********************

わたくしのこの悲観測定値は 
今夜も規定値を大幅に超えてしまいました


********************

生まれた日に云うことでもないけど 
私は今日も死ぬことばかり考えていました 
あいすいません


********************

自嘲する価値もないわ 所詮私の人生なんて

********************

勝ってうれしいはないちもんめ 
あのコはいらない 
あのコじゃわからん 
いらないコは私です


********************

あの服がほしい 
あの靴がほしい 
あのバッグほしい 
あのペンダントほしい 
だけど一番ほしいものは 
いつだって手に入らない 
いつだって


********************

感情にもそれぞれ色があるのだとしたら 
私のこの行き処のない思いは一体 
何色をしているというのでしょう


********************

しんどいよってただひと言つぶやいただけで
誰もいなくなってしまったわ
何でも云っていいからねって
そんな言葉は一番信用してはいけない言葉だった
悪いのは多分あたしの方ね
そんなことさえわからなかったあたしが
きっと一番悪いのよ


********************

小さなことをおろそかにしてはいけません 
些細なことがつもりつもって
やがてとても大きな 大きな過ちを犯してしまわないように


********************

どんな言葉だって人は傷つくものよ 
たとえば「愛してる」という その言葉でさえも


********************

傷ついた人はね 
自分が傷ついた以上に 
他人を傷つけたがっているものなのよ 
覚えておきなさい


********************

他人の悲しみで涙を流すお前は 
どんな偽善者よりも性質が悪い


********************

私という人間は ただ35.5℃の体温と 
どこかで拾ってきたような言葉を放熱しているだけの
しがない生命体でしかないのです


********************

今日もボクはこうして 
何もしない、ということを 
起きて寝るまで 律儀に行ってみるのでした


********************

テーマ: - ジャンル:小説・文学

連詩 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |