FC2ブログ

縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

あの頃少年は、行こうと思えばどこへだって行けるって頑なに信じてたっけ

ある日少年が目覚めてみると 
背中に翼が生えていました


とても大きくて重そうな翼です


少年は空を自由に飛びまわることが夢でした
なので嬉しくてうれしくて
早速その翼を羽ばたかせようとしました
しかし どうやって動かせばいいのか
少年はその方法を知りません


少年はどうにかしてこの翼を動かしたいと思いました
まず 背中にぐっと力を込めてみました
動きません
両手をばたつかせたらいけるんじゃないか
いける訳もありません
目を瞑り 鳥になったつもりになってみれば
少し高いところから飛んでみたらどうか
思いつくかぎりのことを少年は何度も
あきらめずに試し挑んでみました


しかし翼はうんともすんともピクリとも動かず
ただ両の羽どうしが 微かに擦りあう音だけが
空しく耳に残るのみでした


少年はだんだんイラつきはじめてきました
これだけのことをしてもなんともならないのはどういう訳か
やり方がまずいのか 要領が悪いのか
取扱説明書みたいなものはどこかに落ちてないかな
翼の広げ方なんてネット検索したってヒットするわけもないし
いきなり翼だけ生えてきたって どうすることもできないよ
こんな使えないもの 一体何のために生えてきたんだ
これじゃあただ重たい荷物を無理矢理背負い込まされただけじゃないか
こんな背中に翼生やして 外も歩けやしないよ


少年は 柄にもなくさっきまで浮かれていた自分を呪いました


そうしてあるひとつの考えに思い至ったのです
空を飛べたからってなんだっていうんんだ
きっとそんなにいいものでもないさ
自由に見えるのは ボクが飛べないからで
飛んだら飛んだで ボクには想像できない大変なことが
沢山たくさんあるに違いない


だって現に 飛び方も知らないボクは
こんなにも汗みどろになって
なんとか飛んでやろうと目の色変えて
血相変えて ああでもないこうでもないと
散々やり尽くしたあげく
こんなにもへとへとにくたくたになって
だからといってまったくもって楽しくもなんともなく
ただただ必死
息も絶え絶え


ボクが夢みてたのは こんな世界じゃなかった
どこからか吹いてくる風を感じ 風に乗り
誰にも何も邪魔されることなく
気の向くままどこへでも行ける
なんにでもなれる世界


そんな世界 あるはずないだろ


少年は背中から突き出した大きな翼を
洗面台の鏡に映しながら 自嘲気味に微笑んで
誰かに問いかけでもするみたいに
ひと言 こうつぶやきました



     コノ ヤッカイ デ ジャマッケ ナ
     オモタイ ツバサ ヲ 
     ダレ カ ヒッコヌイテ ハ 
     ク レ マ セ ン カ







テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |

友達


昔の数少ない友達も 今年で40になる
みんないい歳である
仕事でもそれなりの地位を築いているに違いない
結婚はしているだろうか
多分していることだろう
子供はできただろうか
多分できたことだろう
結婚や出産が一概に幸せかと云われたら
それは違うのかもしれないが
私の頭の中では 彼らはとても幸福そうだ


昔はいろんなことを話し合ったりもした
今では連絡先さえも知らない
向こうの住んでいる市町村が合併して
名称が変わってしまってから
てんでわからなくなってしまった
でも私は それでいいと思っている
別に今さら知ったところで何を話すわけでもない
普通に仕事して結婚して幸せな家庭を築いてる
私の方ははもう半分以上壊れかけているというのに
かつての友達にそんな姿を見られるのも見せられるのも
自分が惨めになるだけだ
いっそ 友達も不幸であってくれたらいいのにと
心のどこかで思ってしまう自分がいるから
さらに始末に悪い


昔の友達は 昔の思い出の中でだけ
友達であれば それでいい





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |

もう笑うしかない

満員電車でおもいっきり足踏まれて
紫色した髪の毛のおばちゃんに凄い形相でにらまれて
駅に降りたら財布ごとすられてて
警察駈込んだら おまわり冷たい態度
ぐったりこんで家にたどり着けば 鍵が見つからない
バッグひっくり返し 隣人からは怪しい人扱い
やっとのこと辿り着いたベッド
こんな日はもう 笑うしかない
笑うしかない
誰のせいにしても始まらない
明日はきっと いいことある
いいことある


近所の飲み屋から聞こえるヘタクソなカラオケの音
上階から聞こえるドスンドスンという物音
深夜1時過ぎ 突然鳴りだす知らない番号からの着信音に
目が覚めたら眠れない
こんな日はもう 笑うしかない
笑うしかない
鏡の中のあたしの顔は ややひきつっているけど
明日にはきっと いいことある
いいことある




テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |

たゆたう

波に揺られて 行けるとこまで行こう
水平線に広がるオレンジ色の光が
未来の秘密を打ち明けてくれそうだったから


昨日は最低だった
鳴り続ける電話のベルに気が狂いそうになって
狭い部屋の隅 ひとり震えてた
友達についたウソがばれて
もう 口もきいてくれない


だから
このまま波に揺られて 行けるとこまで行こう
なにもかもはじめから なかったことにして
あのオレンジ色の光まで




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |

こんがらがった世界

変に心が冷めてしまうと 何もかもどうでもいいと思ってしまう
自分て奴を思いあまったばっかりに
みっともない醜態をさらすはめになってしまった
あの人のあんな無慈悲な冷たい言葉や態度
見知らぬ人からの視線の嘲笑
あたしみたいな人間が幸福になりたいだなんて
許されるはずないのは はじめから解ってた 解ってたはずだった
ただちょっと 夢を見てしまったんだ
ほんの少し 甘い夢を見てしまっていたんだ
愛されたいなんて 変な期待をしてしまったんだ
生きるとは 常に孤独でなければならないのに
孤独でいなければならないのに
あたしとしたことが
あたしとしたことが


そういえば よく云うだろう
生きてれば そのうち何か見つかるだろうって
そのうちって一体いつだ
あたしには何も見えやしない
生きる分だけ何かを学んでいくというけれど
生きる分だけ こんがらがるばかりなんだ
このこんがらがった糸を
どこからほどけばいいのか
それとも ばっさり切ってしまえばいいのか
どうすればいいのか さっぱりなんだ
まったく 生きるとはなんなんだ
生きるとは




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:2 |
| ホーム |次のページ>>