縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

つじつま合わせでもかまわないから

求めない 求めない 求めない
気にしない きにしない
しない しない しない
言い聞かせる 頭に 心に
解ってる 解ってる 解ってるんだってだから
思えば思うほど 求めてる自分がここにいる
期待している自分を
これでもかというほどに 思い知らされる


世界中で自分ほど憐れな人間はいないとばかりに
いちいち大げさにため息なんかついたりして
誰かが立ち止まってくれるのを
声をかけてくれるのを期待して 待ちわびて
足早に通り過ぎていく後ろ姿ばかり見送っては傷ついて
やっぱりあたしにはひとりが似合いよなんてうそぶいては
心の中では全員不幸になればいいって悪態ばかり
いつまで経っても大人になれない


騙すより騙される方がマシだと 誰かが云った
自分ほど馬鹿正直な人間もいないと また違う誰かが云った
馬鹿正直な人間が 馬鹿正直に人を騙し
騙していることにすら気がつかずに
平然とした顔をして こんにちはなんて挨拶を交し合ってる
とんだ馬鹿正直もあるものだと 困惑していると
それがこの世の倣いだと したり顔してまた違う誰かが嘲笑う


          混雑する電車の中 泣き叫ぶ赤ん坊とその母親に
          聞こえるようにあからさま 舌打ちしたことはないか
          買い物をするとき 無意識に店員の態度をチェックしていたりしないか
          所かまわずきゃあきゃあ騒ぎまくる女子高生のその口を
          二度と騒げないように縫い閉じてしまいたいと思ったことはないか
          人の眼を気にするあまりに 鏡やショーウィンドーに映る自分の姿を
          何度も何度も確認せずにはいられなくなったことはないか
          親切の押し売りをしたことはないか
          親切の見返りを求めたことはないか
          浮足立ってる人間を 心の底から軽蔑したことはないか
          人は外見じゃないなんて 嘘つけよって思わないか
          全員死ねばいいのにと 一度でも思ってみたことはないか
          自分よりかわいそうな人を探してはいないか
          自分より劣ってそうな人を見て安心したことはないか  
          行こうと思えばどこへだって行けたはずなのに
          行けども行けども行き止まりの袋小路だったことはないか
          ふいに自分がいま何をしているのか 何故ここにいるのかわからなくなって
          呆然と立ち尽くしてしまったことはないか
          眠れなくて夜 ひとりで声を放って泣いたことはないか
          誰に届くことのないその声が これでもかというくらいに
          自分の耳にこびりついて離れなくて
          どうにもやり過ごせない夜を明かしたことはないか


消えたい
消してしまいたい
こんなあたし
くだらない くだらない
キライになる価値すらない


いつだって誰かと自分を比べてる
天秤はいつだって 左右どちらかが少しだけ重い



求めない 求めない 求めたい
やさしくなりたい やさしくされたい
理由がほしい
こんなどうしようもない人生につじつまを合わせたいための理由が


生きていてもいいですかって
生きていてもいいですよって云われたいから


貴方は少しうんざりしながらも
きっとダメだよとは云わないでしょう


貴方にそう云ってほしいから
貴方だけには否定されたくないから
あたしは今日もつぶやいてしまう



生きていてもいいですか、と





スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:1 | トラックバック:0 |

不透明な無色

フワッと浮いて 空を遊び

パチンと弾けてそれっきり

後にはなにも残らない



僕が抱えている不安など

たぶん 

そんなものなのかもしれない




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

リサイクルできますか、このどうしようもない感情を

アナログテレビがもうすぐ見れなくなるってのに
私ときたら 三十余年も使い続けてきたこの感情とやらを
いまだ上手く操作することが出来ずにいます


幼いころから どこか違っているような子供でした
人とうまく馴染むことができないのです
私は人の眼の中に いつもその人の本性を探してしまうのです
どんなにやさしい言葉をかけられても
どんなに笑顔を見せられても
ふと見せる 鋭く尖った矢のような視線の中に
恐ろしい正体を視てしまうのです
嫌悪とも憤怒とも違う
激しい憎悪と拒絶の感情を読み取ってしまうのです
だからいつも みんなが楽しそうに遊んでいるのを
遠巻きに眺めてばかりいました
その中に入りたいとも思いませんでした
見えないバリアのようなものが
私には 私だけにはいつも見えてしまっていたからです


ひとりでいることは それほど苦痛なことではありませんでした
薄暗い岸辺にたたずんで 遠くの町並みを眺めるのが好きでした
工場から立ち昇る煙が空にたどり着くまでに
このどうしようもない思いも消えてなくなってしまえばいいのになんて
そんなことを考えながら


消えてなくなりたい という願望が強かったように思います
自殺したいというよりはむしろ あとかたもなく消滅してしまいたかった 



生まれてすみませんと太宰さん
同じセリフを私もつぶやいていいですか




もう二度と思い出したくなんてない過去を
どうしてまた蒸し返そうとするのですか
どうして忘れさせてはくれないのですか
生まれたことが罪ならば
生きてくことが罰なのですか
私があなたを嫌いなのではなくて
あなたが私を憎んでいるのでしょう
私の中にあの男の影がちらついて見えるから
たまらなく憎くて仕方がないのでしょう
だから いつまでも忘れさせてくれないのですよね
笑うことも 心を病んでしまうことさえ
許してはくれないのですよね


「勝手についてきたくせに」とか
「いやなら親父のところへ行けばいいのに」
かさぶたが乾いてくるたびに
そう云って無理矢理ひっぺがえすものだから
傷口がどんどん深くなって 化膿していって
治りが悪くなる一方ですよ



憎い男の子供
憎いばあさんの血を受け継いだ子供


そんなに憎いんだったら
いっそのこと殺してくれたらよかったのに


どうして私はここに存在しているのですか



もう ほとほと疲れきってしまいました
考えても考えても
答えの出ない問題を解いているようで
頭ん中がぐちゃぐちゃです
このまま何もかもを終わりにしてしまいたいけど
それもままなりません


泣いてみようとも思いましたが
疲弊した感情はもう
一滴の涙も 流れてはこないのです
ただ 虚しさだけが
この小さな胸をいっぱいにするばかりなのです


しあわせになりたい
しあわせがほしい
しあわせをつかみたい


願いは至って単純なのに
複雑にこんがらがった思いは
もうどうすることもできません


変わった子だと云われ続けてきました
かわいげのない子だと
思いやりのかけらもない子だと
将来 なにされるか解ったものじゃないとも
まだ小学校にも上がらない前から
ずっと云われ続けてきました


多分きっと それは間違ってはいないのでしょう


私ときたら アナログテレビがもうすぐ見られなくなるってのに
三十余年間使い続けてきたこの感情とやらを
いまだにうまく操作できずにいるのですから



ひどい目に遭わせてしまう前に
私から消えます
あなたの前から
もっと早く そうしていればよかったのに
気づくのが遅すぎました


あなたはあなたで しあわせになってください
私もひとりで どうにかやっていくつもりです



見知らぬ土地の 見知らぬ街で
風がどちらからともなく
吹いては去り 去ってはまた吹いていきます




ハロー,グッバイ



こんにちは さようなら私





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |

あなたに訪れる不幸の量と

私に訪れる不幸の量は

当たり前だけどやっぱり違うはずなのに


感じる傷の深さだって

きっと違うはずなのに

どうして言葉にすると同じになってしまうのだろう



「ただ 生き苦しい」




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

ただ、そこにある奇跡

マンションの一室で 二人の幼児の遺体が見つかったと
夕方のニュースが流れ出した頃
あたしはスーパーのまずい弁当を箸でつっつきながら
今日ついたため息の数を いちいち数えてた


電車のつり革に揺られてため息
青い空がまぶしすぎて痛すぎてため息
背後から大声でしゃべってるおばちゃんの声にため息
笑っている人を見てため息
立ち止まっている人を見てため息
何もする気がしなくてため息
今日もダメだったと苦笑してため息
期待して裏切られて自嘲してため息
思い出さなくていいこと また思い出し
思考がぐるぐる止まらなくてため息
眠れなくてため息
悪夢にうなされてため息
電話すればいつもケンカになってしまってため息
誰ともうまく馴染めなくってため息
云いたいことをうまく言葉にできなくてため息
飲み込んで我慢して疲弊してため息
どうせ誰もわかってくれないと
勝手に決めつけて 勝手に心閉ざして
いい気になってため息



          幼い二人の姉弟をほったらかしにした母親は
          男をつくってそれっきり
          父親はひどい暴力男で 半年前に別れたばかりだという
          残された姉弟は この真冬の最中
          薄いTシャツ1枚きりで 
          食べるものも飲むものも尽きて
          泣いても叫んでも 誰も助けになんか来なく
          やがて力尽きて 泣き叫ぶこともできなくなって
          二人 小さな体を寄せ合うように抱き合うように
          ただただ お母さんが帰ってくるのを待ち続けながら
          死んでいったという



               辛いよぅって云いたかったよね
               苦しいよぅって云いたかったよね
               おなかすいたよぅって のどが渇いたよぅって
               寒くて手も足もかじかんでしまったよぅって
               ママはどこに行っちゃったの?
               どうして帰ってきてくれないの
               わたしがいい子じゃないからなの
               この前 弟をいじめて泣かしちゃったからなの
               しょうゆの瓶を落として割っちゃったからなの   
               黙っておかしを食べちゃったからなの
               帰ってきてよ お願いだから帰ってきて
               わたしいい子になるから
               もう弟をいじめたりなんかしないから
               盗み食いなんてこともしないから
               今朝 弟が動かなくなっちゃった
               何度呼びかけてもピクリともしなくなっちゃった
               このまま死んでしまうのかな
               ねえ 死んだらどこへ行くの
               あの青いおそらに行けるっていうのは本当かな
               そこには何があるのかな
               そこに行ったら もう誰にも怒られたりしなくてすむのかな
               なんだかわたしも眠くなってきちゃったよ
 


          どんなふうに成長していっただろう
          初めて笑ったのはいつだったろう
          初めて覚えた言葉はなんだったろう
          初めてハイハイした日は?
          初めてつかまり立ちができた日は
          ひとつ またひとつといろんなこと覚えていって
          できるようになって
          そうやって少しずつ少しずつ 大きくなっていく
          友達たくさんできたかな
          元気でたくましい子に育ったかな
          どんなことが好きで
          どんなことが苦手だったろう
          頭のいい子になったかな
          スポーツ万能な子になったかも
          やさしい子になったかな
          強い子になったかな
          繊細な子供に育ったかも
          どんな人を好きになったのかな
          苦労を味わってもらいたくはないけど
          他人の痛みのわかる子になってくれたなら
          あの子たちは果たして
          どんなふうに成長していっただろうか



あの子たちが生きるはずだった未来
根こそぎ奪っていった誰かがいる
それは 年中女に暴力を振るっていた父親であり
男をつくって逃げてしまった母親であり
そして 泣き叫ぶ声を何度も何度も聞いていながら
誰も助けようとしなかった
無関心なすべての大人たち
つまりは私で つまりは貴方がただ



毎日のように殺人事件が起こるこの国で
日常的に虐待に晒されている子供たちがいるこの国で
愛とかいうものの裏で ひどい目に合っている女たちがいるこの国で
見たくないものには目を背け 聞きたくないことには耳をふさいで
知らぬ存ぜぬを平気で通せるこの国で
年間3万人もの人たちが はからずも自殺してしまうこの国で
私がひとつため息をつく間にも
つまんねえやと嘆いてるその間にも
声を殺して泣くことさえやめてしまった人たちがいる
諦めてしまった人たちがいる



私は何をすればいいのだろう
何を思えばいいのだろう
自己満足したいだけなら 他でやってくれよ
どうせお前は今日もまた
毎日がつまらない 生きてるのがつまらないと嘆いては
何もしないでため息ばかりつくんだろう
一体 何を語ればいい





身震いするような瞬間をこの手に
ガヤガヤうるさい人ごみの中
耳をすませば聞こえてくる
鳴りやむことのないこの胸の鼓動が
小さくてか細い叫び声が




ただまっすぐ 鼓膜に集中して





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

救われたくて、救えなくて | コメント:0 |

ツギハギだらけの心縫うように


かわいげのない子供でした
大人のずるさを知ったのが3つの頃で
愛想笑いを覚えたのが5つの頃でした


かわいげのない子供でした
こっちへ行けば ばあさんにそっくりだと拒絶され
あっちへ行けば あの女にそっくりだとぶん殴られ
この世に味方なんかひとりもいないことを悟ったのも
ちょうど5つの頃でした


大人の顔色ばかり伺うようになって
自分のホントの気持ちがよくわからなくなったのが6つの頃で
下ばかり向くようになったのが8つの頃でした


ぐっすり眠れたためしなんて一度もないし
いつも何かしらが壊れる音が聞こえてきて
ああ これは間違いなくこの家族が壊れていく音だと
浅い眠りの中でぼんやり考えていたのが9つのころでした


妙に老成した子供だったと思います
間違いなくかわいげのない子供でした
愛想笑いは得意だけれど
人を愛することも 人に愛されることも
超がつくほど不器用でした


ホントの気持ちなんて誰にも見せないし
見せてしまったら 何をされるかわかりません
愛想笑いを浮かべ 顔色を伺い
怒らせないように 怒らせないように
それが私の 生きる最後の手立てでした


     はやく死んでくれたらいいのに
     どこかで事故にでも遭わないかな
     どこかのやさしい殺し屋が
     あいつのどてっぱらに一発ぶっぱしてくれないかな
     そんな妄想にばかりふけるようになっていき
     いつしか 自分で家に火を放つことさえ想像していました


私の精神は徐々に壊れていき
まるで気の抜けた炭酸飲料のように
何もかもが無意味に思えてきて
もうすべてどうでもいい
どうせ最初から壊れてるんだから
いっそ何もかも捨ててしまおう
それで楽になれるのならそれもいいじゃないか
私が背負い込むには その荷物はあまりに重すぎました
押し潰されそうな心を平常で装うのにも疲れ果て
それがちょうど15の頃でした



まったく お決まりコースにもほどがありますよね
面白くもおかしくもない話を聞かせてしまって
本当にごめんなさい



ふっと 話してみたくなったのです
打ち明けてみたくなったんです あなたに
いや 多分きっと あなただから
解ってほしいなんて そんな図々しいこと望んでやしません
憐れみがほしいわけでもなんでもないのです
だって雨はとっくに上がってしまって
さっきから冷たい秋風が 音も立てずに窓をなぜている
なんだかとっても侘しくなって ひとりじゃとてもやりきれなかったから
あなたはさっきから 否定も肯定もせずに
ただ黙って 私の話を聞いてくれるから
いやね 柄にもなく泣いてしまいそうよ




かわいげのない子供でした
繋ごうとした手を振り払う
汚いものでも見るような眼で



月日はすぎて 大人になって
老成したふりをする必要はなくなったけれど
小さい頃から慣れ親しんだ愛想笑いは
すっかり板についてしまったし
生き苦しさはあの頃のままだけど
子供時代に置き忘れてしまった感情を
今頃になって あたふたしながら
必死になって探しているのです


器用に振舞っていたつもりだけど
ホントは全然そんなんじゃなくて
いつもビクビク怯えてばかりいたんだと
自分の家の扉を開けるのさえ
体がこわばって 震えがとまらなかったんだと



もっと強くなりたかったよ
もっと優しくなりたかったよ
こんなふうになるはずじゃなかったのに
もっとちゃんとした大人になっているはずだったのに
こんなことくらい 平気へっちゃらって云えるだけの強さがほしかったよ
いまの私ときたら
昔のことをああでもないこうでもないと詩にしたためながら
それでも毎晩のようにうなされている



ただ塩っ辛いだけの言葉を呑み込んで
生焼けの感情を無理やり押し込めて
だからいつだって心はカラカラで
甘い甘~いジュースばかり欲しがってしまう




かわいげのない子供でした
生意気だのこましゃくれだのいろいろ云われてきたけれど
憎まれっ子 世にはばかる
とことん諦めの悪い大人でいてやろうと思います
ジタバタしながら地団駄踏みながら
したたかに生きてやろうと




したたかに
しなやかに






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。