縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

古いレコードを聴いていた(遠い空編)

「忘れない……」そう君は云ってくれた。
「あなたと過ごしてきた時間は、どれもみんな大切だから……」と。
けど、本当に忘れないでいることなんて出来るかい。
この先君は僕とはまったく違う種類の人たちと出逢い、たくさんの笑顔や涙を流すだろう。
そしたらきっと、もう僕のことなんか憶えてるはずもないさ。
イヤ、別に君を責めてるわけじゃないんだ。所詮、人間なんてそんなものだろ。
どんなに悲しい出来事があったってさ、夜、テレビを見てゲラゲラ笑ってるうちに、
昼間にあんなに悲しんでいた理由すら忘れてしまうだろ?
それに、僕らには本当に『大切』なものなんて何ひとつなかったじゃないか。
僕は君に心を隠し、君は僕に心を隠した。
一度でも本心で語り合ったことがあったか。
僕がどれだけ君を傷つけてきたか。どれだけ君を苦しめてきたか。
それなのに、君はいつも悲しそうな顔で笑うばかりで。
一度だって本心をぶつけてきてくれたことなんかなかったじゃないか。
そんな日々を、それでも君は『大切だった』と思えるのか?
この期に及んで、取り繕うのは止めにしないか。



君とはじめて出逢ったのは、枯れ葉の舞い落ちる12月の、風の冷たい夕暮れ時だった。
街はずれの街灯の下、震える躰を支えながら君は、遠くビルの向こうの空を、
いつまでもいつまでも探し続けていたよね。
儚げでどこか悲しそうで、触れたら壊れてしまいそうなほど凍りついた瞳をした君に、
僕は一瞬で釘づけになってしまったんだ。
しばらく黙ったまま君を見つめていると、
君は静かに僕の方を見て、やさしく微笑んでくれたよね。
どうしてこんな淋しいところにいるのかって僕が聞いたの、憶えてる? 
君はそっけなく、好きな場所だから、とだけ答えた。
それから、あのビルの向こうに何があるのか知りたい、とも。
行ってみようかって僕は誘ってみたけど、君は首を横にふったよね。
じゃあお茶でもしない? ここにずっといるのは寒いし、風邪ひいちゃうよって云って、
二人、近くの喫茶店に入って、珈琲一杯で閉店まで。
君はあまり話すほうじゃなかったけど、
僕のくだらない話には、顔を赤らめてよく笑ってくれたね。
沈黙でいると今にも二人、淋しいって口に出してしまいそうだったから。
いつまでもこの時間が続いてくれたらいいって、本気でそう思ってた。
君とずっと一緒にいたいって、離れたくないって思ったんだ。
その日のうちに、僕らは一緒に暮らし始めた。


一緒に暮らしはじめても、君はずっと謎めいたままだった。
どれだけ躰を重ね合わせても、どれだけ互いを求めあっても。
愛してるなんて、恥ずかしくてとても口に出しては云えなかったけれど
それでも僕は、君を愛していた。愛している、と思いたかった。
相変わらず君の瞳は凍りついたままで、ぼんやり考え事をしていることが度々あった。
君の態度はいつもとてもそっけなくて、冷たい人みたいだったけれど、
けど時々、何度も確かめるみたいに、僕に「愛してる」という言葉を云わせたがったりもした。
理由を聴いても、君はただ微笑むばかりで。
抱きしめようとすると君は、決まって僕の腕をスルリとかわしてしまう。
困惑する僕をよそに、君は一番のお気に入りのジャニスのレコードを聴きながら、
僕にはよくわからない話を、真面目な顔して話し始めるんだ。
僕にはなんだかそれが、これ以上私の中に入ってこないでと、そう云われているような気がして。
僕の淋しさはいよいよひどくなっていくばかりだった。
睡眠薬を常飲するようになった。
クスリを何錠飲んでも、眠れない夜が何日も続いた。
ひどい頭痛がして、些細なことが気になって仕方がなかった
いつしか僕は、イライラのはけ口に君に酷いことを平気でするようになっていた。
なんでもないことで君に当たり散らすようになった。
出したものを元のところに仕舞わないとか、炊いたごはんが少し柔らかめだったとか、
理由なんてなんでもよかった。ただ君を傷つけることでしか安心できない自分がいた。
最低だった。最低の気分だった。
でも、自分のせいだとは思わなかった。
あれもそれもどれもこれも、全部を君のせいにして、
君が僕をこんなに苦しめるんだ、君が僕をこんなふうにさせたんだって。
僕がどんなにひどい暴力を振るっても、どんなにひどい言葉で君を追いつめても
君は諦めたように、ただ静かに僕に微笑みかけるばかりで。
そうされるたびに僕は、どうしようもないダメな人間なんだって思い知らされるんだ。
弱くて、卑屈で臆病で、君にひどい暴力をふるって、ふるったあとは、
ひたすら君に強くしがみついて、もうしない、もうしないって云いながら、
ひとりにしないで、置いていかないでってメソメソ泣くばかりの、救いようのない人間であることを。
そんな目で見ないでくれないか。そんな顔しないでおくれよ。
君をこんなふうにしてしまう僕に、そんなふうにやさしく微笑んだりしないでよ。
本当は全部、君のせいなんかじゃないんだから。全部ぜんぶ、僕がダメなせいなんだから。
そんなふうに許したりなんかしないでよ。
ねえ頼むから、お願いだから。


ただ一緒にいたいだけだったのに。
それだけで十分だったはずなのに。
一体どこで間違えてしまったのだろう。
どこで歯車が噛み合わなくなってしまったのだろう。
凍りつくような君のその瞳を、いつか僕が解かしてあげたかった。
諦めたように笑う君に、いつか本当の笑顔を取り戻させてあげたかった。
でも本当はそうじゃなかった。
僕にそんな力なんてあるはずがなかったんだ。
僕のほうこそ本当は、君を必要としていたんだ。
溺れかかっていた僕を、君に助けてもらいたくて。救ってもらいたくて。


これ以上一緒にいたら、本当に君を壊してしまう。
だから今日で終わりにしよう。今日で最後にしよう。
最後の最後まで、僕に気なんか使わなくたっていいからさ。
君と幸せになりたかった。信じてほしい、それだけは嘘じゃない。嘘じゃない。
もっとずっと早くに、こんな風に素直に云えていたら、
もっと違う人生が、二人にはあったのかもしれないけど、
今更そんなことを云ってみたところで、何もかもがもう手遅れになってしまった。
おかしいね、おかしいよなホント。笑っちゃうくらい、バカみたいホント。
僕のことなんてきっと、すぐに忘れられるさ。
忘れてくれたほうがいいんだ。そうしてくれたほうが。
君の中で綺麗な思い出になっていくのは、あまりに辛すぎるから。
いままで一緒にいてくれてありがとう。
ひどいことばかりして、本当にごめんなさい。
......僕が云う台詞じゃないかもしれないけれど、
どうか、どうかしあわせになってください。
君が探していたあのビルの向こうの空が、いつか見つかることを、
心の底から祈っています。
さようなら、愛しき人よ。
さようなら、僕の恋人。







テーマ: - ジャンル:小説・文学

雨音と古いレコードと | コメント:0 | トラックバック:0 |

忘れないようにしよう

今日の自分を 忘れないようにしよう
今日の君を 忘れないようにしよう
どうしようもないほど 不幸だった昨日
どうしようもないほど 悲しかったあの日
明日がまた どんな日であったとしても
今のこの自分を 忘れないようにしよう


愛する君を 大切にしよう
愛されてる自分を 大切にしよう
自分だけが特別だと 思ったあの日
誰も解ってくれないと 嘆いたあの日
いつかまた どんな涙を流したとしても
何よりここまで愛されてきた証を 大切にしよう


生きることは それだけで大変だね
纏わりつくものが多いから
あの人ごみの中 忘れてしまいたくなってしまう
何も失わないように 何も悲しんだりしないように
もう誰も好きにならない 誰も信用しないと
そんなふうさえ思ってしまう
でも それでもやっぱり 生きることからは逃れられない
水が その流れを止められないのと同じように
そこにいるのが ボク自身なら
そこにいるのが 君自身なら
きっと 強くなれるはずだもの
きっと やさしくなれるはずだもの


ちっぽけだけど ひとりぼっちじゃないこと
忘れないようにしよう
時々 街の風の冷たさに負けそうになるけど
ボクも君も そんなにヤワじゃない
タチムカウべきは自分自身
決して決して弱虫なんかじゃないってこと
忘れないようにしよう



忘れないようにしよう



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

古い詩 | コメント:0 | トラックバック:0 |

By myself

躰中のやりきれなさを振り起こして
もう 誰もあたしを止められない
誰もあたしを縛りつけられない
あたしは あなたじゃない
他の誰でもない
あたし自身に変わってく


理性で抑し殺して生きるのはとっても窮屈だわ
聞き分けのいいやさしい女になんて
悪いけどあたし なれそうにないの
誰かのために自分を犠牲にするなんて
そんな生き方はもうやめにしたのよ
あたしはただ 湧き上がるこの感情に素直でいたいだけ
あんたが探しているのは 自分に都合のいい女でしょ
そういうのがお望みなら 他を当たってくれないかしら


同級生だからって 友だちなんかじゃなかった
彼女たちはただ あたしを笑うだけだったわ
先生たちにも嫌われてたの
学校はいつも あたしに冷たかったのよ
でも 別に気にしちゃいなかったわ
ひとりでいることには慣れていたし
何をするにも 連れだって行動している彼女たちが
なんだか あたしには気味悪く映って見えていたの
クラスがガヤガヤ騒いでいる中 あたしはひとり
教室の片隅で 耳にイヤホンをつっこんで
太宰や寺山や坂口安吾なんかを ひたすら読みふけっていたわ


孤独だからって 淋しいっていうのとは理由が違うのよ
淋しいのは あたしとあなたとの間に壁を感じてしまうことよ
たとえばその瞳の中に その態度の中に
静かな 強い拒絶の感情を読み取ってしまうことよ
あたしの思ってることがあなたに伝わらない
あなたの傷みが あたしには解らない
そういうのって泣きたくなるわ
あなたはそれを知らなすぎよ
幸福な人ね あたしそういうの うらやましい


躰中のやりきれなさを振り起こして
もう 誰もあたしを止められない
誰もあたしを縛りつけられない
あたしは あなたじゃない
あたしはあたし
他の誰でもない
あたし自身に変わってく





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |

宇宙の掌の中、ひとは


カーテン締め切って 明かりもひとつにして
みゆきの歌を聴いていたのです
今日も一日働きました
気持ちをどこかに置き去りにして
最近泣いたのはいつだったかしら
思いっきり笑った日はあったかしら


日々 虚しさばかりが積もっていくばかりなのです
誰といても どこにいても
心は空っぽのままなのです
やさしい人になりたくて やさしい人だと思われたくて
頼まれもしないのに あれやこれやと世話ばかり焼きたがってしまう
いくらまわりにたくさんの友達がいたとしても
一見普通に見える家族に囲まれて育っていたとしても
ふとした拍子に漏らすため息や言葉の端はしに感じる
云い尽くせないほどの淋しさが透けて見えてしまうから
もどかしい気持ちが 解りすぎるくらい解ってしまうから
でもそれは建前
本当に解ってほしいのは あたしの方なのです
全部じゃなくてもいいんです
半分もいかなくても それでもいいから だから
このどうしようもない気持ちの片方を 少しだけ担って欲しかったのです
馬鹿ですか 馬鹿すねあたし
あなたがどうしたらいいかわからない問題を
あたしが解決できるわけでもないのに
それでも あたしに出来る限りを振り絞って
絞ったつもりだったのに
貴方は いつだって自分の辛さを投げつけるばっかりで
だから あたしの服はこんなにも汚れて
貴方の服は真っ白のまま
勘違いしているようだから云っておくけど
それは決して穢れを知らない真っ白なんじゃなくて
汚れた部分をなかったことのように 覆い隠してしまっているだけのこと
30過ぎたいい大人が 純真でまっさらでございますなんて
よくもまあ 恥ずかし気もなく云えたものだと
呆れ果てすぎて かえって感心してしまうくらいよ


みんな 面白いようにあたしから去ってしまいました
どうしてあたしじゃ何も許されないの
どうしてあたしじゃ受け入れてはもらえないの
いつだって味方でいたつもりだったのに
人から拒絶されるたびに
お前は用無しだと 烙印を押されているようで
それでも与えられた役割を降りることもできず
死ぬまで一生 演じ続けなければならないのでしょうか


生まれたことが罪ですか
生きてくことが罰ですか


こんな自分なんかいなくなってしまえばいい
ほら そこにあるロープで
首をぐるぐるに巻いて一気にひっぱるがいいさ
そうすれば何もかも終われる
面倒な一切を終えることができるじゃない


ロープで首をぐるぐる巻きにして
両手で思いっきりひっぱってみました
頚動脈を圧迫され喉を締め付けられ呼吸ができない
苦しい苦しいよお 呼吸ができないよお 
このまま逝っちゃうのかな これで逝っちゃうんだな
よく死ぬときって
いままでのことが走馬灯のように現れるっていうけど
思うことといえばさ
洗濯もの外に出しっぱなしだった 夜から雨って云ってたっけな、とか
明日は資源ゴミの日だから 瓶とかペットボトルとか捨てなきゃな、とか
アマゾンで予約したamazarashiのCD 来月届くんだった、とか
着古した部屋着のままで死んで 見られるの恥ずかしいな、とか
部屋の掃除をしてからにするんだった、とか
こんなふうになるんだったら 云いたいこと全部ぶちまけちゃえばよかったな、とか
こんなあたしとでも 一緒に笑ってくれたあの娘のこととか
こんなとき 誰でもいいから誰か電話でもくれないかな、なんて
そしたら急に着信音が鳴ったりしてさ 
受話器の向こう側でぶっきらぼうに だけどとてもやさしくあたしの名を呼ぶ声に
何故だかふいに 涙がとめどなく溢れてきちゃったりなんかして


人間なんてそんなに強く出来てるわけじゃないけど
でもだからといって 最弱ってわけでもない
ほら その証拠に
あんな酷い状況の中でも
今日の今日まで生きてこれたじゃない
乗り切ってきたじゃない
死のうと思えばいつだって死ねたはずなのに
それでも それでもって
このまま終わりになんかできないって絶対
ぶるぶる震えながら 嗚咽のような叫び声をあげながら
心にそう誓ったからで


大丈夫 大丈夫
道はひとつしかないわけじゃないのだし
こっちがダメならあっち あっちがダメならそっち
曲がったり立ち止まったり 時には後ろを振り返ったりもして
そうやって一歩でも前に進んでいければ
それ以上 望むものなんてなにもいらないのです


カーテン開けて 見上げる夜空
今宵 月も星も何も見えない 
吸い込まれてしまうくらい深い深い闇が
ただただ広がっているばかり
デッキからはみゆきの歌が
❝宇宙の掌の中 人は永久欠番❞
ずっと いらない人間だとばかり思いながら生きてきたけれど
この世であたしはただひとり
誰にも代えようがないから あたしなのですね
このあたしだから あたしでなきゃダメなのですね



だからもう 今夜はおやすみ





明日もまた早い




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |

それは意外と簡単な答えでした

みんな終わりにしようと思ってたんだ
いいことなんてひとつもなかったし
こんな人生もういらないんだ
さようなら
さようなら
もう思い残すこともありません


なのに なのにおかしいね
さっきからお腹がぐうぐうなっちゃってさ
心はずっと死にたがっているのに
躰は生きるためのサインを送り続けてる


なんだかそれが
無性におかしくて悲しくて
15分くらいひとりでゲラゲラ笑った
笑ったら余計にお腹がなって
そういえばまだ
昨夜の残りのシチュウが鍋に残ってたなあと
これまた急に思い出したりして


生きるってことはもしかしたら
そんなに難しいことじゃないのかもしれない
複雑そうに見えて案外単純で
単純そうに見せといて複雑にこんがらがったりする
だけどこんがらがってしまった糸は
なかなか解けなくって
でも解かなくっちゃいけないような
解けないってなんだよって思われたくなくて
ずっとイライラしてたんだ
ずっと出来なくって ダメなんだって落ち込んでた
だけど実はものすごい単純なことだったんだ
こんがらがった糸はもう
そこから引きちぎってしまえばよかったんだ
そうだそうだ
そうすればよかったんだ
ただそれだけのことだったんだ


なあんだ 

まだちゃんと笑えるじゃないか



だから
死ぬのはまた今度でいいや



もうちょっと もうちょっとだけ
生きてやってもいいかなと


シチュウを温めなおしながら思う
某月某日





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |

駆け巡る冷たい血液

泣かない奴だと思われてる
感じない奴だと云われてる
まともな人間になんかとてもなれないし
好かれる人間になんかもっとなれない 
誰かが嘲笑ってるのが聞こえる
あからさまに 聞こえるようにわざとらしく
だからあたしは平気なふりを装うんだ
平気へっちゃらだって笑い飛ばしてやるんだ
いつか見てろよって、拳に爪を食い込ませながら


          昨年、アイツが死んだときも涙ひとつ零れなかった
          悲しくなかったわけじゃない
          ただ、奇麗事にしたくなかった
          アイツはいつも、ひとりでいるとたまらなく淋しそうな顔をする奴だった
          強い酒を毎晩のように飲み明かしては無茶苦茶なことばかりして
          まるで自分を罰しているかのように 
          自分で自分を痛めつけなきゃ気が済まなくて
          めちゃくちゃな奴だけど ホントやさしい奴だったんだ
          あたしの話を真剣に聴いてくれて
          辛かったなって云ってくれて
          力強く抱きしめてくれたんだ
          生きててよかったって その時本気でそう思った
          そんなアイツが、バイクで事故ったって聞いたときには
          もう頭が真っ白だったよ
          病院の霊安室で 白い布を被せられたアイツの顔
          まるで眠ってるみたいだった
          それでもやっぱり 涙は零れなかった
          泣いてみようとしたけど ダメだった
          悲しくなかったわけじゃない
          辛くなかったわけでもない
          それでも



雑踏にたたずんでひとりきり
冷たい北風が胸に沁みた
人は争いごとが大好きだ 
人の争っているのを見るのも好きだ 
誰も止めようとしないのは自分たちの楽しみを、
そう簡単に終わらせられては困るから 
争いごとには目がないくせに、人は関係ないふりをするのが実にうまい 
あたしの云ってることが嘘だと思うなら、自分の胸に問いかけてごらんよ 
心の奥底でニヤリと笑うあなた自身にきっと出会えるはずだから 
なんてね、本当は他人の心なんか何ひとつ見えやしないのに
図ったように他人を決めつけて、解ったように勝ち誇った顔をしている 
あの人もこの人も、ほら、あなたの一番大事な人さえも 
そうして、一番何も解っちゃいないのに
何もかもすべてに勝った気になっているこのあたしなのだ 


今、街の乾いた風にふかれながら、思う 
人間は弱い 弱いから人に石を投げつけないではいられない 
弱いからひどい暴力をふるい
弱いからひどい言葉を平気で吐き捨てられる
誰かに救ってほしいと願うけど
誰も救ってなんかくれないことも、ちゃんと知ってる 
 

みんなこの風の中で泣いている 
誰かに必要とされたくて、誰かの涙を拭ってあげたくて 
自らのナイフを自らに向けて
振り回しては、迸るほどの血を流しながら 


泣かない奴だと思われてる 感じない奴だと云われてる 
まともな人間になんか、なれないからってなんなんだ
好かれる人間になんか、なれないからどうしたというのだ
泣かないことは罪なのか
重罪にかけられるのか
税金でもとられるとでも?
 



泣かない奴だと思われてる 感じない奴だと云われてる 
凍てつくほどの血液が、あたしのこの躰を駆け巡る
 



あたしのこの躰を、駆け巡る




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |

通り過ぎるいくつかの事情

ドーナツショップは今日も混み合ってる

女子高生たちはさっきから
誰が誰と付き合ってるかで盛り上がっていて

若い母親は ベビーカーで眠る赤子を尻目に
さっきからずっとスマホをいじくってばかり

サラリーマン風の男性は
甘ったるいドーナツをかじりながら
ノートパソコンを忙しげに叩いてる

混み合う店内
バイトの女の子たちは 商業的スマイルを見せながらも
どこか疲れを隠しきれない

そして私はといえば 窓際の席に座って
アイスコーヒーをストローでかき混ぜながら
ただなにげなく ぼんやりと窓の外を眺めていた


平日だっていうのに 街は人であふれていて
誰もかれもどこを目指しているのか
足早に歩く人たちばかりだ
そんなに急いでどこへ行くのだろう
尋ねてみたい気もしたが
そんなことは意味のないことだと
すぐに視線をそらした


絶え間なく流れる人ごみを避けるように
ベンチに寝そべっているあの老人
ボロボロになった上着を
肌掛けがわりにかけて
眠るともなしに目を瞑っている


ふと 彼にもかつて親がいて兄弟姉妹がいて恋人がいて
つつましく暮していた時代があったかもしれないと
考えてみたりした

あの老人は今頃 誰に会いたいと思っているのかな
誰にも会いたいと思っていないのかな
何もかも捨てて 何もかもから解放されたくて
彼はいま あおベンチで横たわっているのかな


たとえば春
満開の花びらが ヒラヒラと風に舞い落ちるとき
夏 容赦ない灼熱の太陽に ジリジリと肌を焼かれるとき
秋の夜長 真ん丸いお月様にじっと見つめられるとき
冬 身を切るような寒さに身をさらされたとき


故郷のことを懐かしく思い出すことがあるだろうか
いや きっともう遠い過去の記憶として
うすぼんやりとした灯りが揺れているだけなのかもしれない


なんでそんなこと 思ったんだろう
そんなこと考えたって 何の意味もないのに
あの老人はずっとあのベンチで眠っているだろうし
明日もあさっても そうしているだろうし
私だって いつまでもここにいるわけじゃない
行き交う人々は 誰もあの老人を避けるように
足早に通り過ぎていくけれど


          あの人々を 私は責められない
          あの老人を 私は直視できない


あの老人がいま 幸福か不幸かなんて
私にはわからないけれど
仕事がなくて 住む家も追われて
そんな生活になってしまったのか
あの老人が すべての俗世間に嫌気がさして
自ら進んでそんな生活に入ったのか
それは誰にも解らない
真実はあの老人の胸の中にしかない
その胸の中でしか咲けない花を
あの老人はきっと持っているのかもしれない


生きれば生きる分だけ重くなっていくものたち
誰だって好き好んでそんな重たい荷物を背負い込んでるわけじゃない
気づいたらいつの間に背負い込まされてて
降ろすことも許されず
だから仕方なく 抱え込んでるだけの話じゃないか


誰だって幸福になりたいのは同じじゃないか
いつの間にか選んだり選ばされたりしてきた道が
いまの自分にたどり着いているだけの話で
それが間違いなのか正解なのかは
誰にも解らないし誰にも決められるわけがない




考えたらたまらなくなってしまって
胸やけしそうな思いを必死でこらえながら
ただひたすら
薄くなったコーヒーをすすったんだ 






テーマ: - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |