縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

オロオロしながら泣きながら描く祈りの詩

寒さに震えているあなたに
あたたかい毛布をかけてあげることもできません
空腹を満たしてあげることも
乾いた喉を潤してあげることもできません
泣きたいのをグッと我慢して
みんな大変なときだからと堪えているあなたに
なんと言葉をかけたらいいのかさえもわからないでいます


こんな詩なんか考えている暇があるなら
あたたかいご飯のひとつでも届けてやったほうが
よほどありがたがられるにちがいないし
こんなときそばに行って
ただ話を聞いてうなずいてあげることのほうが
どれほど価値があるかしれません


第一 テレビの前でボロボロ泣きながら
ただオロオロするばかりの私は
こんなときでさえもやっぱりどうしようもなくダメな奴で
それでも何かをしなければ
こうしている場合ではない衝動にかられどすれ
何をすればいいのか皆目検討もつかず
普段は行列なんかに並びもしないのに
水を求めてスーパーの行列に並んじゃったり
棚から品物が消えていく不思議な現象に
ただただ呆然と立ち尽くすばかりで


      ひとりじゃないです
      私たちがついています
      きっと乗り切っていけます
      祈っています
      ずっと応援してます


そんな言葉がいま
本当に必要なのか
私にはよくわかりません


言葉なんかじゃ誰も何も救えない
詩人なんて所詮は無力な生き物です
わかってるんですそんなこと
わかりすぎるくらい よくわかってるんです


それでもやっぱり 
祈らずはいられないよ


あなたが今夜 ほんの少しでも眠ることができますようにと
あたたかいご飯で 少しでもおなかが満たされますようにと
あなたが探しているあの人があの思い出が
一刻もはやく見つかりますようにと


気丈に振舞うあなたのやさしさが
いつか必ず救われますようにと


もう我慢なんかしないで
思いっきり声を放って泣けますようにと



涙のあとには笑いがあるはずさって
誰かが歌っていたけれども
それはたぶん いや絶対に間違ってなんかいないと
私も信じているから



無責任なことばかり云って
本当にごめんなさい


あの瓦礫の山が片付く頃にはきっと
流した涙も乾いていることでしょう


先のことは
それから考えたって
まったくもって遅くはないのだからと



あなたが私を目覚めさせてくれたから


いまはただ そのことだけ
そのことだけを

声を大にして云わせてください





続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |

黄昏てく街の中で

雑踏に佇んで ひとりきりボクは
黄昏てく街の中に 君を探していた
メディアが君の不在理由を作り上げて
本当の君に 少しずつ影を落としてゆく
“また、どこかで会おう”
そう約束して君は消えた
ねぇ どこにいるの? 何を語ろうというの?
すぐに照れ笑いを浮かべて
ボクらの前に現れるんだろう
どこまで信じていいの?

日常に埋もれそうな心抱え 唇かみしめてたあの頃
どこからか流れてくる音楽に はじめて泣いた
夢とか愛とか幸福とかさ
言葉にするとひどく恥ずかしいけれど
諦めないでほしいと 君は何度も叫ぶ
時にはやさしく 時には涙を浮かべて
君の言葉だけ信じられた
強く生きていける気がした
思い上がりの真実だとも知らずに

“どんなに傷ついても、君を抱きしめてあげられるように
 この街の風の中で強く生きるから”
ゴメンよ 自分ばかり傷ついたフリして
君の悲しみの半分も 解ってあげられなくて

優しくなりたい ボクから一度
ボクには何もできないけれど
何もできないから せめて
君が探し続けてた本当の愛って奴の正体を
イミテーションなんかじゃなくて
本物の愛がなんなのか 探り当てたいと思う
破れるから夢なんじゃなくて
叶わないから夢なんじゃなくて
信じ続けるから夢なんだと
諦めないから夢なんだと証明してみせたい
そしてなにより ボクはボクを簡単に捨てたりしないで
最後の最期まであがき続けてみせるよ
いつか君の傷ついた心を 抱きしめてあげられるように
この街の風にふかれて 強く生きていくから
君がくれた沢山のやさしさを この胸に抱いて
君を信じて 乗り越えていくから



雑踏に佇んで ひとりきりボクは
黄昏てく街の中で 君を探していた
君の傷みを 探していた




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

影法師

勢いがいいのは いつも最初だけだったね

帰りは決まってショボクレ犬

夕焼けの下で泣いていた





テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

宿命

社会という名の檻の中で

生きているボクら

時々脱走しようと試みるが

そこらじゅうに頑丈な鍵がかかっているので

大概は失敗に終わる





テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

僕が死のうと思ったのは / amazarashi




死ぬことばかり考えてしまうのは
生きることに真面目すぎるから
(歌詞抜粋)




テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:2 |

少年少女 / amazarashi


少年少女 / amazarashi





テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

招かれざる客

誰かと思えば またあんたかい
最近めっきり顔を見なかったが
またここにやってきたのかい
よっぽど あたいが好きとみえるね

あんたがどんなに誘ったって
あたいはその手には乗らないよ

あたいにはまだ やりたいことがあるからね
みゆきやエレカシやamazarashiのライブにもっと行きたいし
寺山修司や高畠華宵の記念館にも行ってみたい
読みたい本もたくさんあるし 描いておきたい詩もたくさんある
もっと勉強したいし もっと賢くなりたい
知らないことにもっともっと触れてみたい
まだ出会っていない誰かと いつか出会いたいし
いままでどうやって生きてきたかとか
そんな話を飽きるまで語り合いたい
人を好きになりたいし 恋だって諦めたわけじゃない
あ いま笑ったでしょ
あたいだって一応女やってるし 恋したいって思ったって
あんたに笑われる筋合いなんてひとつもないんだからね


くだらないって顔してるね
あんたのやりたいことじゃないからそう思うのよ
あたいがしたいと思ってることに
いちいち首をつっこんでこないでくれるかしら


「お前なんかと出逢っちゃったら 運も尽きるね」
「死んだほうが世の中のためだよ」


あんたってホント 嫌味なやつね
誰もあたいのことなんか必要としていないことくらい
解りすぎるくらい よく解ってるわよ
だけどもう 誰かさん次第で生きるとか生きないとか
決めてしまうのはもうやめにしたのよ
「死んだほうが世のため」ですって?
笑わせないで
世の中を動かせるほどの力なんか
あたいには1ミクロンも持ち合わせてなんかいないんだから


嗚呼 もううざったい
いい加減 帰ってくれないかしら


あたいはまだ死んだりしない
簡単に死んだりなんかしない
まだ何も終わっちゃいないんだ
あんたの思い通りになんか
絶対させないんだから
いつまで粘っているつもりなの
どんなに粘ったって あたいの気持ちは変わらないわよ


人生の3分の1を無駄に過ごしてきてしまったのよ
これからそれを取り戻しに行かなきゃならないの
だから悪いけど あんたにかまってるヒマはないのよ
いい加減諦めて帰ってちょうだいな


生い立ち 家族 友人 人間関係
淋しい 虚しい 息苦しい
意味だとか無意味だとか
退屈だとかつまらないだとか
考えだしたらキリのないことだらけ


ねえ あんたは知らないでしょ
死んだほうがたしかに楽かもしれないって
もう何もかもから逃げてしまいたいって
そんなふうに思うことだって 一度や二度じゃないわ
けどね やりたいことがあるうちは
多分きっと どうにかなると思うのよ
死んじゃったら何にもできなくなっちゃうんだもの
生きてるうちに やりたいことはやっておかなきゃ
このまま つまらない人生のまま強制終了なんて
それじゃあ あまりにもあたいがかわいそうじゃない


あんたがいなかったらあたい
ずっとそのことに気がつかないままだったかもしれないわ
あんたがそこで死を用意して待っていてくれるから
あたい きっと 安心して生きていられるんだと思う
だから あんたにはとても感謝しているの
これホントに ホントによ


あんたもひとりぼっちで淋しいんだね
わかるよ あたいも一緒だからさ
けどさ どこかにきっとあると思うよ
あんたがあんたらしくいられる方法っていうのが
お腹がよじれるくらい笑っちゃう瞬間がさ
心が揺り動かされちゃうような瞬間がさ
つらいことばっかりかもしれないけどさ
でも 生きていなければ
こんな詩を描くことだって出来ないし
あの人の詩を読むことだって適わないんだから


だからさ 求めることを諦めちゃうのは
今日限りでやめにしようじゃないか


いつでもこの両手いっぱいに広げて
何かがこの手に触れるまで
そいつを掴みとるまで
高く遠く手を伸ばすんだ


あんたにならできるよ
だってあんた 頭いいんだから
あたいに出来ることを
あんたに出来ないわけがないんだよ


大丈夫
ほら 手をつなごう
あんたのぬくもりが
あんたの鼓動が
ちゃんとちゃんと伝わってくるよ



あんたもあたいも
いまこの瞬間を
たしかに生きてる


生きてるんだから






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |

自問無答の詩

僕はどうして生まれたのでしょうか
どうして生きているのでしょうか
僕がいることで
一体誰が喜んでいるのでしょうか
僕が生きていることで
一体誰を幸福に出来るのでしょうか


人はこの世に生を受けたとき
運命を背負わされるといいます
僕は一体 どんな運命を背負わされたのでしょうか
これから どんな運命を背負っていくのでしょうか


僕が傷つけてしまったあの人々は
今頃どうしているでしょうか
僕はいつでも思っています
どうか僕より幸福であってほしいと
でももしも 今も泣いていたなら
一体 僕は何をすればいいのでしょうか
他人からやさしくされるたびに
自分のダメだ加減が しみじみ身に染みてきます
僕は貴方に 何が出来ますか


僕を好きになってくれた貴方に尋ねます
僕は貴方を傷つけてはいないでしょうか
貴方を裏切ってはいないでしょうか
貴方の苦しみの半分も 解っているでしょうか
解ったつもりで 本当は何ひとつ
解ってやしないのではないでしょうか
僕は自分でも呆れるくらい 自分勝手な人間です
それでも好きでいてくれる貴方に
『ありがとう』という言葉を
照れずに云うことができるでしょうか


生きていく確かな理由がどこにあるのでしょうか
いつかは見つかるものなのでしょうか
それとも 本当は身近にあるのに
気がついていないだけなのでしょうか
その理由がいつか解ったときに
人は 幸福になれるのでしょうか


闘い続けるとは どういうことなのでしょう
勝ちか負けかなんて どうして決められるのでしょう
この世に在る すべての生命が尊いものだというのならば
誰もが勝利者なのではないでしょうか


悲しい人生を誇るような そんな自分でいいのでしょうか
何ひとつ誇れるものがないから
強がっているだけなのではないでしょうか
僕は 多分これからもきっと悩み続け
激しい風雨に身を晒されることでしょう
それでも 信じられるたったひとつのものを
あきらめずにいることが出来るでしょうか






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |

愛を売ってくれませんか ・ 幸福はいくらで買えますか

何もかも忘れられたら どんなにいいでしょう
何も見たくないから目を閉じたのに 
いつも決まって現れるあの忌まわしい記憶映像
何も聞きたくないから耳を塞いだのに
決まって聞こえてくる 冷たい刺すような言葉
仕方がないから目を開けます
仕方がないから耳を塞いだ手をどけます
醜い争いばかりが見えてしまう
口汚い罵り合いばかり 聞こえてしまう
もうやめようよって 何度も止めようとするんだけど
言葉が喉にひっからまって 
うまく声を出すことさえままならないのです


こんなわたしを 笑い飛ばしてはくれませんか
あんまり情けなさすぎて かえって笑えないですか



子供のころから 強い子だと云われてきました
何故そんなことを云われるのか 
その頃のわたしは まったく理由がわかりませんでした
それはたしかに あまり泣かない子供でしたし
親に手を焼かせたという記憶も ほとんどありませんし
自分のことはあまり話さない子供でもありました
弱音なんて滅多に吐いたこともなければ
自分から何かを要求したことすらありませんでした
強い子 我慢の子
いまならその理由が少し解ります
そんなふうに云われてしまったら 吐きたい弱音も吐けないですものね
どんなに辛くても悲しくても 簡単に泣いたりなんてできないですものね
もっとも 何か話そうとしても いつもそっぽを向かれていましたから
聞いてもらえないものを云ってもしょうがないと
子供のくせして 妙に悟りきったところが わたしにはありましたから
もっと子供らしく振る舞えていたなら
もっと無邪気に わがままを云うことができていたなら
もしかしたら 違う人生が
あるいはわたしにもあったかもしれませんが
果たしてそれは わたしにも解りかねる問題のようです


隣に住んでたマーちゃんは 日曜日たびにどこかへ出かけては
新しい洋服を買ってもらって
よく一緒に遊んでたよーちゃんは
リカちゃんもジェニーちゃんもバービーも みんな持っていて
一番仲良しだったケーちゃんは 地主の子で大きな家に住んでいて
驚いたことには 家族みんなで食卓を囲んでたことでした
うちじゃ 毎日ほとんどひとりで食べさせられていたから
なんだかとても不思議な空間に迷い込んだような そんな気分でした


うらやましいなんて これっぽっちも思いませんでした
そんな服 ちっともかわいくないし
背が伸びたら もう着れなくなっちゃうのにもったいない
そんなにたくさん人形持っててどうするの
こないだまで遊んでたのはどうしたの
もう遊んであげないなんてかわいそうじゃないの
家の者が全員で食卓を囲んだら どんなことになるか
それだったら ひとりで食べた方が全然まし
うらやましくなんか そうよ 全然うらやましくなんかない
なんかない なんかない
なんか なんか なんか


ホントは 本当は
うらやましくて仕方がなかった
いつもお下がりの 可愛くもなんともない
男の子みたいな服を着せられてるわたしと
毎週のようにきれいな服で登校していくマーちゃん
おもちゃはおろか ハサミもクレヨンも本もなにもかも
与えてもらえなかったわたしと
遊びにいくたびに人形が増えているヨーちゃんと
人形なんて興味ないふりしてたけど 本当は欲しくて欲しくてたまらなかった
大きなお家に住んで 自分の部屋もあって 家族そろって食卓を囲み
なんの屈託もなく あたりまえのようにハンバーグを食べてたケーちゃん
わたしにはないものばっかり 
うらやましくて うらやましくって 一周廻ってもやっぱりうらやましくって
だから早く大人になりたかった 
早くお金を稼ぐようになりたかった
自分の稼いだお金で欲しい物を買うのはどれだけ気持ちのいいことだろう
そんな空想ばかりが どんどん膨らんでいきました


大人になったら なんだって出来ると思っていたのに
かわいい服だって靴だって 好きな音楽だって本だってなんだって手に入るのに
本当に欲しいものは どうしたって手に入らないようにできているみたいです


街中の胡散臭い露天商が売り込む 「ちょいとお姉さん、おひとつ愛はいかが?」
「こっちにはほくほくのしあわせもあるよ」
プラスチックのおもちゃみたいな イミテーションのそれらが
大きな布の上に 雑然と並べられています
「今なら安くしとくよ」
偽物だってかまわない どうせ本物がどれかなんてわかりっこないんだから
それでこの淋しさが虚しさが たとえ一時でも消えてくれるのならば


「あるだけ全部いただくわ、お兄さん」



「ところでお兄さん、お代はいくら?」












続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |

図形

○で笑って ■で泣いて
△▼ おこっちゃいやよ


まあるい地球のまあるい世界
まあるくなれない男と女


凸と凹もかさなりゃ□
でっぱるばかりじゃ角がたつ
ひっこんでばかりじゃ穴があく


○で笑って ■で泣いて
△▼ おこっちゃいやよ



△▼ 4Fはかぐうりばです
エレベータじゃないってだから
ちょっと横にそれました
えい角どん角いろいろあれど
その角たせば みな同じ


人のふりみて見ぬふりしよう
形だけでは気づかない
あのひとにはあのひとの
ぼくにはぼくの180度


○で笑って ■で泣いて
△▼ さようなら



△▼ さようなら





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>