縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

夜明け前

ホームに立ち尽くして 聴いていたよRock 'n' roll
今夜わかり合えるのは このメロディだけさ


ひと気のないシートにもたれながら 
去っては消えていく景色を いつまでも追いかけて追いかけて
流れてく景色の中にこのどうしようもない気持ちも一緒に捨て去ることができたなら
なんて そんなこと出来るわけなんかないのに
俺何やってんだ バッカみてぇ
小さくため息ふたつついて 少しだけ笑った


駅から少し歩いたところにある小さなアパート
灯りのない部屋だけがただ 俺の帰りを待ってるのさ
疲れた躰をベッドに投げ出して 眠れない目を瞑る
今夜もまた あの夢に悩まされるのだろうか
忘れようとして 棄てようとしては
回収されずに戻ってきてしまうあの夢
俺は一体 何をもとめているのだろう
何を探し続けているのだろう
一時の安らぎか 包み込むような優しさか
もうすべて終わらせてもいいよという
誰かの赦しの声か
考えても問いかけても 誰も応えてくれる人もいやしなかった


ワケもなく流れ出す涙 鼻に伝ってツンと痛い
生きることはどうしてこんなにも大変なのか
誰も教えちゃくれなかった
誰もが知らぬ顔して歩いてる あのスクランブル交差点
幸福も不幸もない交ぜの あのスクランブル交差点のど真ん中で
立ち尽くしたらそれっきり 動けなくなってしまいそうで
それが怖くて 休むことさえできないんだ
俺は一体 どこを目指して歩けばいい?


窓の外 酔っ払いたちが小競り合う声がする
向いのマンションの角では
誰かがさっきからずっと ケイタイでしゃべり続けてる
素知らぬフリして街灯が 煌々と夜の闇を照らし続けてる
今夜も眠れそうにない
俺はリモコンを手に取り 
おもむろにステレオの再生ボタンを押した
他にわかりあえるものなどなにもないメロディが流れ出した
暗い部屋の中 耳障りな声を消し去るかのように






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

ひとりぼっちの風

こんなにも幸せに笑っていられる時間が
何だか少し怖い気がするよ
明日になったら なにもかもが
嘘に変わってしまいそうで
君がそばにいてくれる
今日が止まってしまったらいいのに
時が過ぎたら君も
ボクの前から去ってしまうのだろう
そしたらまたボクはひとり
淋しい風に吹かれるのだろう


淋しかったボクは
今でもずっと不安なまま
他の誰かといるときの君をボクは知らない
ボクの知らない顔で
ボクの知らない声色で
どんな話をしているの
どこにも行ったりしないよね
ボクの前からいなくなったりしないよね
手をつないでて その手を離さないで
ぎゅっとしていて 強く強くそうしていて
ボクのこの気持ちが消えてなくなるまで
ふたり一緒に堕ちていこう 深い深い眠りの底まで


君がそばにいてくれる
今日が止まってしまったらいいのに
時が過ぎたら君も
ボクの前から去ってしまうのだろう
そしたらまた ボクはひとり
淋しい風に吹かれるのだろう
淋しい風に吹かれるのだろう








テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

きょうだい心中 / 山崎ハコ




哀しい歌です
おきよさんが哀れでなりません





テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

海になればいい

もう何もかも 疲れてしまったから
このまま全部 終わりにしてしまおう
捨てるものなんて
ぼくたちには何ひとつないから
このまま電車に飛び乗って
きれいな海の町へ行こう
そして海辺にすわりこんで
暗くなるまで 波の音の中で眠ろう


霧雨が降ればいいね
風は少し冷たいほうがいいね
ふたり 疲れた躰寄せ合って
海になればいい






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:3 | トラックバック:0 |

君の心の ほんの1㎜ズレた場所


君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所には
誰も触れることのできない 奇妙な花が咲いている



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所には
啼くのを忘れた小鳥が一羽 青い空に遊んでる



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所には
誰に聞かすでもない音楽が いつまでも鳴り響いてる



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所には
忘れられた尋ね人のポスターが 剥がれかけて揺れている



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所には
人っ子ひとり いやしない



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所で
君は深く深く 息を吸い込むだろう



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所で
君は どんな夢を見るのだろうか



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所で
君はひとり 笑みを浮かべている



君の心の ほんの1㎜ズレた場所
君の心の ほんの1㎜ズレた場所で
君は





テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:2 | トラックバック:0 |

彼方へ


笑うことも 忘れてしまいました
どれだけの年月が過ぎたでしょうか
相変わらずの空模様に
相変わらずの無表情

部屋のもの 全部捨てました
もう必要ないからね
ついてにボクもどこかへ
捨ててしまえばよかったね


ウソばかり上手になってしまいました
口をつけばデタラメばかり
どれだけ他人を傷つければ気がすむのやら
変わっていくのは いつも世の中
そのたび穢れていくボク
どうか君だけは 変わらずにいてほしい
なんて思うのは
虫のよすぎる話でしょうか


人や何かを信じることほど
馬鹿らしいことはありません
ボクはボク自身すら
まったく信じることができないでいるのに
どうして他の何かを
信じることなどできましょうか


笑い方 忘れました
しゃべり方 忘れました
つらいこと そんなこともありましたっけね
泣き方ですか
どうやるんでしたっけ
相変わらずの空模様に
相変わらずの無表情


みんなみんな 忘れてしまいました
忘れてしまいました








テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |

親愛なる


もう何日、眠れぬ夜が続いているのでしょう 
僕が今見ているこの景色が、現実なのか夢なのか 
まるですべてがぼやけて見えているのです 
昨夜は少し気分が高揚していたのか、夜中の1時に突然電話なんてしてしまって 
あなたに大変なご迷惑をかけてしまいました 
なにかとてもひどいことを口走ったりしていませんでしたか 
自分でも時々、自分が何を云っているのかわからない時があるんです 
突然、訳のわからないことをひとりでぶつぶつつぶやいていたりして 
ふと我にかえって、僕は一体何を云っているのかと
ひどく落ち込んでばかりで 
けど、そんなことはただの言い訳でしかないですね 
自分の言葉に責任を負えないなら、それは絶対に云ってはならないことのはずですもの 
もしも昨夜、とてもひどいことを口走っていたなら
遠慮なく叱ってくださいね 


何年経っても、他人に馴れることができません 
子供のころからの赤面症はいよいよひどくなるばかりだし
他人と面と向かっただけで不安と緊張が最高潮に達してしどろもどろ 
自分でも一体何を云っているのか
怖がっているのに、かえってぎゅっと握りつぶしてしまうみたいに
まったくもって訳のわからないことばかり口走ってしまっては
恥の上塗りばかり繰り返してしまうのです 
嫌われたくなんかないのに 
気が付けばいつだって嫌われてばかりいるのです 


嗚呼、どうして僕はこうなのでしょうか 
あなたの云うように、誰彼かまわず自分を曝け出してしまえたなら
どれほど楽になれるかしれません 
何もかもジョークにして笑い飛ばしたり
人目もはばからずに泣いたりしまえたらどんなにいいだろうと思います 

でもダメなんです、出来ないのです、どうしても
怖いのです、僕は、人の眼が怖くて仕方がないのです。 
どんなにやさしそうに見える人であっても
気さくに話せそうに見える人であっても 
その眼の中に、あきらかな拒絶の感情を読み取ってしまうのです 
壁を作っているのが解ってしまうのです
入ってくるなという心の声が聞こえてしまうのです

おかしいですか おかしいですよね 
きっとあなたは云うでしょう 
考え過ぎだと 他人はそこまで思ってやしないと
主治医にも云われました
それは典型的な病気の症状なんですと 
自分でも薄々は解っているのです 
あなたや主治医の云ってることの方が、おそらく正しいのだということを 
けど、頭では解っていても心が反応してしまうのです、見えてしまうのです 
向こうから近づいてきてくれないことには、自分からは入っていけないのです 
たとえそれが鍵のかかっていない扉だとしても 
僕はその扉を勝手に開けることができないのです 
その扉の前でずっと立っているわけにもいかないから 
僕はだからいつもひとりなのです 
何も気にしないそぶりで、まるでそれが当然というような顔をして 
本当はずっと、誰かが僕の扉を開けてくれるのを待ってるくせに 

臆病なんじゃないんです 
ただ、卑怯なだけなんです 
いつもいつだって、自分からは何もしないで 
向こうからアクションを起こしてくれることばかり期待して 
期待がはずれては勝手に傷ついて 
メソメソ泣いてばかりの 
ただの卑怯者でしかないのです 


呆れてしまいましたか? 
こんなものですよ 僕なんて 


それでも あなたがいてくれたから
僕は今日も生きていることができているのです 
こんな僕でも 壁を作ることもせず 扉を開け放っていてくれるから 
頑な僕の扉をスッと開けて入ってきてくれるから 
なんとか生を続けていくことができているのです 
こんな僕でも 生きていていいのかなと思わせてくれているのです 
僕は あなたといる時間をとても居心地よく感じているのです 
あなたは決して ズカズカと入り込むようなことはしないから 
いつも適度な距離を保っていてくれることが 
僕にはとても とてもうれしかった 
嘘偽りない これが僕の正直な気持ちです 


なんだかとりとめのない話をしてしまいましたね 
他人とまともに会話もできず、いつもひとりで 
今日死のうか明日死のうかと、そんなことばかり考え耽っていた僕ですが 
あなたが生きる今日を、僕も生きたいと思うようになりました 
へたくそな生き方しかできないけど、それでもあなたが笑ってくれるから 
へたくそなままでもいいのかもしれないと、思えるようになりました
 
変人と他人が云うなら 僕は間違いなく変人の部類に入る人間です 
けど、変人でない人間などいるのでしょうか 
多かれ少なかれ、みんなどこかしら変わったところがあるのではないかと
僕には思えてならないのですけど 


あなたが好きになってくれた僕を 僕も好きになれたらいいと
あなたが受け入れてくれた僕を 僕も受け入れられたらいいと
それが僕のいまの 心からの願いです



 

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |

卑怯者 / タテタカコ





手にとるように感じる心
やさしさと言うのなら
私はちっともあなたの気持ちを
予想すら出来ないし

あなたの助けを求める悲鳴
耳をふさいでしまう
あなたが暗いトコで手を求めても
私はふりはらうし

引っぱる力はありません
引きのばす力もないです
やさしいフリをよそおうコトなら
できるけど長くはつづきませぬ


弱い心をくるんであげる
やさしさがアルノナラ
私はきっともたれかかりきり
いつまでたっても芋虫のママ

あなたの心情測ってみても
何㎝かわからなくて
私の屁理屈並べてみても
どれもまずくて食ベラレナイ

肩がわりする力はありません
導いてゆく力もないです
身変わりnなる勇気もありません
共倒れする覚悟もないです

ただ自分が倒れないように
ただ自分が立って歩くのを
ただ自分が轢かれないように
ただ自分になってゆくのを

     (作詩・作曲:タテタカコ)



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

空の樽は音が高い

盗人に追い銭とかってさらに損したなんて云ってるけど
追い銭をしたのはあなたの方でしょう
自分がしたことをまるでなかったことのようにするなんて
盗人よりもふてぶてしいわよ あなた


来年のことを言うと鬼が笑うのなら
さらに次の年のことを言えばもっと笑うのかしら
5年も先のことを話したなら きっと大爆笑に違いないわね
だけど調子にのっちゃだめよ
そんな懐の深い鬼だってさすがに
10年も先のことを話せば
堪忍袋の緒が切れて 怒り出すに決まってるんだから


阿弥陀も銭で光る
ご利益なんてものさえも金次第だってさ
5円でご縁に恵まれます
10円投げれば 縁遠いなんて
そんなのはただの 笑えない駄洒落だってことが
よくわかったでしょ


類は友を呼ぶというけれど
私に友がないのはおそらく
私と似たような人間がいないということなのでしょう
だから世の中はこんなにも平和なのでしょう


明るけりゃ月夜だと思うなんて
遠くで自分の家が燃えてるのにも気が付かないで
今夜はいい月だ なんて
呑気もほどほどになさいな おまえさん


赤子の手をひねるなんて
それはあきらかに虐待です
いますぐやめなければ
警察に通報しますよ


薊の花もひと盛り
どんな花にも花盛りというのがあるという
わたしの花盛りはいつやってくるのでしょう
盛りのないまま朽ち果てていくだけなのでしょうか
哀しや哀し


どうしてこんな濡れた衣を着なければならないのでしょう
一体わたしが何をしたというのですか
あの人はきっとなにか勘違いしているんだと思うわ
あれはわたしがやったんじゃないの
わたしはなにもやっちゃいないのに
それを聞きいててくれる耳をもう
あの人は持ち合わせてはいないのね
濡れた衣は肌に張り付いて なんて気持ち悪いったらないわ


離れてしまったものほど よく見えることはないわ
あいつはいい奴だった あの子はやさしくてよかったって
一緒にいるときには やれあそこはダメだのここがイヤだの云ってたくせに
逃がした魚は大きいってか
いまさら気づいたって もう遅いんだってば


向こうが先にケンカをふっかけてきたから
買ってやっただけのことですよ
少々高くはつきましたけどね


物腰やわらかで優しい人だから断ることができないだろうって
勝手に決めつけないでくれますか
わたしにだって決める権利くらいあるはずです


右を向いても左を見ても
前を向いても後ろを見ても
味方なんてひとりもいやしませんでした
親だろうと兄弟姉妹だろうと
油断はできませんでした
いつ何時 攻撃されるかわかりませんでした
ずっとひとりでした
ひとりでずっと 緊張していました
だからいまでも 他人が苦手です
やさしさに怯えてしまうのです
何かあるに違いないと
ついつい勘繰ってばかりなのです
すみません ごめんなさい
あなたのせいじゃないんです
あなたが悪いわけじゃ
決して決してないのです
私の中のわたしが どうしてもそれを受け入れられないのです
拒絶してしまうのです
すみません
本当に あいすみません


ひとつ疑いだすと あれもこれも何もかも怪しく思えてくる
あの人もこの人もみんな人に非ず
みんな鬼の形相をしている
しているように見える私が
一番 人に非ず


一寸先から五里もその先も 真っ白な霧闇の中
どう生きていったらいいのさえも まるで見当がつかず
手探りで一歩一歩 模索しながら歩いていくしかない
そんな人生を 私は生きているのです


生きているのです




テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

新釈ことわざ辞典 | コメント:4 | トラックバック:0 |

風に吹かれて / エレファントカシマシ



しみじみと沁みいる曲です






テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>