縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

ある生徒の日記

9月5日(金) 曇り
  今日学校へ来たら 上履きがなくなっていました
  スリッパを履いて教室へ行ったら
  誰かのクスクス笑う声が聞こえました

9月8日(月) 晴れ
  教科書がまっ黒に塗りつぶされ
  ところどころ破かれていました

9月9日(火) 曇り
  給食にえのぐをかけられました
  それを食べろと云われました
  食べなければ殴ると云われ
  仕方なく我慢して食べました
  トイレで吐きました

9月10日(水) 雨
  掃除の時間 箒の柄で思い切り叩かれました
  ふたりに背中から抑えつけられ
  お腹を何度も殴られました

9月15日(月) 晴れ
  裏庭に呼び出されました
  殴ったり蹴られたり 首を絞められたりしました
  うるさいくらいに蝉がジィジィと鳴いていました

9月16日(火) 晴れ
  今日は靴箱に あきらかに犬か猫のものと思われる
  排泄物が置かれていました
  机の中は誰かが食べ散らかしたであろうパン屑や牛乳パック
  ゴミがぎゅうぎゅうに押し詰められていました 
  「どうせお前はゴミ箱だろ?」
  と笑いながら 誰かが空き缶を背中に投げつけてきました

9月17日(水) 晴れ
  トイレに入っていたら いきなり
  水の入ったバケツが降ってきました
  そのあとホースで散々水を掛けられました
  ドアを開けようとしても
  つっかえ棒をしていて開けられません
  休み時間が終わるまで続きました
  びしょぬれで教室へ行ったら 先生に怒られました

  放課後 散々殴られ蹴られしながら
  「明日、1万持ってこい」と云われました
  無理だよと断っても 聞き入れてくれません
  お母さんが洗濯物を畳んでいる間に
  こっそり財布から抜き取りました
  それから毎日のようにお金を要求されるようになりました

10月1日(水) 曇り
  今日 コンビニでマガジンを盗んでこいと云われました
  おもちゃ屋でゲームソフトを盗んでこいとも云われました
  出来ないと云えばひどい暴力を振るわれるだけです
  僕はなるべく何も考えないようにして
  マガジンを ゲームソフトを盗みました
  僕は悪い子です

10月3日(金) 晴れ
  今日 給食の時間 僕の分だけ配膳されず
  代わりに新聞紙に敷かれた犬の糞が置かれていました
  それがお前の餌だと云い
  みんなが見ている前で 四つん這いになって食べろと命令されました
  彼らは一体 何がしたいというのでしょう
  僕を辱めることが そんなに面白いのでしょうか
  逃げだすことも出来ず 泣きながらそれを口にしました
  一口だけで無理でした 
  僕が躊躇していると ひとりが頭を強く押さえつけ
  顔を犬の糞まみれにされました
  あまりに悔しくて 悔しくて
  逃げるように学校を早退しました
 
10月8日(水) 雨
  3人に押さえつけられ 無理矢理服をはぎ取られました
  女子もいたのに 僕はすっぽんぽんにさせられてしまいました
  服は教室の窓から放り投げられました
  僕はすっぽんぽんのまま 服を取りにいかねばなりません
  体操着に着替えようにも ビリビリに破かれてしまっていました
  仕方なく 3階からすっぽんぽんのまま とぼとぼと外まで降りていきました
  いっそ消えてなくなってしまいたい気分でした

10月10日(金) 晴れ
  毎日 殴る蹴るの暴行を受けてます
  中学に入ってからずっとでした
  どうして僕なのか なぜ彼らに選ばれてしまったのか
  いくら考えても答えを導き出すことができません
  きっと彼らにとって もっとも標的に出来やすかった
  ただそれだけが理由なのだろうと思います
  自殺しろとまで云われたこともあります
  僕には存在価値すらないということなのでしょうか
  水曜日 すっぽんぽんのまま3階から外まで降りていったとき
  途中で担任とすれ違ったけど 何も云ってはくれなかった 
  僕は誰に相談することもできないまま
  ただただ 彼らの為すがままになっていなければならないのでしょうか

10月15日(水) 晴れ
  明日までに10万持ってこい、と云われました
  持ってこなかったら 屋上から突き落とすとまで云われました
  持っていかなかったら 彼らに殺されてしまう
  どうしよう どうすればいい
  お母さんの財布から盗むのはもう無理です
  おばあちゃんにもらっていたこともあったけど
  10万円なんて僕には到底用意できそうにありません
  死んでしまいたいとは常に思っていたけれど
  殺されたくなんかない 絶対に殺されるのなんてまっぴらだ
  考えろ 考えろ 考えろ

10月16日(木) 曇り
  今日は具合が悪いといって 学校を休ませてもらいました
  学校へ行かなかったら 10万持っていかなかったら殺される
  胃の辺りがキリキリと痛みました
  おかゆを作ってくれましたが 数口食べて戻してしまいました
  こめかみ辺りがずっとピクピク痙攣しています
  僕が死んだら きっとお母さんもおばあちゃんも悲しむでしょう
  それだけは避けなければなりません
  今まで沢山 迷惑ばかりかけてきてしまったから
  これ以上 悲しませたくはありません
  昼頃 意識もはっきりしないまま外に出ました
  気が付くと ホームセンターの刃物売り場の前に立っていました
  1本のナイフを手に取っていました 
  傾けると反射して とても綺麗でした
  僕はそれを おもむろに懐にしまい
  一目散に走り去りました
  店の人には気づかれていないようでした
 
  僕は明日 このナイフを学校へ持っていくつもりです
  お母さん こんな僕をどうか許してください
  おばあちゃん どうか長生きしてください
  いままでありがとうございました
 
  僕が明日どうなっても 変わらず
  あなたの家族でいさせてください 




続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

救われたくて、救えなくて | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |