縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

子宮体がん手術 入院日誌

2017.2.12(日)
 子宮体がん手術のため入院
   ・10時30分に入院手続きを済ませ、看護師さんの案内で病棟へ。
   ・看護師さんから入院生活や手術についての説明あり。
   ・昼から絶食。飲料水は21時までなら飲んでいいとのこと。
   ・手術に備えて腸内をきれいにするため、下剤(ジュース状のもの)を
   ・約1時間くらいかけて飲むように指示され、一口ずつゆっくり服用。
   ・18時ごろから下剤が効き始めてきた。
   ・18時30分より点滴開始。
   ・執刀するはずだった先生が、今日入院してしまったと代わりの執刀医が
    あいさつにきてくれた。
   ・21時までしか飲み物(水もすべて)飲めないので、
    それまでに精神のクスリとポカリスエットなどをしっかり飲んでおいた。
   ・夜、手術の緊張に加え、看護師さんが点滴を交換しに
    何度も出たり入ったりしていって眠れない。
    おまけに点滴が血管から漏れてしまい、針を刺し直したり
    (私は血管が出にくい)で、結局、朝まで眠れなかった。

2.13(月)
 手術当日
   ・9時から手術開始。手術用の着物を来て、
    血栓防止用の弾性ハイソックスとT字帯をつけ手術室へ。
   ・手術台にのぼり、まず背中に麻酔を打たれるのだが、
    このときの痛み止めがめちゃくちゃ痛い。
    背中を丸めていないとうまく入らないからと云われても、
    痛みで体が仰け反ってしまうほど。
   ・背中に麻酔のチューブが入った後、仰向けになり吸入マスクをつけられ
    全身麻酔。大きく深呼吸を繰り返し、麻酔が効いてくるのを待つ。
    何度か看護師さんに体があたたかくなってきませんか?と尋ねられたが、
    そのうちに意識を失っていたらしい。
   ・6時間後、手術終了。 
    徐々に意識が戻って看護師さんに声を掛けられているのが解った。
   ・経験したことのないくらいの悪寒が全身を走り、
    極度の寒気から体がブルブル震えて止まらない。
    病室に戻り、電気毛布を掛けてもらったが、それでも震えが治まらない。 40.2度の高熱が出た。
   ・お腹に激痛。
   ・お腹周りに、ドレーン(リンパ液の廃液)の管(左右)と尿道カテーテル、
    背中からの麻酔、それに点滴。お腹は痛いし、いろんな管が通っているため 
    寝返りもうてなかった。
   ・口から水分が取れないので、いつもの精神のクスリも飲めず。
    代わりに点滴で眠剤を入れてもらったが、全く眠れなかった。
    看護師さんが何度も見回りに来ていたので、そのときだけ寝てるふりをしていた。

2.14(火)
 術後1日目
   ・相変わらず激痛。が、今日から少しずつ歩くよう云われる。
   ・午前中はベッドを起こして、座った体制に慣れる練習をし、
    午後はベッドから足を下ろして座った状態で足踏み運動を軽くやって
    そっと立ち上がってみることに。
    腹筋がすごく痛かったが、病室から廊下に出るくらいまでの距離を
    看護師さんに支えられながら、ゆっくり歩いてみた。
    たったそれだけの動きでも結構しんどかった。
    1度ベッドに戻り、しばらくしてからまた歩く練習。
    今度はナースステーションまでゆっくりゆっくり歩いた。

2.15(水)
 術後2日目
   ・朝、看護師さんに少しでも歩くよう云われたので、朝食のあとひとりで歩いたら
    まだひとりで歩かないで!と別の看護師さんに怒られた。
   ・お腹に刺すような痛み。痛み止めを飲んでもあまり変わらない。
   ・夕食から流動食が始まった。
   ・尿道カテーテルを外してもらったので、自分でトイレに行けるようになった。
    が、カテーテルを外した影響か、夜、3回も失禁してしまった。
    (無意識で、全然漏らしている感覚もなかったので、ちょっとショックだった)

2.16(木)
 術後3日目
   ・体に繋がっていた管を全部外してもらった。明日からシャワーOKとのこと。
   ・お腹の痛みは続いているが、痛み止めが少し効いて楽にはなってきた。
   ・夕食から全粥食になった。おかゆが食べられないので、かなりキツイ。
   ・夜、気づいたらパジャマが濡れていたので、また失禁かと思いナースコール。
    失禁ではなく、ドレーンが管を抜いた穴から漏れ出しているのだということ。
    ガーゼで処置をしてもらった。

2.17(金)
 術後4日目
   ・ドレーンの滲みだしが止まらない。特に右側がひどい。
    ガーゼを当てて様子を見ていたが、量が多いので患部に袋状の
    そこにドレーンが溜まるものをつけて様子を見ることに。
   ・相変わらずお腹は痛い。

2.18(土)
 術後5日目
   ・今日もドレーンの滲みだしが止まらない。

2.19(日)
 術後6日目
   ・右側のドレーンの滲みだしが少し落ち着いてきたと思ったら
    今度は左側の穴からドレーンの滲みだしが。ガーゼを当てて様子見していたが
    右側同様、ちょっと量があるので、同じように袋状のものを取り付けることに。
   ・今回の手術で、子宮と卵巣の全摘出およびリンパ節郭清を行った。
    リンパ節を切除すると、リンパ浮腫と云って、足に浮腫みが出やすくなるそう。
    それを防ぐためのマッサージの仕方を教えてもらった。

2.20(月)
 術後7日目
   ・右側のドレーンの滲みだしは大分落ち着いてきた。
    左側も朝の回診のときにはそれほど出ていなかったのだが
    シャワーを浴びたら、また滲みだしてきてしまった。
   ・右側の袋状のものは外して、ガーゼを当ててもらった。
   ・昼食から普通食になった。
   ・抜糸というか、傷口を綴じ合わせていた金具を外してもらった。

2.21(火)
 術後8日目
   ・左側のドレーンの滲みだしも大分落ち着いてきた。
    量もほとんど出ていないので、袋状のものは外して大丈夫だろうとのこと。
    外してガーゼを当ててもらった。

2.22(水)
 術後9日目
   ・お腹を縫い合わせたところの下の部分がちょっと開いてしまい
    そこから液が漏れてしまっていた。傷口は綺麗なので心配はないとのこと。

2.23(木)
 術後10日目
   ・ドレーンの滲みだしも落ち着いたし、お腹の痛みも大分やわらいできたので
    そろそろ退院していいとのこと。明日退院の見通し。
   ・夜、トイレに行ったら、パジャマのズボンが少し汚れていたのでお腹のところを
    触ってみると少し濡れていたので、急いでナースコールをして処置してもらった。

2.24(金)
 退院
   ・看護師長さんより次の外来の予約時間やそのときに持ってくる書類の説明と
    痛み止めの薬を受け取り、会計を済ませタクシーで家まで帰った
    (病院から家まで遠いため、荷物も多いし電車で帰るのはさすがにキツイと思い)。
   ・家に帰ったら尿?が止まらず、トイレから出たあともちょろちょろと
    ずっと出続けていたので、心配になって病院に電話。
    担当の先生はオペ中で出られないとのことなので、病棟の看護師さんに繋いでもらい
    事情を説明。もしかすると尿ではなく、ドレーンかもしれないから
    すぐもう一度病院にきて受診するようにとのこと。
    気にはなったが、やっと家についたばかりでもう一度病院まで戻る元気も
    なかったので、一旦様子を見ます、と云って電話を切った。
    その後もしばらくは出続けていたが、少し眠ったら落ち着いてきたので
    このまま経過を見ることに。

☆術後のあの悪寒には一瞬、このまま死ぬのか?などと変なことまで考えてしまった私ですが、
 またこうしてブログを更新できるまで回復することが出来ました。
 まだ、お腹のドレーンのところの傷が完全に塞がっていないため、引き続き自己ケアは必要ですが、
 まずはひとつ大きな山を乗り越えたのかな、という気がしています。





テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

雑記 | コメント:6 |

久々更新、今年もよろしくお願いします

大分、更新を怠っておりました
遅ればせながら(もう2月だってのに)、あけましておめでとうございます
今年も不定期にではありますが、のんびり更新していきたいと思っておりますので、
よろしくお願い申し上げます。

昨年末、子宮にがんが見つかりました。
2年くらいずっと不正出血が続いていて、
あんまりだらだらとずっとあるので、気になって近くの婦人科へ受診したところ、
子宮に大きな影があると云われ、すぐに大きな病院で精密検査を受けるようにと、
その結果、子宮体がんと診断されました。

年明け早々に検査入院し、子宮内膜掻把術というのを受けました。
転移はしていないものの、子宮内膜内のがんの広がりがかなり大きく、
筋層にまで達している可能性があるとのこと。
最初の説明では腹腔鏡手術で簡単に取れるような説明だったのに、
蓋を開けてみれば開腹してリンパ節まで切除しないといけない、とのこと。

がんと聞いてもはじめはあまりピンと来ていなかったのですが、
さすがにそこまで云われると結構ガチで怖くなってきてしまいました。

しかも、本当は今月2日に手術予定だったのが13日に変更になったりと、
そんな先延ばしにして本当に大丈夫なんだろうかと、ますます不安は増すばかり。

背中に麻酔打つらしいけど、多分ものすごい痛いんだろうなあ、とか、
子供のころ扁桃腺の手術した時、全身麻酔が全然効かなかったけど、
今回は大丈夫だろうか、とか、
お腹切られたらどれくらい痛いんだろうか、とか
執刀医と顔を合わせたことが1度もないんだけど、大丈夫なのか、とか
色々いろいろ考えてしまう毎日です。

とはいえ、あと何日か後には手術の日を迎えます。
四の五の云っても仕方がありません。
ここはもう腹を括って、医師に任せるしかありませんから。
なんとか頑張ってきます。

また、詩が描きたいです。
元気になって戻ってきます。
話の続きはまたその日まで。



テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

雑記 | コメント:4 |
| ホーム |