縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

生き方試験

*******************

私は 言葉に飢えている

*******************

期待は失望を連れてくる 希望は絶望を孕んでいる

*******************

右のものを左にしたって 
縦のものを横にしたって 
上手く行かない時は上手く行かない 
そういうふうに出来てるんだ

*******************

他人を愛するにはまず自分からなんて 
愛されたこともないのに愛し方なんて解るわけないじゃない

*******************

辛いのは 悲しいのはあんただけじゃないなんて言われて 
それでどう納得すればいいっていうんだ

*******************

竹を割ったような性格というが 
人間を真っ二つにすら割ることなんて出来ないのに 
その根拠はどこから来るのだろうか

*******************

辛いと思えるうちはまだマシなのよ 
なんとかしたいという気持ちがあるから

*******************

いつか終わる 
そのいつかが例えば明日だと云われたら 
もっと切実な今日を送れるだろうか

*******************

誰かが死んでもいいよって云ってくれたら 
ボクは死ぬことができるだろうか

*******************

もどかしいという言葉の意味をしみじみ噛みしめる夜

*******************

怖い怖い 人間がなにより怖い

*******************

雨音に耳を傾けて 
嗚呼なんていい気持ちだろう 
このまま弱り切ったこの心を叩きのめしてはくれないか

*******************

すべてを諦めたと云いながら 
未練たらしくいつまでも 
生きることをやめられないでいるのです

*******************

眠れない夜 
誰かの声が聴きたくて 
ダイヤルをプッシュする117

*******************

幸福なんて 
喩えばマッチ売りの少女が視た幻影のようなものなのよ 
手を伸ばした途端に跡形もなく消えてしまう 
あとに残るは無残な燃えカスと凍え切った躰
誰に知られることもなく 雪が静かに降り積もる

*******************

あなたにとっての本当と 
私にとっての本当は違うんだと 
今更ながら知った夜

*******************

気にしてないってフリするのも キツイもんなんだぜ

*******************

あの時貴方に いつまでも同じ場所で立ち止まらないでって云ったけど 
いつまでも立ち止まったままなのは私の方でした

*******************

変われないんじゃなくて 
変わろうとしないから 
いつまで経っても同じ処から動けないんだ

*******************

お酒に酔って 前後不覚になって あなたにキスしたい

*******************

サヨナラよりも酷い言葉だった 
終わりはいつも決まって
こんな味気ない忌々しい気持ちにさせられる

*******************

私には帰るべき故郷がない 
私が帰れる場所は自分自身の中だけなのだ

*******************

悲しみってやつはどうしてこんなにも 
塩っ辛い味がするのだろう

*******************

あたしは孤独と生きていく 
淋しさなんて遠に忘れてしまったわ

*******************

選ぶという選択 
しかし選ばないということもまた 
ひとつの選択に他ならない

*******************

何をしてもわざとらしく見える人というものはいるものね

*******************

新しい服と靴を買った まだ当分は生きそうだ

*******************

優しさが余計すぎる人がいる 
彼らは一様にあなたのためだなんていうけれど 
こちらから云わせてもらえば 
そうしている自分に酔ってるだけだろって

*******************

遠くへ行きたいってずっと思ってた 
どこへ?って聞かれた 
答えられなかった 
ただここじゃないどこかへ行きたいと 
生きたいと思っていた

*******************

この世界が終わりを迎えても 
そこからまた花は芽を出すだろう 
何もない荒野の果てでただ一輪 
凛として風に揺れながら

*******************

生きることにもし試験があるとすれば
きっと僕は落第するに違いない

*******************




スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

連詩 | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。