縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

僕を見つけてくれませんか


どうでもいいけど その靴左右反対だよ
どうでもいいけど そのTシャツ裏側だよ
どうでもいいけど 哀しいことが多い気がするよ
どうでもいいけど 何も出来ないことが
くやしくってたまらないよ
どうでもいいけど ただ去っていく人を
見送ってばかりいるよ
どうでもいいけど どうでもいいけど
いまだに自分の人生に慣れずにいるよ
ただ生きてるだけで 人に嫌われてしまうよ
ただ生きてるだけで 人を嫌ってしまうよ
自分で自分を手なずけることも出来ないで
明日がくることを この上なく恐がっているよ


どうでもいいけど どうでもいいわけないよ
いいわけないから 何とかしようと思っているのに
思っているのに
そんな日に限って
朝が早くやってくるよ


誰か僕をみつけてくれませんか
声をかけてくれませんか
救ってほしいなんていわないから
そんな図々しいこといわないから
誰か僕と 仲良くしてくれませんか





テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<古いレコードを聴いていた | ホーム | 縫いとじられない赤い糸>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |