縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

風にふかれながら

11月ともなるとさすがに
コートやマフラーなしでは
寒くて外を歩けなくなってきました


街には枯葉がヒラヒラ風に舞って
君に会えないこんな日々に
落ちては積もり
積もっては風にふかれて
散り散りになっています


君は今頃 どうしていますか


まわりを見渡せば
優しくしてくれる人は
いっぱいいるのに


いやむしろ
優しい人ばかりだというのに


君がここにいないということが
他のどんなことよりも
ボクをひとりぼっちにさせているのです
勝手に胸を締め付けて
勝手に苦しがってばかりいるのです


バカですか バカですね
こんなことを云ったら
君はきっと 呆れてしまうでしょうね


こんな気持ちになるのはきっと
頬を過ぎる少し冷たい風と
枯れゆくこんな季節のせいだと
思いこもうとしてはみたのですが


そんな季節特有の感傷物なんかじゃ
どうにもこうにも処理しきれそうになくて
ただこうして 雑踏に佇んで 
舞い散る落ち葉を眺めては
君の面影ばかりを探してしまうのです


ホント どうしようもないですね
自分でもわかってるんです
笑っちゃうくらい わかってるんだけど


それでもやっぱりボクは
もうずっと君に会えないなんて
信じたくないのです
信じることを止めてしまったら
本当に本当に会えなくなってしまうから
それを理解してしまえるほど
ボクは強くもなんともなれないから


抱えている淋しさも
いつかまた 君に会うために必要なものならば
ボクはもう逃げずに 目を逸らさずに
この厄介者と
ちゃんと付き合ってみようと
手をつないでみようと思います


そして 
その日が来るまでには
いまよりもう少し もう少しだけ
自分を好きになっていられるように
君にちゃんと笑顔を見せられるように
この街の乾いた風にふかれながら
負けないように
負けないように
生き続けようと思います


だから だからさ
君もその日まで
絶望せず 生きていてください
どうかどうか
生き続けていてください



どうかその日まで
元気で

どうかその日まで
ボクも 
元気で




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

友への手紙 | コメント:0 |
<<たゆたう | ホーム | 名前 / amazarashi>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |