縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

たゆたう

波に揺られて 行けるとこまで行こう
水平線に広がるオレンジ色の光が
未来の秘密を打ち明けてくれそうだったから


昨日は最低だった
鳴り続ける電話のベルに気が狂いそうになって
狭い部屋の隅 ひとり震えてた
友達についたウソがばれて
もう 口もきいてくれない


だから
このまま波に揺られて 行けるとこまで行こう
なにもかもはじめから なかったことにして
あのオレンジ色の光まで




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |
<<もう笑うしかない | ホーム | 風にふかれながら>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。