縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

もう笑うしかない

満員電車でおもいっきり足踏まれて
紫色した髪の毛のおばちゃんに凄い形相でにらまれて
駅に降りたら財布ごとすられてて
警察駈込んだら おまわり冷たい態度
ぐったりこんで家にたどり着けば 鍵が見つからない
バッグひっくり返し 隣人からは怪しい人扱い
やっとのこと辿り着いたベッド
こんな日はもう 笑うしかない
笑うしかない
誰のせいにしても始まらない
明日はきっと いいことある
いいことある


近所の飲み屋から聞こえるヘタクソなカラオケの音
上階から聞こえるドスンドスンという物音
深夜1時過ぎ 突然鳴りだす知らない番号からの着信音に
目が覚めたら眠れない
こんな日はもう 笑うしかない
笑うしかない
鏡の中のあたしの顔は ややひきつっているけど
明日にはきっと いいことある
いいことある




テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |
<<音符の壊れたメロディ | ホーム | たゆたう>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |