縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

あるコミュニケーション障害者の告白

もう何日、眠れぬ夜が続いているのでしょう 
僕が今見ているこの景色が 現実なのか夢なのか 
まるですべてがぼやけて見えているのです 
昨夜は少し気分が高揚していたのか、夜中の1時に突然電話なんてしてしまって 
あなたに大変なご迷惑をかけてしまいました 
なにかとても不躾なことを口走ったりしていませんでしたか 
もしも昨夜 あまりにもわけのわからないことを口走ってあなたを困らせていたなら
遠慮なく叱ってくださいね 


いくつになっても他人に馴れることができません 
子供のころからの赤面症はいよいよひどくなるばかりだし
他人と面と向かっただけで不安と緊張が最高潮に達してしどろもどろ 
自分でも一体何を云っているのか
頭の中は真っ白け 焦って焦って
まったくもって訳のわからないことばかり口走ってしまっては
場を白けさせてしまうのです
それ以上もう 言葉が続かなくなってしまうのです 


嗚呼、どうして僕はこうなのでしょうか 
あなたの云うように 誰彼かまわず自分を曝け出してしまえたなら
どれほど楽になれるかしれません 
何もかもジョークにして笑い飛ばしたり
身構えないで声を掛けられたなら どんなにいいだろうと自分でも思います 


でもダメなんです 出来ないのです どうしても
怖いのです 僕は人の眼が怖くて仕方がないのです 
どんなにやさしそうに見える人であっても
気さくに話せそうに見える人であっても 
その眼の中に、あきらかな拒絶の感情を読み取ってしまうのです 
壁を作っているのが解ってしまうのです
入ってくるなという心の声が聞こえてしまうのです


おかしいですか おかしいですよね 
きっとあなたは云うでしょう 
考え過ぎだと 他人はそこまで思ってやしないと
主治医にも云われました
それは典型的な病気の症状なんですと 
自分でも薄々は解っているのです 
あなたや主治医の云ってることの方が、おそらく正しいのだということを 
けど 頭では解っていても心が反応してしまうのです
見えてしまうのです 聞こえてしまうのです
自分には 呼び鈴を押すことさえ空恐ろしいのです


たとえそれが鍵のかかっていない扉だとしても 
僕はその扉を勝手に開けることができないのです 
その扉の前でずっと立っているわけにもいかないから 
僕はだからいつもひとりなのです 
何も気にしないそぶりで まるでそれが当然というような顔をして 



呆れてしまいましたか? 
こんなものですよ 僕なんて 



それでも あなたがいてくれたから
僕は今日も生きていることができているのです 
こんな僕でも 壁を作ることもせず 
扉を開け放っていてくれるから 
頑な僕の扉をスッと開けて入ってきてくれるから 
なんとか生を続けていくことができているのです 
こんな僕でも 生きていていいのかなと思わせてくれているのです 
僕は あなたといる時間をとても居心地よく感じているのです 
あなたは決して ズカズカと入り込むようなことはしないから 
いつも適度な距離を保っていてくれるから 
僕にはそれがとても とてもうれしかった 
嘘偽りない これが僕の正直な気持ちです 


なんだか長々ととりとめのない話をしてしまいましたね 
他人が怖くて 人間が 自分が大キライで 
自分のダメさ加減ばかり指折り数えては 考え耽っていた僕ですが 
あなたが生きる今日を 僕も生きたいと思うようになりました 
へたくそな生き方しかできないけど それでもあなたが笑ってくれるから 
へたくそなままでもいいのかもしれないと 思えるようになりました
 

変人と他人が云うなら 僕は間違いなく変人の部類に入る人間です 
けど 変人でない人間などいるのでしょうか 
同じ人間なんていないんだし 考えていることも信じていることも各々違うわけだし
多かれ少なかれ みんなどこかおかしくて どこか変わっている
僕にはそんなふうに思えてならないのですけど 


あなたが好きになってくれた僕を もう一度全力で肯定してみようと
あなたが受け入れてくれた僕を もう一度手放しで受け入れてみようとば
それが僕のいまの 心からの願いです



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 |
<<友達 | ホーム | A BOY / 森田童子>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |