縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

友達


昔の数少ない友達も 今年で40になる
みんないい歳である
仕事でもそれなりの地位を築いているに違いない
結婚はしているだろうか
多分していることだろう
子供はできただろうか
多分できたことだろう
結婚や出産が一概に幸せかと云われたら
それは違うのかもしれないが
私の頭の中では 彼らはとても幸福そうだ


昔はいろんなことを話し合ったりもした
今では連絡先さえも知らない
向こうの住んでいる市町村が合併して
名称が変わってしまってから
てんでわからなくなってしまった
でも私は それでいいと思っている
別に今さら知ったところで何を話すわけでもない
普通に仕事して結婚して幸せな家庭を築いてる
私の方ははもう半分以上壊れかけているというのに
かつての友達にそんな姿を見られるのも見せられるのも
自分が惨めになるだけだ
いっそ 友達も不幸であってくれたらいいのにと
心のどこかで思ってしまう自分がいるから
さらに始末に悪い


昔の友達は 昔の思い出の中でだけ
友達であれば それでいい





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |
<<サヨナラも云わずに | ホーム | あるコミュニケーション障害者の告白>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |