縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

救われない命とその後遺症について

ごはん食べるのがちょっと遅かっただけで
服を着替えるのにちょっと手間取っただけで
殴られて蹴られて
挙句の果てに殺されてしまったその子の名前を
誰が呼んでくれるというのだろう


助けてって声もあげられなかった
その子の声を
一体誰が聞いてくれるというのだろう



          おかあさんおかあさんおとうさんおとうさん
          ぼくをうみたくなかったの
          ぼくはうまれてきちゃいけなかったの
          どうしてそんなかなしいかおするの
          ぼくがいけないのぼくがわるかったの
          ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
          めいわくかけないようにするから
          ちゃんとひとりでできるようになるから
          おねがいだからそんなめでにらまないで
          おねがいだからそれいじょうぶたないで
          おかあさんそんなこわいかおしないで
          おとうさんしょうゆのびんをなげつけないで
          ぼくをきらわないでぼくをすきになって
          いいこにするから いいこになるから
          ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
          うまれてごめんなさい
          めいわくかけてごめんなさい
          どうかこれいじょう ぼくをなぐりつけないで


          誰だって最初から子供を死なせるために産むわけじゃない
          憎むために子供を育てるわけでもない
          一体なにがいけなかったんだろう
          一体どこで狂ってしまったのだろう
          ねえ教えてよ
          一体どうやって愛してやればいいのですか
          愛し方なんて知らない 愛され方なんてわからない
          私だって俺だってこうやって育てられてきたんだ
          これは暴力じゃない
          暴力なんかじゃない
          躾だ躾のためなんだ
          間違ってない間違ってない
          間違ってるわけない絶対にない絶対に



救われない命は繰り返す
救われない命は繰り返す


誰がその子の声を聞いてくれるというのだろうか
私はその子の声を聞き逃さないといえるのだろうか


自分の悲しみでいっぱいいっぱいで
他人のことにまで関りたくはないと
両耳をふさいで知らん振りばかり


見えない聞こえない感じない
何も届かない何も響かない
自分の安全が第一で
自分の幸福が第一で


私だって同じ思いをしていたのに
助けてって声もあげられなかった
誰も助けてくれなかった
諦めるしか 我慢するしか
生きる術がなかった


ニュースを聞くたび いつも思ってた
みんな聞こえてたんじゃないか
みんな知ってたんじゃないか
だけどなにもしなかったじゃないか
なにもしてくれなかったじゃないか
あのとき なにか行動を起こしてくれていたら
こんな悲しい結果にならなかったんじゃないのか
いつも何かあってからじゃなきゃ
誰も彼も私もあんたも
何もしない何も考えない


だけど だからこそどうしても
書かずにいられなかったんだ


ふみつけられた者の行き場のない怒りを
笑顔に裏打ちされた涙のあとさきを
繰り返される悲しい過ちを
助けてって声もあげられずに死んでいった小さな命を
過去や未来や今を
自分の弱さずるさ卑怯さすべてひっくるめて
見えるものからもう目をそらさないように
聞こえる声に もう耳をふさがないように
忘れないように
忘れないように



ちゃんと
ちゃんと







テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

救われたくて、救えなくて | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あたためますか | ホーム | 古いレコードを聴いていた>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |