FC2ブログ

縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あの声で蜥蜴食らうか時鳥

ああ云えばこう云うって
昔ああいえば上祐っていう流行語もあったわね
ああ言って ああ返したら
ただのオウム返しじゃない
あ 気づいた人は気づいたわよね
云わなてもわかってくれるわよね? ね? ね?


怒りは敵だと思えというけど
我が身を滅ぼす危険があるのなら
どうしてこんな感情を人間に植え付けたのかしら
必要だから植え付けたんじゃないの?
身を滅ぼすほどの危険な感情なら
最初からそんな危ないもの 植え付けないでもらいたかったわ
いつもいつも にこにこなんてしてはいられない
寺山修司の「田園の死す」でも云ってるじゃない
怒らない人間が大嫌いなんだ
亭主が浮気したら怒れよ
たまには包丁でも振り回してやれって
いつも許してばかりいたら 何してもいいと思われてしまうのよ
たとえそれで身を滅ぼすことになったとしても
やっぱり怒ることは必要だって 私思うわ


売り言葉に買い言葉
売っているものにもよるでしょうけど
自分の癇癪に訴えかけられたら
それはもう買うしかないでしょう
でもこれには注意が必要なんです
買い手が調子に乗ってると
どんどん売り手が値を釣り上げてきますから
適当なところで妥協しないと
馬鹿高い対価を支払わされるはめになりかねませんから
注意が必要です


人を見たら泥棒と思えって
そしたら家族も教師もクラスメイトも上司も同僚も
どいつもこいつもみんな怪しく思えてきて
とてもじゃないけど 安心して生活していくことなんてできないわね
母は私をまるで自分の分身のように扱う
私自身を完全に盗んでしまった
父は仕事を言い訳にして 滅多に家に帰ってこない
母はそのことでいつもイライラしていた
父はこの家の幸福を壊した
そう云われてみると みんな何かを盗んで生きてる
みんな盗人だ みんな泥棒だ
ああ 私は何を盗んで生きているんだろう


背に腹はかえられない
確かに腹は大事だけど
背中だって背骨とか脊椎とかあるし
決してぞんざいに扱っていい代物ではない気がするのは
私だけかしら


あいつの面の皮を剥いでやりたい
化けの皮を暴いて 本性を曝け出してやりたい
って面の皮一枚剥いだところで
一体何が暴けるというのだろう


他人は 人の重箱の隅をつっつくのが
実に好きだ
とくにその人が良い人だったりすると
裏になにかあるに違いないと
探りたくて仕方がない
何を見つければ満足なのだろう
何があれば満足なのだろう
人の重箱つっつく暇があるなら
まずは自分の重箱を綺麗に洗えよって
思ってしまう私です


青柿が熟柿弔う
私は熟しきったとろっとろの柿
子供のころから結構好きでした
もう透明に近くなったそれを
スプーンでほじくって食べるのが至福でした
まだ青いガキの柿には
その良さがわからないんだろうな
弔ってもらっては こっちが困ってしまいます


骨が粉々になるくらい身を砕いたら
頑張る前に 死んでしまうと思うんですけど


百害あって一利なし
どうして百がすべてだと思うのかしら
百害あって一利もないのに
煩悩の数は百八もあるのはどういうわけでしょう
世界は広いんです 宇宙はもっと広いんです
見上げてごらんなさい
広大な空が 無限に広がっているでしょう
百くらいでこだわっているのが
バカバカしく思えてはきませんか


暗がりに厳つい顔をした鬼がいるのではないかと
常に心に疑いを持ちながら生きていくのは
もう疲れました
他人の意見に流されて ただ漠然と生きるのも嫌になりました
もっと考えたいと思います
生きることについて 死ぬことについて
そして もう一度何かを
誰かを信じていきてみようと思います


満身創痍
傷だらけだってかまわない
これからも私は
私自身を 生きていくのみだ






テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

新釈ことわざ辞典 | コメント:0 |
<<そうして今日も陽は暮れて | ホーム | 大人守唄>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。