縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あたためますか


愛ってなんですか
たとえばそれで おなかは満たされますか
今月分の家賃が払えますか


愛ってなんですか
たとえばそれは ふかふか毛布よりもあたたかいですか
疲れた体を癒してくれますか
この連日連夜の不眠が治りますか


愛ってなんですか
たとえばそれは包帯のように
心の痛手をそっと包み込んでくれますか
消えたい死にたい生きていたくない
このどうしようもない想いを
救ってくれるとでもいうのですか


飲み干しても飲み干しても
カラカラに渇いて 決して潤うことのない
この心は一体なんなのですか



愛と名をつければ何でも許されてしまうのですか
どんなに酷い暴力をふるわれても
どんなにひどい暴言を浴びせられても
「愛してる故」と云われてしまったら
もう他に何も云えなくなってしまう


愛とかいうものの裏側には
皿がとびグラスがとび炊飯器がとび
罵声がとび憎しみがとび
包丁がとび
いますぐ殺せがとび
そうして咽びなく声がとんでいるというのに


目を閉じ蓋をして見ないようにして
きれいな上澄みだけをそっとすくって撫でているばかりで
それを知るまでは絶対に正体を現さない


その証拠に ほらごらんよ
都合よく語られた愛の残骸が
そこらじゅうに吐き捨てられてるじゃないの


それでも それなのに
なにゆえ皆 愛が欲しいと泣くのでしょうか


不安で不安で押し潰されそうな夜
ひとりきりでいるのが怖いから淋しいから
貴方の声を聞きたくなって
貴方のぬくもりに触れたくなって


深夜2時に電話して嫌われる


愛は簡単に人を狂わすのです
愛の温度なんて
あたため続けなければ
すぐに冷めてしまうものなのです
コンビニのお弁当みたいに
レンジでチンすることなんてできないのです


愛はまるで使い捨てカイロのようです
あたたかいうちはいいけれど
冷めてしまったらもう用済み
ポイですよポイポイ


     他人を殺すこともあるでしょう
     弱いものを苛めることもあるでしょう
     互いに憎しみあっているのに
     見返り欲しさに離れられない関係もあるでしょう
     邪魔だからうるさいからめんどうだから
     まだ幼い子供を置いて 出て行ってしまうこともあるでしょう
     自分のことしか考えていないくせに
     離婚しない理由を子供に擦り付ける親もいるでしょう

     家にも学校にも会社にも居場所がなくて
     どうしようもない気持ちをクスリで誤魔化そうとしてみたり
     散々暴力をふるわれたあと 泣きながら抱きしめる男と
     いつまでも離れようとしない女もあるでしょう

     こんな ただ重くて暗いだけの詩しか書けないくせに
     同じ思いをしながら言葉にできない人たちに
     声をあげやすくしたくて書いてます だなんて
     自分のためにしか書けないくせに
     何格好つけたこと云ってんだか


愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛
アイアイアイアイアイアイアイアイアイアイ
あああああもうっ
お猿さんでもあるまいし バカのひとつ覚えみたいに
それで傷つく奴だっているんだよ
それで生きづらくなってる奴だっているんだよ
そんなに大事なもんなのか愛って奴は
そんなに必要なもんなのか愛って奴は


そんなに大事なものなら
なんでそう簡単に壊したりなんかするんだよ
そんなに必要なものなら
なんでそう電車に傘忘れてきちゃうのと同じレベルで
どっかに置き忘れてきちゃったりするんだよ


痛いよ 痛いってば
壊れた愛の破片が心の奥深くに突き刺さって
痛くてしょうがない


怪我をするのは何も ガラスの破片ばかりではないのです
都合よく語られる実体のないものに
首を締め付けられることだってあるのです
血の涙を流すことだってあるのです


愛は決してきれいで美しいものなんかじゃないのです
血なまぐさくてグロくて生々しくてとても残酷なもの


実体がないくせに 扱いだけはもっとも難しいもの





それは一体 なんですか





テーマ: - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<使用上の注意 | ホーム | 救われない命とその後遺症について>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。