FC2ブログ

縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そうして今日も陽は暮れて

2018年 平成30年なんだって
昨年の今ごろは 入院だ手術だって忙しくしてたのが
まるで昨日のことみたいだよ


新しい年が始まったばっかりだというのに 
こんなこと云うのもどうかと思うけど
なんだかもう 何もかもどうでもよくなっちゃってさ
行ってた作業所も辞めちゃって
ごはん食べるのもめんどくさくなっちゃって
部屋の掃除するのも億劫で
詩を描く気力さえ失せちゃって
ほら またあの病気がはじまったよっていう体で


けどおかしいのはさ どうせ朝起きられもしないんだから
目覚ましなんかセットしなきゃいいのに
解除するのもめんどくさくって
毎朝きっちり5時30分にスマホから鳴りだす中島みゆき
また朝がきてしまったと ひどく気分が落っこちちゃって
それは決して中島みゆきのせいなんかじゃなくて
いい歳こいた大人が いまだにどうやって生きていったらいいのか
いっそ消えて無くなってしまえばいいのにと思いながら
無駄に肺呼吸しているだけの自分に ほとほと愛想が尽きるからで


読みたくて買ったドストエフスキーの『罪と罰』は
文字を追うばかりで内容が全然入ってこなくて
どこにも行きたくないから部屋着のまま 髪もボサボサで
やることと云ったら 一日中ドラマばっかり観てて
昨日は『カルテット』全話観ました
一昨日は『最高の離婚』で
その前が『Mother』でした
今日は『それでも、生きていく』を観ようかと思ってます
ってそれ全部坂元脚本じゃんと
そこは突っ込まないでやってください


午前8時 窓の外 
寒空の下 冷たい風に身を縮め
マフラーに顔を埋めながら通り過ぎていく人たち
あたしはもう一度布団の中で丸くなり 自分をダメにする



          誰に似たんだか 娘が頭がいいだってよ
          そうですか 似ていて悪かったですね


          言葉に棘があるんだよ 誰かにそっくりだよ
          そうですか そっくりで悪かったですね


          感謝されたって憎まれる筋合いはない
          そうですか 感謝って人に云われてするもんじゃないですよね



悲しみのない人間なんかいない
悩みのない人間なんかいない
他人から見たら大したことじゃないことでも
ケガをすれば 血を流せば
痛いことに変わりはない


あたしは疲れてしまったんだ
他人があたしに対して壁を作っていることにも
それが解ってしまうことにも
言葉じりをとって いちいちつっかかれることにも
見た目ばっかり気にしてしまうことにも
決して通じ合うことのできない想いにも
些細なミスで すべて台無しにしてしまう自分にも
去られるくらいなら 最初から関わらなければいいと
全然大丈夫じゃないくせに 大丈夫なふりするその態度にも


だからもう あたしは人に期待なんてしないと決めた
期待なんて所詮 自分の思い通りの返しが欲しいだけだから
あの人がこう云ったから あの人にそうされたから
何を云ってもらえば 何をしてもらえれば満足するのか
期待は失望を生む 期待は不満を生む
不満はストレスになり 積もり積もればいずれ大爆発だ
誰も得しない
だからあたしはもう 期待することをやめたんだ
他人にも 自分にも


20歳の誕生日がきたら自殺しようと考えていたのはいくつのときだったっけ
あれから20年
いまだ 何ひとつ変わっちゃいないよ
変わったことと云えば ここ10年余り
精神薬が手放せなくなったってことくらい


一生懸命に生きてる人からしたらふざけんなだろうけど
なんかもう 何もかもどうでもよくなっちゃってさ
ホント 何にもする気が起きなくって
眠れない夜 温かい紅茶を飲みながら
パソコンの前に座って観ている
それでも、生きていく




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 |
<<目次 | ホーム | あの声で蜥蜴食らうか時鳥>>

コメント

生きてください。今は辛くても。ぼくは死ぬまで生きることが人生の目標です。生きることに命懸けなのです。そういう生き方だってあっていいんですから。
それから、そういうときは、せめてご自分を甘やかしてあげてください。酷寒のおり、御身御大切になさってくださいますようお願い致します。
2018-01-24 Wed 18:42 | URL | 偕誠 [ 編集 ]
お久しぶりです、偕誠さん
コメント、ありがとうございます

ちょっと抜け出すのが厄介なところに
ハマってしまったみたいです
誰にも責められない代わりに
誰も私がここにいることさえ知らない
 ♪寝心地は最低 居心地は最高
    (中島みゆき「ベッドルーム」)
みたいな

感情をどっかへ失くしちゃったと思ってたんですけど
この前、何故か突然胸が苦しくなって
思いっきり泣いたんですよ
もう泣けて泣けて、なんで泣いてんのかよくわかんなかったですけど
したら急に詩が描きたくなって
できたのがこれです

いまの自分のこのどうしようもなさと
向き合うことができて
それを、下手なりに言葉に出すことができたので
まだ大丈夫かもしれない、と思いました

やさしい言葉を掛けてくださって
ありがとうございます

まれに見る大寒波が日本中を席巻しています
偕誠さんも、どうぞお体大切に

ではまた
2018-01-25 Thu 17:40 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。