FC2ブログ

縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

終わりとはじまり

2018年も残すところあと3週間を切りました
なんだかあっという間に過ぎていってしまったような気がします

なんてことを云うと、なんだかすごく忙しかった1年のように聞こえるかもしれませんが
はっきり云って私はこの1年、ほとんど何もしてませんでした

何もしていない、というより
すべてに対してどうでもよくなってしまって
自分なんてとっくの昔に終わってるのに
この先生きてなんになるのかとかなんとか
とにかく、終わりにするつもりで
それでも、いつまで経っても死にきれない自分を
もてあましながら日々の時間の中に埋もれていました

朝がきて夜がきてまた朝がきて
窓の外で流れていく日々を
まるで阿呆かなにかのようにただ呆然と眺めていました

なにもかもが他人事のように思えて
早くこの世界からおさらばしたいと思っているのに
心のどこかでは、まだ何もしていない自分に気がついていたりもして
どうせ死ぬなら、やりたいことやってからでもいいんじゃないかと

まず、買いだめたままの本を読みました
「嘘を愛する女」
   映画観たかったんだけど、行けなかったのでその代わりに
   名前も経歴も過去もすべて偽らなければならないほどの事情にしては
   ちょっと薄い印象
「がん消滅の罠 完全寛解の謎」
   自分もがんになった身として気になっていた一冊
   読みやすく、途中までは面白く読んでいたんだけれど
   終盤にかけて徐々に失速していってる感じがした
   医療ミステリーとして、何故末期のがんが消滅したのか
   その謎を解き明かす話に徹底してもらいたかった
「終わりの物語」
   物語の結末は、ひとそれぞれ
「かがみの孤城」
   文章が好きになれなかった
   途中で大体のことが解ってしまうし
「噛み合わない会話とある過去について」
   タイトルに惹かれて読んでみたけど、やっぱり表現の仕方が好きになれなかった
   云いたいことは解らなくはないんだけど、う~ん...
「未来」
   未来から来た手紙がたとえ誰かの手によって描かれた嘘の手紙であっても
   いま辛い思いを強いられている子供たちにとっては
   生きていく指針になりえるかもしれない
   生きて、という言葉より、死なないで、という言葉よりも
   すっと心に届くメッセージのような
「罪と罰」
   途中で挫折
   面白いのですが、同じ人物で呼び方が変わったりしてちょっと混乱
   気になる内容なので、少し時間を置いてからもう一度読んでみるつもり

図書館へも行ってみました
近所を散歩したりもしてみました

いろいろ試してはみましたが
まず、図書館へ行って帰ってくるのが億劫で
近所の散歩も、まわりにあるのは大学くらいで
おまけに道幅が狭く、どこまでも1本道なため
なんの面白みもなく
結局は、ダイソーやドラッグストアなどを覗くくらいしかなくて

それに、歩いている時に自分のすぐ後ろで誰かがしゃべっている声に
後ろから思いっきり言葉というバッドで殴られてるみたいなザワザワした気分になり、
通り過ぎていってくれればいいんだけど
ずっと後ろの距離をキープしながら歩いてくる人もいたりするから
それが結構きつくて
自ずと、買い物以外あんまり出歩かないようになってしまうという結果に

意外だったのが5月くらいから徐々に調子がよくなってきたということ
それはなんだかものすごく、気持ちが悪いくらいに
気候がよくなったせいもあるかもしれないけれど
一番はやっぱりエレカシの曲に、歌詞にグサグサ突き刺されたこと
生きる屍だったことに今さらながら気づかされたのです

7月、友達とライブに行きました
1曲目「Easy Go」から2曲目「風と共に」で早くも泣きそうになりながら
毎回行くたびにエレカシの凄さに圧倒されるのですが
今回は自分の状況なんかもリンクしたせいか
格別のものがありました
場所も割といい位置にいけたので結構よく見えたし
云わずもがな、ミヤジはやっぱりセクシーでカッコよかったし
ホント、最高の時間でした

もう一つ、ウッチャンの大車輪に挑戦する動画
ウッチャンナンチャンは一番最初に好きになったお笑い芸人さんで
今も(特にウッチャン)好きなのですが
何度観ても泣けてくるんですよね
ホント凄い

エレカシとウッチャン大車輪に動かされるように、
6月から簿記の勉強を始めました
朝も大体決まった時間に起きるように決めて
9時から12時まで
昼からは自由時間ということにして、
動画を観たり、読書したり、外出したり
朝決まった時間に起きることと
決まった時間勉強すること
昼寝はしない、と決めたことで
以前より少しは罪悪感が減ったような気がします

いまは日商3級を勉強してますが
2級にも挑戦してみようかなと思っています

そして、これは自分が一番驚いているんですが、
裁縫も手芸も何の興味もなかった私が
この冬なんと、編み物なんぞやってみたいと
無謀にも思ってしまったわけなんです
学生時代は、家庭科で裁縫の課題など
一度も提出したことのないこの私が

まずは失敗してもいいように
ダイソーで極太の毛糸と編み針を購入して
YouTubeの関連動画を観ながら(便利な時代だ)
編み方の練習をしてます
私のことだから、途中でいやになるかなと思いきや
結構ハマッて、午後はひたすらYouTubeとか観ながら
編み編みしてます
基本的なかぎ針の編み方は大体解ってきたのですが
端を揃えるのが結構難しいです
なんだかとっても歪になってしまうんですよね
なかなか奥が深い
こんな面白いものだとは
まさか自分が編み物にハマるとは
自分のことを一番知らないのは自分自身ってよく云うけど
まだまだ知らない自分がどこかで眠っているのかもしれません
「体の全部使い果たせ」です
歴史絵巻の巻はまだ閉じるわけにはいかないようです
続きを描き始めてしまったから

2018年、私はまだ終わってませんでした
終わらすわけにはいかないと、つくづく思い知った1年でした
精神的にもいまは大分落ち着いています
この調子が長く続いてくれたらいいのだけれど

今年は1作しか詩が描けなかったことが悔しいです
まだ少し残ってるけど

2019年は、勉強や編み物も頑張りながら
詩の方にももっと労力を注いでいきたいなと
(こればっかりは衝動が起きないと描けないのだけど)
自分の支柱は、やはり詩を描くことだと思っているので




明日の自分が私が来るのを待っている
私は今日 したいことだけをする
時間も忘れるくらい 夢中になって
そしてそれを 明日の自分に聞かせてあげるんだ
今日をちゃんと 生きた証に










久しぶりに更新をと思い、2018年を振り返ってみました
この1年をひと言で云えば、「Wake Up」
長い眠りからようやく目を醒ました、といったところでしょうか

今年はいい役者さんが次々亡くなられてしまいましたね
もう観れないのが残念です
ご冥福をお祈りいたします

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

雑記 | コメント:0 |
<<あの頃少年は、行こうと思えばどこへだって行けるって頑なに信じてたっけ | ホーム | そうして今日も陽は暮れて>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |