FC2ブログ

縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

アンビバレンス

死にたいと思いながら 同じ時間に目を覚まし
死にたいと思いながら リンパ浮腫になる心配をし
死にたいと思いながら ラジオ体操をしたりする


死にたいと思いながら お茶を飲み
死にたいと思いながら パスタを茹でて
死にたいと思いながら 内さまを観たりする


死にたいと思いながら ライブ情報をチェックし
死にたいと思いながら 中島みゆきを観に行き
死にたいと思いながら 拍手を送っていたりする


死にたいと思いながら 森田童子を聴き
死にたいと思いながら 海を見に行き
死にたいと思いながら 冷たい風に煽られてる


死にたいと思いながら 風邪を引き
死にたいと思いながら 病院へ行き
死にたいと思いながら きちんと薬を飲んだりする


死にたいと思いながら 昔の友達に連絡して
死にたいと思いながら 会おうよと誘って
死にたいと思いながら 断られたりする


死にたいと思いながら 簿記の勉強をはじめ
死にたいと思いながら 編み物をはじめ
死にたいと思いながら 部屋の片づけをしはじめたりする


死にたいと思いながら お気に入りの服を着て
死にたいと思いながら 髪の毛なんかもアレンジして
死にたいと思いながら 雑貨屋めぐりなんかしたりする


死にたいと思いながら 詩のことばかり考えて
死にたいと思いながら 死にたいとさえ描けなくなったら
死にたいと思いながら 詩を描く意味なんてどこにあるのかと
死にたいと思いながら ひとり思案に耽ってみたりする


死にたいと思いながら 辛い事件に心を痛め
死にたいと思いながら ネットニュースはくだらなくて
死にたいと思いながら 情報を求めてる


死にたいと思いながら
死ねない自分をなんとする


死にたいと思いながら
後悔だけはしたくない


死にたいと思いながら
死にたいと思いながら
生きる意味とか理由なんてどうでもよくて


死にたいと思いながら
活きてると思える瞬間がくるのを



ホントはずっとずっと



待ち続けてる








テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 |
<<冬の花/宮本浩次 | ホーム | あの頃少年は、行こうと思えばどこへだって行けるって頑なに信じてたっけ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |