縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ぽたぽた焼き

たまねぎを切るときは
目にしみてしょうがないけど
冷蔵庫に入れて冷やしておくだけで
涙が出にくくなるように


ふきんを使っても 輪ゴムを巻いても
固くて開けられない瓶のふたが
ふたのまわりをちょっとあっためてやるだけで
簡単に開けられるように


昔から なんとかとハサミは使いようっていうでしょ
うまくやるには 何でもコツがいるものなのね


ダイエットしたくて痩せたい痩せたいと唄にうたっていても
結局痩せられなくて かえって太っちゃったりするのは
意志の強い弱いももちろんあるだろうけど
それ以前に 自分に合った痩せ方を知らないせいかもしれないし


いくら微分積分が理解できたからって
英語もフランス語もペラペラだからって
人の心の中まで理解できるとは限らないし


顔にしたってスタイルにしたって性格にしたって
いくら自分の好みのタイプだからといって
相手はまったく好みじゃないってことだってあるわけで


生まれた環境がほんの少し違っただけで
幸と不幸が分けられてしまう
それで人生が決まってしまうのならば
神様 生まれる前に殺してくれたらよかったのにと
三十何年も生きてきて
いまさらそんなことを云ったってキリがない


愛情過多で嘔吐し続ける人もいれば
間違った愛情を植えつけられてしまったがために
自分を痛めつけずにはいられない人もいる
傍から見ればどんなに幸福そうにみえても
みんなそれぞれ なにかしら抱えて生きてる
どんなに足しても掛けても つきまとう物足りなさ
割っても割っても割り切れずにもてあましてしまう感情
それを人は淋しさといい 哀しみと呼んでいる


生きることに正しいも間違いも本当はないんだけれど
人はひとりではとても脆くて弱い生き物だから
持ってる人をうらやみ 持っていない自分を憂いて
何が上で何が下とか 安心材料ばかり欲しがって
そんな自分がたまらなくかわいそうでかわいそうで仕方なくって
いっそこんな人生 終わりにしちゃいたいよぅって
それで楽になれるんだったらって
そんなふうによくよく考えちゃったりもするけど


でもさ でもね
たまねぎを切るときの裏技とか
固い瓶のふたを開けるためのコツとかみたいに
生きていくためのコツだって
きっとあるに違いないっていうふうにも思うから
人生を切り開く缶切りみたいなのがもしもあるのなら
やっぱりそれを探さない手は絶対ないなってさ




そんなこと考えてたら 
なんだか急に小腹がすいてきちゃったな
寒くなってきたし 今日は久々に
トマトシチューでも作ろっかな





テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<闇夜にはぐれた迷い子ひとり | ホーム | 石が流れて木の葉が沈む>>

コメント

いつも、もっともっとと欲張り、
○○だからと誤摩化して
自分自身を見失ってばかりの私、
不足も満足もなく
あるがままに受け止めて呑気に飄々と
時と戯れたいものです。

>萬華鏡より
2014-12-21 Sun 06:02 | URL | ray [ 編集 ]
>萬華鏡さんへ

コメント、ありがとうございます
人の欲に際限はなくて
手に入れた瞬間から
失ってしまったような気になって
だから、もっともっとと
求めずにはいられない
求めれば求めるほど
手に入れば入るほど
人は空っぽになってしまう気がします

いろいろなことをサラリと笑って
飄々と、呑々と生きられたら
きっともう少し楽に生きていけるのかもしれないですね

ありがとうございました
2014-12-21 Sun 21:01 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。