縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

闇夜にはぐれた迷い子ひとり

どこにも居場所がないような
そんなどうしようもない気持ちの午前1時
返ってくるはずもないあの人からのメールの返信を待ちわびて
何度も何度も送受信ボタンを押してしまう悲しい習性

          今日もうまく笑えませんでした
          今日もうまくしゃべれませんでした
          今日もうまく眠れませんでした

なんだか知らないけど
心の裏っかわがむず痒くってむず痒くって仕方がないのです
負った傷口がうずいてしようがないのです
掻き毟りたくって掻き毟りたくってたまらないのです
誰かの声にすがりたくなって 開いたアドレス帳
連絡先がどこにもない ただ空々しいだけのアドレス帳
ふいにこんな自分を 思いっきり
こっぴどく痛めつけてやりたい衝動に駆られる午前2時
飲み干したワインの空瓶を鏡に向かって投げつけて
飛び散った破片で怪我をする
突き刺さった破片は抜かずにそのままで
いまに私の体に入り込んで
紅い河を流れ流れて ズタズタに切り裂きながら
やがてこの鼓動を止めてしまうそのときまで


歳を重ねるごとに ダメになっていく自分を思い知るのです
愛されないのは誰のせい
愛せないのは誰のせい
嫌われてるの嫌いなの
いつものこと 毎度のこと
生まれ堕ちたときからの厄介者よ
筋金入りの疫病神よ
誰も近寄らないで 近寄らないで
信じて裏切られるのはこりごりだから
だけど冷たくしないで いなくならないで
何もしてくれなくていいから
他には何にもいらないから
ただ黙ってそばにいて
私を置いて逃げないで
ひとりにしないでお願いだから

          誰も信じちゃいないくせに
          誰かに信じてもらいたいなんて
          虫がいいにもほどがあるわね
          そりゃ 誰も寄り付かないのもうなずける話だわ

いい人ぶりたくて いい人だと思われたくて
ただ表面だけで笑顔を繕ってみせたりして
知れば知るほど ホントやんなっちゃうこんな自分 
ぶん殴って蹴り飛ばして
くしゃくしゃに丸めて ゴミ箱に棄ててしまえたら
見限って見捨ててしまえたらどんなに楽かしれやしない
でもね でもさ気づいちゃったんですよ
棄てられないことが辛いんじゃないってことを
棄ててしまいたいと そうすることでしか楽になれないと
勝手に決め付けて 勝手に捨て鉢になってる自分が辛いんだってことを
誰も信じられないのが辛いんじゃなくて
誰にも信じてもらいないと思い込んでいる自分が辛いんだってことを
もう理由わかんなくなっちゃって どうしていいのかさっぱりで
だからさ だから真夜中だっていうのに思いっきり窓をこじ開けて
言葉にさえならない嗚咽のような叫び声をあげては
胸の底から込み上げてくる涙を抑え切れなくなって
思わず思わず ワァワァ泣き出しちゃったりなんかしてしまうんです
夜の闇は静寂に包まれて 何を云うわけでもなく
12月の空気は冷え冷えと乾ききっているのに
何故だかとっても温かくって
やさしくそっと包んでくれたような
そんな気がした午前3時
「何時だと思ってるんだ」と近所の人に思いっきり怒鳴りつけられて
ペコペコごめんなさいして窓を閉める
くもった窓ガラスに映った泣きべそ顔の私が
ほんのちょっと 笑っているようにも見えた午前3時


考え方次第で人はどうにでも変われると
よく他人はいいますが
そんなことは十分わかっているのです
わかっていても早々変われないのが人間で
だったら 自殺してしまった人間は弱い人ですか
毎日のようにひどい暴力にさらされていながら
それでもなお 笑っていなきゃならない子はダメな子ですか


そのままでいい ありのままでいいよって
いいわけないから みんないなくなってしまうんでしょ
自分を肯定しなさいって 自分を愛しなさいって
愛し方なんて誰も教えてくれませんでしたよ
まずその愛し方ってやつを教えてくださいよって
そんなことを云おうものなら
どうせみんな そっぽを向いて知らんふり


なにもかもどうでもいいやって
こんな人生 とっとと終わらせてしまいたくなる夜が
幾度となく私に襲ってくるけれど
そんなときふっと頭によぎるのは
またエレカシやみゆきのライブ観に行きたいな、とか
読みかけたままの あの本の続きが気になるな、とか
買ってまだ袖を通していないあのワンピース着て
どこか遠い 行ったことのない街へ行ってみたいな、とか
こんなただ痛いだけの詩でも どこかの誰かが読んでくれて
どこかの誰かに届くことがあるのなら
こんなクソッタレな世界だって
そうまんざらでもないかもしれないなんて
思えるときが それは来るかどうかはわからないけど
そういうことが突然 なんの前触れもなく頭に思い浮かんだりなんかして
そんなことをあれこれ想像してみたら
なんだか急に 死ぬのがもったいなくなって
まだ捲っていないページに
そんな素敵な出来事が描かれているのだとしたら
もうちょっと もうちょっと生きてみようかなって
頑張ってみようかな なんて思えてきちゃう午前4時


辛い辛いと詩に詠っていたって
そいつが消えてなくなるわけじゃない
幸福だ幸福だと唱えていれば
幸福になれるというわけでもない


ただじっと待ってるだけでは
何もひとつも はじまることさえないんだってこと


タチムカウべきは自分
誰のものでもない
誰のためでもない
一度きりしかない人生だから
誰かの手に委ねたりしてはいけないのです


運命は私の この手の中
人生は私の この胸の中




ほら もう夜が明ける





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<供述 | ホーム | ぽたぽた焼き>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |