縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

彼女たちの事情 ~愛しすぎる女たちのうたう詩~

不眠症のユウコは今夜も大量のクスリを飲んでは
ヘロヘロ状態

潔癖症のさなえは自分の周りが汚れているのには我慢できないくせに
もう1週間も頭を洗っていない

マユミは食べることを抑えられなくて
埋まらない淋しさを1万円の食糧に換えてみても
積もり積もった後悔のために 今日もトイレで吐き続けてる

みゆきは男に振られるたびに自殺未遂を繰り返す
生きてても意味がないのよとためらい傷だらけの左手首が自嘲ってる

虚言癖のエミリは いつでもお姫様気取りで
何人の男と付き合ってきたか
何人の男を振ってきたか 自慢げに話す
ホントは誰一人としてまともに付き合ったことなんてないくせに
 
買い物依存症のかずみは いつもイライラしていて
ブランドものに囲まれていないと安心できずにいる
プラダやエルメスに埋もれながら
膨れ上がる借金返済のため 夜のバイトを始めようかと検討中




          思えば子供のころから ぐっすり眠れたためしなんてなかったわ
          家の中はいつもごたごたしていたし
          いろんなものが壊れていく音が聞こえていたから
          我慢して眠りなさいと 母はそれ以上係わりたくないといった感じだったし
          仕方がないから無理矢理目を瞑ったけど 眠れるわけなんかなかった
          暗い天井をずっと見つめていたら 得体の知れないものたちが
          なにやらうようよ蠢いているように見えて
          怖くなってふとんをすっぽり被って 
          大丈夫 大丈夫 なんてことない なんてことないって
          まるで何かの呪文かおまじないみたいに
          何度も何度も そうつぶやいていたわ
          やがて疲れて眠ってしまうまで
          あのころからはじまってしまった不眠症は
          1日分の睡眠薬くらいじゃビクともしなくなってしまった
          強い薬と強いお酒で意識を失ってしまえれば
          何も考えず 耳障りなあの音あの声を思い出さないでいられるなら
          他のことはもう 全部どうでもよかったのよ
          どうでもよかったの



          誰が使ったのか 誰が触ったのかわからないものなんて
          気持ち悪くて 絶対に触れない
          ジュースの回し飲みなんて よくみんな平気でできると思うわ
          古着とかビンテージものとかいって
          いかにも付加価値があるように思わせてるけど
          要は人のおさがりじゃないの
          どんな人がどういうふうに着ていたのかもわからないのに
          お洒落ぶっちゃって 何が格好いいよ
          そんなものに高いお金使っちゃうなんて ホント馬鹿じゃないの
          部屋が散らかってても平気な人とか 頭がおかしいんじゃないかと思うわ
          足の踏み場もないほど物であふれかえった部屋の中じゃ
          とても息なんかできないの
          なのにみんな あたしのほうがおかしいって云うのよ
          1週間も頭を洗わないで平気でいられるなんて信じられないって



          痩せてなきゃ かわいくなけりゃ
          他になんにもないあたしなんか
          誰も振り向いちゃくれないわ
          ああ あごの肉が気になるわ
          もっとウエストを細くしなきゃ
          手も足ももっともっと華奢でなくっちゃ
          綺麗にさえなれば きっとなにもかも上手くいくはずよ
          あたしには2つ下の妹がいたの
          あたしたちは姉妹なのにちっとも似てなくて
          あたしはグズでのろまで何をやってもダメダメだったけど
          妹は要領がよくて なんでもすぐに出来てしまう子だった
          顔も妹のほうがずっと可愛らしい造りをしていたから
          両親からはいつも なんで姉妹なのにこんなにも違うのものなのか
          やっぱり駅のコインロッカーで拾ってきた子だからかもしれないな
          なんてあたしに向かって 真面目な顔して云っていたっけ
          思い出さなくてもいいこと また思い出してしまった
          それで今日も 1万円も食糧を買い込んでしまった
          痩せなきゃ綺麗にならなきゃって思えば思うほど
          反比例するみたいに 食べることを抑えられなくなるの
          だってあたしには何もないんだもの
          くだらない人間でしかないんだもの
          食べてるときだけは安心できるの
          けど そのあとはいつも
          ものすごい罪悪感に苛まれるわ
          「お前はやっぱりダメだ」って両親のがっかりした声が聞こえてくるの
          吐くのはだから 自分への罰なのよ



          さっき彼から電話があったの
          他に好きな娘ができたんですって
          それにもうお前の面倒は見切れないとも云っていたわ
          どうしてそんなことを云うのか あたしにはまったく理解できなかった
          彼はとてもやさしかったし 愛してるとも云ってくれた
          何度も何度もそう云ってくれた
          あたしは彼に好かれようと一生懸命努力してきたのに
          髪型も服装もメイクも彼好みにしてきたし
          音楽だって 好きなバンドじゃなかったけど
          彼が好きだっていうから毎日のように聴いたわ
          本当は戦争ものや暴力シーンの多い映画なんて観たくなんかなかったけど
          彼が好きだったから あたしも好きになろうと努力してきた
          してきたつもりだったのに
          あたしにとっては彼だけがすべてだったのに
          彼はあたしを見ながら
          いつももっと遠くを見ているみたいだった
          いつかこんな日が来てしまうことは解っていたわ
          でも解らないふりをしてきたの
          今度はきっと 今度こそきっとうまくいくはずだって
          なのにどうしてなの? どうしてみんなあたしの前からいなくなるの
          もうあたしはいらないってことなのね
          わかったわ わかった いなくなってあげるわ
          あなたがいないのなら 生きてたってしょうがないもの
          安全剃刀を左手首にあてがい 一気に引いた
          みるみる真っ赤な血があふれてきたわ
          生ぬるい温度が腕を伝って少し気持ち悪かったけど
          頭の中はとっても冷静だったわ 自分でも驚くほどね
          そうしてもう一度彼に電話するの
          あたし今さっき 手首を切ったのよってね



          両親からはとても大事に育てられたのよ
          パパは欲しいものなら何でも買ってくれたし
          料理好きのママが作るごはんは世界一だったし
          あたしのためによくケーキやクッキーを焼いてくれたわ
          誕生日会だって毎年やってくれて
          クラスのほとんどの子がお祝いに来てくれたのよ
          それも沢山のプレゼントを抱えて
          はじめて男の子に告白されたのは小学4年生のとき
          格好よくて頭もよくて運動神経も抜群で
          女の子たちから一番人気のあった男の子だった
          はじめて付き合うようになったのは中学1年のとき
          ひとつ上の先輩から告白されて 付き合うようになったわ
          あたしに告白してくる男の子は ひとりやふたりじゃなかったのよ
          みんなとてもやさしかったし 
          あたしの云うことはなんだって聞いてくれたわ
          「いま、ひとりぼっちなの」なんてちょっと甘えた声で電話すれば
          必ず誰かしら駆けつけてきてくれたわ
          だから淋しいなんて思ったことは一度もないの
          そう ただの一度だってね



          いらっしゃいませ
          いつもご贔屓ありがとうございます
          お客様のために特別にご用意している品がございますのよ
          こういったデザインのものなど いかがですか
          スタイルのおよろしいお客様でしたら
          絶対にお似合いになると思いますよ
          ご試着なさいますか ありがとうございます  
          このお洋服でしたら たとえばこういった色柄のものなど合わせると 
          お顔の色もとってもきれいに見えますし
          いま履いていらっしゃるスカートともとてもよく合うかと思いますよ
          お買い上げでございますか いつもありがとうございます
          毎日毎日ストレスが溜まってしょうがないのよ
          仕事のできない後輩の面倒を見るのも
          ミスの尻拭いをさせられるのも全部あたし
          ちょっとばかり可愛いからってちやほやされて
          一体何をしに会社にきてるのかしら
          あたしがどれだけフォローしてあげてると思ってるのよ
          課長も部長も 同期入社のあのさぼり常習男も
          みんな鼻の下のばしてデレデレしちゃって
          めんどくさい仕事は全部あたしに押し付けるんだから
          まったく やってらんないわよ
          なんて 面と向かって云えるわけもなく
          嫌なことも嫌と云えるわけもなく
          だから ここにくるととても満たされるのよ
          このお店にとってみたら あたしは上お得意様なわけで
          すごく大事にされるし 特別扱いだってしてくれる
          もちろん 買わせるためにおだてられてるってことくらい解ってるけど
          これもお似合いですね あれもお似合いですね
          なんて云われて悪い気はしないもの





愛したいのに愛し方がわからない
愛されたいのに愛され方もわからない
だけど だからかもしれない
あたしの嗅覚がどうしようもない人を嗅ぎ付けてしまう
あなたはとってもかわいそうな人
今までずっと ひどい目にあって生きてきたのね
誰にも理解されず ずっとひとりで苦しんできたのね
あたしには解る あなたの苦しみも傷みも全部
あたしだけが あなたを守ってあげられるわ
だからもう 何も怖がらなくていいの
そんなふうに怯えた目をしなくてもいいの
大丈夫 大丈夫
あなたはもうひとりじゃない
あたしがいるわ
あたしがずっと そばにいるわ

時々あなたはあたしに手をあげる
それはきっとあたしが悪かったからね
そういうときのあなたの気持ちを ちゃんと解ってあげられなかったから
あたしのことも解ってほしいなんて
そんな大それたことを ほんの1ミリちょっとも考えてしまったから
ねえ そうよね そうなんでしょ
あなたはとてもかわいそうな人
あたしだけは あたしだけはあなたを解ってあげなくちゃ
ひどく暴れたあと あたしに抱き付いて泣きじゃくるあなたは
まるで大きな赤ちゃんみたい
ずっとずっと あたしだけの赤ちゃんでいて

いつも怯えてばかりいたあなたは
いつの間にかどこかへ消えてしまったみたい
生きがいとかやりがいとか
そんなものが見つかったとかなんとか云っては
自信ありげに笑ってみせるあなたに
あたしは戸惑うばかりで
あなたに対して抱いていたやさしい気持ちも
なんだかとても白々しいものに思えてきて
同時に なんだかとっても苦しくなって
急に何もかも返してもらいたい気持ちになって
求めずにはいられなくなった
イヤな女だってことは自分でもよく解っていたけど
でも 止められなかった
お前なんかもういらない必要ないと放り出されてそれっきり
あの人は どこか遠くへ消えてしまった
泣いて喚いたって もう誰にも届かない
束の間でもこの心の空白を埋めることができるものならなんだって
それがクスリだってお酒だってリスカだって
買い物だって嘘だって なんだって
誰がそれを責められるというの
誰がそれを嘲笑えるというの
生きなけりゃいけないと 
それが生まれたものの義務だと人は云う
云うだけなら誰だって出来るのよ
責任がないからなんだって云えるのよ
望まれて生まれてきた者もいれば
誰にも祝福されずに生まれた者だっている
生きろと そう詰め寄る貴方が救ってくれるとでも?
心にぽっかり空いてしまった空白を埋めてくれるとでも?
そうでないのならせめて何も云わず
そっとしておいてもらえないかしら
お願いだからこれ以上
生き辛さを加速させないでほしいのよ







眠れない夜 パソコンに向かって
「死にたい」と検索してヒットする件数7,370,000件
だからって別に どうっていうことはないのだけれど



分裂した精神は 今夜も散り散りのまま
どこにも着地することもできずに
秒針の音ばかりを ずっと気にしている





テーマ: - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<生活 | ホーム | クスリをください>>

コメント

お久しぶりっこ❤
やっとやって参りました。
んで
やぁ~久しぶりにおなかいっぱい読みました。
Tには行かないから、F以来ほんと久しぶりに
これでもか
これでもか
これでもかぁ~
の陽炎節読んだよ(笑)
これは数日で一編だねー、
相変わらずのすんごいパワー、満喫です。

すごくキレイなページだね!うらまやしい(笑)
ブロ友しようと思ったらログインが必要で
とりあえず見送りました。
私のブログにもこんなページがあればいいのに…
現実と非現実とのボーダーに揺らぎます…
ページと言葉の海と小舟のようなブログですネ!

とりあえず、ご挨拶にて御免!
2015-01-05 Mon 17:37 | URL | にゃん [ 編集 ]
お~、にゃんちゃん
PC復活したんだね~
早速の訪問、ありがとう☆彡
&新年おめでとう、だね

いやはや、描きたいこといっぱい詰め込んだら
こんな長~い詩に(あわわ( ̄▽ ̄))
満喫していただけて、ホッとしてます(ウフ💖)

んで、んで、ページのこと褒めてくれてうれしいな
この星空のテンプレにひとめぼれしちゃってさ~
迷わずこれに決めたんだ~
ほら、詩の内容がかなり重たいから
ページくらいはキレイなものに、と思って
気に入ってもらえてよかったわ

今年もよろしくね
ではでは、またねぃ




2015-01-06 Tue 18:29 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |