縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

依存症

泣きたい理由でもないのに ボロボロ涙がこぼれてる
悲しくもないのに 悲しい何かを探してる
退屈とため息と他には何もない 静まり返った部屋の中
置き去られた子供のように うなだれて膝を抱えた女がひとり


ずっとひとりでいればよかったのよ
そうすればこんな思いもすることなんて きっとなかった
最初は週に1度か2度だった君の電話が
いつの間にか毎日に変わっていって
それこそ朝から晩まで1日中
君の声を聞かない日がなくなっていった
君は自分の話に夢中になると
少しまわりが見えなくなるタイプだったけど
くだらない話をしては よく笑い合ってた


心の弱い君だから
いじめられた小学生みたいに
打ちひしがれた声で掛けてくるとき
他に話を聞いてくれる人がいないんだ
なんて そんなことを云ったりするものだから
あたし なんだかちょっと
必要とされてるみたいで嬉しくて
それに 誰にも話を聞いてもらえない淋しさは
あたし 一番よく知ってたから
話を聞いてあげることくらいしかできないけど
それで少しでも君の心が楽になるのなら
それならって


だけど 君はそうじゃなかったんだよね
別に誰でもよかったんだよね
たまたま つながる相手があたししかいなかったから
そうしてただけだったんだよね
一生懸命に君の話に耳を傾けてさ
必要とされてるなんて 勘違いもいいとこだわ
バカねあたし ホント バカバカしすぎて笑っちゃう


どれだけ言葉を尽くしても
どれだけの時間を共にしても
縮まらない距離もある


ひとりとひとりは
いつまでたってもふたりにはなれないってことくらい
それくらいのことはよく解ってたつもりだったけど


一体あたしたち これまで何を語ってきたのかしら
何もひとつも 届いていなかったのね
あたしの話をなんて聞いていたの
腹の中で 本当は笑っていたの
君にとってはただの暇つぶしだったかもしれない
それでもあたしにとっては
あたしにとっては......
今更なにを云ったところで 虚しくなるばかりね


君があたしを必要としていたんじゃなくて
本当は あたしのほうこそ
君を必要としていたんだわ
必要とされる必要が
どうしてもあたしには必要だった
君がそうしてくれるような気がして
求めていたのは あたしのほうだったんだね


どうしてあたしなんかに関わったりしたのよ
君があんなに何度も何度も電話してきたりなんかするから
余計な期待なんかさせるからいけないんだよ
ひとりなら 淋しくても気にしないでいられたのに
いまじゃ君が置いていった余計な淋しさまで 
くっきり浮いて見えるんだよ
どうしてくれるんだよこの気持ちを
知り合う前のあたしに戻してよ
あの頃のあたしを返してよ


胸のあたりが息苦しくて
うまく呼吸ができないよ


おかしいな おかしいよ
こんなふうになっちゃうなんてさ


静かすぎる部屋にはとても耐えられそうにないから
大音量で聴くんだ エレカシを
がんばろうぜと歌うミヤジの声が優しすぎて
優しすぎて 思わず思わず泣けてくる
ボロボロボロボロ 涙があふれて止まらない


悲しくなんかない 悲しいわけなんかない
いなくなるのはいつだって相手のほうで
いつものパターン よくある話


言い聞かせるように何度も何度も
呪文のようにつぶやいてたそのとき


ふいに ケイタイの着信音が鳴り出した






テーマ: - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<届かない | ホーム | 生活>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。