縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

傘がないわけじゃないんだけどさ


カーテン開けたら 外は雨降り
こんな日は決まっていつも
君が残していった古いレコード盤に針を落す
心地よいノイズに混じった美しいピアフの歌声に
気だるい気分で僕はもう一度ベッドの中にもぐりこむ
頭からすっぽり毛布を被って
今日はもう誰とも会いたくなくって どこへも行きたくなくって
降りしきる雨にすべてを投げ出してしまいたいような
そんなそんな そんな気分だったんだ
   

そういえば 君と会うときは何故だかいつも
雨が降っていたような気がする
待ち合わせだった吉祥寺の駅前で
水色の傘をくるくるまわしながら
君は僕を待っていてくれたよね
井の頭公園をぶらぶら歩いていたら
突然どしゃぶりにやられてさ
君ったら何を思ったのか急に傘を投げ出して
きゃっきゃ きゃっきゃ云いながら
まるで水を得た魚のように急に踊りだして
僕の手を取って 二人馬鹿みたいに雨の中で笑いあった
次の日には二人して風邪ひいて38℃の熱出してさ
あのときの病院の先生の呆れ顔 いまでもよく覚えてるよ


雨が降るといいことがあるのよって 君はよく口にした
君に出会えたから僕も雨が好きだよ
僕がそういうと 君は少しだけ笑った
悲しいことは全部ぜんぶ この雨に流してしまおう
聞きたくないことはぜんぶ この叩き付ける雨音にかき消してしまえ
そうして天気のいい日には 
二人濡れた心を干しあって 乾かしてしまえばいい
降り注ぐ太陽は 僕たちにはほんの少し眩しかったね

   
          愛の賛歌っていう歌 知ってる?
          あれ本当は 死んでしまった恋人への嘆き悲しみを歌った歌なのよ


          ねえ もしアタシが死んだら
          アナタ 嘆き悲しんでくれる?
   
          冗談とも本気ともつかない調子でそう君が聞くもんだから
          君がいなくなったら 僕はとても生きていく自信なんてないよってさ
   

          君はふっと笑って アナタは生きてくれなきゃダメよ
          だって アナタが死んでしまったら
          誰がアタシを 思い出してくれるの?
          忘れないでいてくれるの?

          
          だけど 僕の方が先に逝っちゃうかもしれないじゃないか    


          軽いジョークみたいにそう云おうとして僕は 言葉に詰まった
          君があんまりキレイに笑うものだから
          僕はそれ以上 何も云うことができなかったんだ




1ヵ月後
君は新宿のど真ん中
高層ビルの屋上から飛降りて死んだ
その年一番の記録的豪雨が降りしきる
そんな夕暮れの出来事だった



いつもと変わらない朝を迎えて
いつもと変わらないあいさつを交わし
いつもと変わらない くだらない話をして
いつもと変わっていたことといえば
その日の君は 傘を持って出ていかなかったってこと
君がお気に入りだった あの水色の傘を


本当に死んでしまうなんて
冗談だろ 嘘なんだよな
いつもの悪ふざけなんだろ
どこか そこらへんに隠れていて
僕を驚かすつもりでいるんだろ
ねえ なあ ねえ ねえってば


本当にもう 君はいないの
僕の前から姿を消してしまったの
わからない わからない わからない
何が君を死に向かわせてしまったの
何をどう考えたらいいのか
理解することも否定することもできないんだ
ただもう 君はいないんだってことだけが
ぼんやりといた僕の頭の中で見えている明確な事実だった


          雨の日にはいいことがあるのよって
          いつか君は云ったよね
          君にとってのいいことっていうのは
          こういうことだったの


その答えを僕は あの時からずっと探してるんだ
君と過ごしたいくつもの日々の中に
君と交わしたいくつもの会話の中に
二人の間に降りしきっていた 幾筋もの雨粒の中に
   


           ねえ もしアタシが死んだら
           アナタ 嘆き悲しんでくれる?


           アナタは生きてくれなきゃダメよ
           だって アナタが死んでしまったら
           誰がアタシを 思い出してくれるの?






いま ようやくわかった気がするよ
君は誰かの思い出になりたかったんだね
君のために涙を流し 悲しみに明け暮れ
君がいない現実に耐えられず 発狂してしまいそうにさえなってしまう
それほど強く 誰かに思っていてほしかったんだね
だけど だけどさ
君はあまりに急ぎすぎたよ
君の肩に降る雨と 僕の肩に降る雨は
いつだって同じ温度だったはずなのに
あの日もこの日もどの日だって
いつだって優しかったはずなのに
北風吹いてたって温かかったはずなのに


ひとりぼっちで見る雨なんて
あまりにも感傷的すぎてやりきれなさすぎるよ
雨音が君の足音みたいに聞こえて
いまにもそのドアを開けて入ってきそうでさ
でも ドアを開けたってもう君がそこにいることはないんだね
この部屋に入ってくることもないんだね




雨脚はさらに強くなってきたよ
ノイズまじりのピアフは
雨によく似合う


君は僕の思い出になってくれたんだね
決して忘れることのない永遠の思い出に




時計の針は午前8時を遠に過ぎている
急いで仕度したって
もう間にあいそうにない
とても間にあいそうにない


だから僕は 今日はじめて 
無断欠勤をしたんだ





テーマ: - ジャンル:小説・文学

雨音と古いレコードと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夜の道 | ホーム | 届かない>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。