縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

曇り空のずっとずっと上の方は、いつだって晴れ晴れとしている

考えたって考えなくたって
この背中に背負い込んだ荷物が軽くなってくれるわけでもないのにさ
まぶたの裏にべったりとこびりついて離れない映像を
耳のずぅっと奥の方で いつまでも止むことのない声音を
よせばいいのに今日もまた 再生ボタンを押してしまうのです
激しく打ちのめされることは初めから予想できてるはずなのに
それでも何度も何度もリピートしてしまう 悲しい習性


生きる理由がどうしても必要だったの
ほんの束の間でも 記憶の呪縛から解放されるものならなんだって
一日中音楽を聴いてるときもあったわ
ネットで無料配信されている昔のドラマやアニメを
まるまる一本 徹夜で観続けたりもした
それはそれで 一時しのぎにはなったけれど
あてはめてみれば 決まって寸足らずで
決まって風邪ばかり引いてしまうのです
見上げる空はいつだって 泣きたいのを必死で我慢しているみたいで
星ひとつ見つけることさえできないのでした


出会った瞬間から用意されていたさよなら
みんな去っていきました 私の前からいなくなってしまいました
まるで夏から秋へと季節が過ぎ去っていくように
同じ時を過ごしていながら
互いの時計の針は少しずつ少しずつ 狂いはじめていたのですね
些細な出来事が引き金になって
いつも決まってケンカばかり
そうして悪者にされるのはいつだって私の方で
そういう構図がいつの間にか出来上がってしまっているから不思議です
そりゃまったく非がないとは云わないけれども
私ばかりが責められなければならない理由とは一体なんなのでしょうか
人間とはすべからくそういった生き物なのでしょうか
私ひとりが まったくもってピントのズレた人間なのでしょうか
考えれば考えるほど ほぐれない糸のように
人間というものが とてつもなく難解に思えてくるのです
ほとほと疲れてしまいました
いい加減こんな役 いち抜けたしたいところだけれど
一度決まってしまった役回りは 
どうやらそう簡単に降りることさえ出来ないらしいのです


踏みつけられたまま 黙っているほどお人好しだと思わないでください
流行りドラマの決め台詞ではないけれど
しばらく立ち直れなくなるくらい
傷つけ返してやりたいと本気で思ってしまう私です


やさしくしてほしいからやさしくするのです
はげましてほしいからため息をつくのです
大丈夫?って云ってほしいから
大丈夫じゃないフリをしてしまうのです
傷つきたくないから 自分から手を放してしまうのです
死ぬ気もないくせに いつだって死にたがってばかりです
負けず嫌いの負けっぱなしで
だから他人が幸福そうにしているのが我慢ならないのです
妬ましくて恨めしくて仕方がないのです
最低です 最低です私


いつからこんなふうになってしまったんだっけ
いつからこんなにも汚れてしまったんだっけ


もっとちゃんとした大人になってるはずだったのに
仕事をバリバリこなしてお金を貯めて
いつか自分の家を建てて幸福に暮らすんだって
小学生のときに書いた作文
煙草は喫みませんが アルコールはごくたまに
家を建てるどころか 日々の生活に追われるばかり
いつ治るともわからない病気を抱えて
薬を飲まなければ眠ることさえできない有様です
蹴られた背中が痛むのです 捻られた腕の関節が痛むのです
浴びせられた罵声が血肉となって体中を駆け巡り
お前など最初からいらなかった 邪魔な存在 必要ない人間だと
私というすべてを否定しにかかるのです


深い霧の中を彷徨い歩いているみたいに
いまだ幸福の尻尾さえも捕まえられもせず
38歳の冬が 静かにそっと過ぎようとしています


生きていてもいいですか なんて
一体私は 誰に尋ねているのでしょうね
何がどれだけあったら 幸福と云えるのでしょう
優しくされてもされなくても
きっと私は いつまでたっても淋しいままかもしれません
伸ばした手を ふりほどかれたときの
あの喩えようのない敗北感を
どの道忘れることなどきっと 出来そうにもありませんから




相変わらず空は厚い雲にびっしょりと覆われています
私は 前傾姿勢で立ち上がり
分厚い雲のずっとずっと向こうの方を
ただじっと 


睨みつけたんだ







テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<関係者 | ホーム | 処方箋>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。