縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ただ、一切は過ぎてゆきます

いつの間にか ひとりで街を歩けるようになりました
いつの間にか ひとりで喫茶店に入れるようにもなりました
いつの間にか あなたの声を思い出さなくなって
いつの間にか あなたを想って泣くこともなくなりました
あなたがいない世界なんて
あのころは想像もできなかったし
あなたなしで生きるなんて考えもしなかったけれど
案外平気に生きています


きっとあなたも同じなのでしょうね
私がいなくても あなたはあなたを生きている
いいえ きっとあなたは最初から
私なんかいなくても生きていけたでしょうけど


生きるってことは
ただそれだけで大変ですね
息を吸って吐いて寝て起きて働いて
ぎゅうぎゅう詰めの電車の中
逃れられない日々に守りたい自分などどこにありましょう


ただひとつ 言葉が足りなかったばかりに
ただひとつ 言葉が余計すぎたばかりに
壊さないように壊れないように
大事に大事に守っていたものでさえ
いとも容易く 心からすべりおちてしまう
散乱した破片を泣くことさえも敵わずに
笑うことしかできないそんな自分を繕う言い訳ばかりを
探しあぐねている情けない夜
 
握りつぶせない過去にがんじがらめになって
一歩も前に進めなくなってしまう
眠れないまま迎えた朝に
いつまでもずっと馴染めないまま
時計の針だけが刻一刻と 時を刻んでいる毎日


それでも それでも私たちはきっと
私たちが思うよりもずっとずっと
強く出来ているのだということを


流した涙もついた傷も
いずれは自然に治癒していくものなのですね
朝 冷たい水で顔を洗い
身支度を整えて今日へと歩き出す
そうやって毎日は過ぎてゆき
そうやって少しずつ記憶は遠ざかってゆきます
忘れることを悲しむんじゃないと
あのころあなたはよく云っていましたね



あなたの云うように
時は悲しんでる間もなく
あとからあとから流れてゆきます
きっとそうやって人は
生きていくものなのでしょうね



元気ですか
あのころ描いていた夢は
まだ追い続けてくれているでしょうか


私はまだ
相変わらずヘタクソな詩を書いています
悲しみはいつまでたっても悲しいままですね
でも その先がちゃんとあるということを
教えてくれたのは あなただったから
それがなんなのか知りたくて私は
まだ 言葉をいじくり続けています



2月の空はピンと張り詰めたように冷たく澄んで 
白く凍えた風が どこからともなく吹きすぎてゆきます
この空を どこかであなたも見ているでしょうか
たぶん見てはいないでしょうね
いまごろはきっと くしゃみを4回していることでしょう
それは風邪ではありません
風の便りです



長々と話してしまいました
くれぐれもお体大切に


どうかお元気で



さようなら
さようなら



さようなら





テーマ: - ジャンル:小説・文学

友への手紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シミ抜きお願いできますか | ホーム | 関係者>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。