縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シミ抜きお願いできますか


土曜の朝 午前6時
寝不足気味の眼を擦りながらカーテンを開けてみれば
そんなあたしを嘲笑うかのような 雲ひとつない晴れやかな空


昨夜食べ散らかした 冷めてしまったデリバリーピザ
コロコロ転がり落ちてるチューハイの空き缶
書きなぐっては書き損じ くしゃくしゃに放り投げた詩に損ないの言葉たち
拭えないちゃちな自尊心と中途半端な自己犠牲 怠慢極まるこの生活
笑いにもならないダメダメなあたしのすべてを
曝け出すキラキラの朝


昨日 失敗してこっぴどく叱られました
おとといもさきおとといもその前の日も
このところずっと
同じところで同じような失敗ばかり繰り返しているのです
みんなあきれているにちがいない
なんでこんなこともできないの
なんで同じような間違いばかり繰り返すの
みんなが見てる みんなが笑ってる
そんなふうに見ないでよ そんなふうに笑わないで
解ってるの 解ってるの
学習していないわけじゃないのよ
そういうんじゃないの
だけど なんだか
なんだかこのごろおかしくて
おかしくてなんてそんな
言い訳にもならない言い訳を持ち出せるわけもなくて


そんなに出来ない奴だったの
なんでそんなに失敗ばかり繰り返すのよ
もうがっかりした うんざりした
ただ一生懸命なだけじゃダメなんでしょ
そんなの社会じゃなんの役にもたちやしないのよ
結果がすべて 
過程なんて問題じゃないの


だから逃げたのです
もうこれ以上 ダメな自分突きつけられるのが嫌だったから
もうこれ以上 そんな自分思い知らされるのが嫌だったから


鍵をかけた部屋にこもって 誰にも会わず電話にも出ず
ひたすら音楽ばかり聴いて過ごしました
音のない部屋は 誰かのせせら笑いが聞こえるようで怖かったから
ただひたすら 好きな音楽ばかり聴いて過ごしたのです
おなかが空いたらコンビニへ行って
それ以外はどこへも出かけませんでした
晴れた日は憂鬱でした 責められているような気がしたから
だから雨の日はほっとしました
蒲団にもぐっては 眠ったふりを続けました
そうしているうちに日は暮れて 夜が訪れます
眠れない日々が続いたけど
自分を正当化できる いい理由ができたと思いました
クスリが効いて眠くなると このまま目覚めなければいいと
それこそ毎晩 祈るような気持ちで
それでも毎日 朝はやってきました


結局あたしは どこへ行こうとしていたのでしょう
どこへ逃げようとしていたのでしょうか
どこまで行ってもついてくる ダメなあたしがついてくる
逃げても逃げても まるで影踏み遊びをするみたいに
どこまででももどこまででも 追いかけてくるのです


ついてくんなよ あっち行け
お前なんかと一緒にされたくないんだよ あたしにかまわないでくれ
なんでそんな悲しそうな目で見るんだよ
そんな目で見ないでくれ 哀れむように人を見ないでくれ


最初っから解っていました
どこへ逃げたって何も変わらないことくらい
どこまでだってついてくる ついてきちゃうんです 
だってあのダメダメなあたしが あたしそのものなのだから


ああッもうッ イライラすんな
どうすりゃいい 何をすりゃいいのさ
目を向けた先には溜まりにたまった洗濯物が
とりあえずこの1週間分の洗濯物からなんとかしなきゃ
ぶつぶつ云いながら色物と白物をよりわけてネットにぶちこんで
洗濯機に放り込む
カップ一杯分の洗剤が健気にも
せっせせっせと汚れを落としてゆく
ぐるぐるぐるぐる ぐるぐるぐるぐる
汗もほこりも食べこぼしすらも
全部なかったことのように
まっさらさらに落としてゆく


     
          シミ付いたシャツは 洗濯機で洗えるけれど
          心にシミ付いた悲しみは どう洗い落とせばいいのですか


外は憎たらしいほど青々とした空が広がって
初春のおだやかな風になびくまっさらさらなシャツからは
かすかに漂うフローラルのかおり


生きることは穢れていくことなんだと
そういえばどこかの誰かがそんなこと云ってたっけ
生きることを漂白したら きっとただ白々しさだけが残るだけかもしれない
なんて 考えてみたらちょっと気持ち悪い


悲しみなんて本当は知りたくなんかないんだけれど
それが生きていくことだというのならば
どうしたって見たくないものも見なければならないし
聞きたくないことだって ちゃんと聞かなきゃダメなときがある


たかだか1度や2度の失敗で人生終わりみたいな顔して
寝ぼすけさん その顔鏡にうつしてよくよく見てごらんなさいな
ものすんごい マのヌケた顔してるから
それはそれで笑えないわけでもないけど
ほらほら 冷たい水でさっぱりと洗ってきたらいい
気持ちも少しはシャキッとなるから


やわらかい陽射しがふりそそぐ
まだ少し肌寒い3月の空になびくまっさらな白いシャツ
ありふれたいつもの光景が
光に乱反射して
そいつがあたしには
ひどくまぶしく見えて


思わず 思わず
眼を細めたのです




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ツギハギだらけの心縫うように | ホーム | ただ、一切は過ぎてゆきます>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。