縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

縫いとじられない赤い糸

********************

心なんか壊れちゃえばいいのよ
中途半端に正常なもんだから 
痛みなんか感じてしまうのだもの 
ならばいっそもう修復不可能なくらい 
粉々になってしまえばいいんだわ
 

********************

期待なんてするから傷つくんでしょ 
最初からなにも期待しなければ 
何も起こらない 何も傷つかない 
それが物の道理ってもんなのよ 
よく覚えておくといいわ


********************

どこにいるの 
あたしは一体どこにいるの 
ここにいるじゃない 
あなたはいう 
あたしはいう 
どこに ここに 
ここってどこ 
あなたの中にあたしはいない 
どこを探しても どこにもいない


********************

埋まらない淋しさを紛らすために 
手帳はいつも予定でいっぱいにしてるの 
そうでなきゃあたしきっと 
どうにかなってしまいそうだから


********************

そうね退屈だったから 
時間潰しにはちょうどよかったわ 
あんたは人の時間なんてお構いなしに
深夜でも平気で電話してきたけど 
それに文句も云わないあたしも どうかしてたんだわ


********************

皮肉なものよね 
やさしくなりたいと 
そうつぶやいたときから 
あたしとっても イジワルになってきたわ


********************

生ぬるいことなんか大ッ嫌いよ 
打ちのめすならどん底まで打ちのめしてよ 
それができないのなら 
あたしになんかにかまわず 
さっさとどこか遠くへ消えてしまえ


********************

できることなら私のこの全身を流れる血液を 
まるごと全部とりだして 
洗濯機でじゃぶじゃぶ洗ってしまえたらいいのに 
真っ黒に汚れたこの血も
漂白してしまえたら
きっともっとずっと 楽に生きていけるのに


********************

笑ったってひとり
泣いたってひとり 
ため息ついたってひとりっきり


********************

僕が死んだとき 
君がそっと思い出してくれるなら 
僕はもうそれだけで 
それだけで十分です 
どうか僕を 君の思い出にしてはくださいませんか 
君の心の端っこに 僕を置いてはくださいませんか


********************

明日死ぬって云われても後悔しない生き方をしなさいって 
云ったのは確かニーチェだったかしら 
何だったら今すぐその包丁で 
私を刺してくれてもかまわないのよ


********************

あしたがどっちなんて 
あたしにはもうカンケイないの 
どうせ行き着く先は決まってるんだし 
だったら どこをどう歩いたって
同じことじゃないの


********************

サイズの合わない靴を 
どんなに靴擦れしても 
まめが潰れて痛くて仕方なくても 
ずっと我慢して履き続けてる  
たぶんそれがきっと あたしなんだと思うわ


********************

最初からなにもかもちがっていたの 
あなたにはちゃんと帰る場所があった 
ちゃんと愛してくれる人がいるじゃないの 
解ってもらえないなんて 
簡単に云うものじゃないわ


********************

出逢わなければ 別れることも悲しむことも知らずにすむのにね 
傷つくことも泣くことも覚えずにすむのにさ


********************

あの人は私をすべて覗き込む 
あの人といると私は何も云えなくなってしまう 
あの人はすべてを知っている 
私の弱さもずるさも汚らしさも


********************

プライドを捨てられないから 
いつまでたってもひとりぼっちなのねと 
あなたの最後の言葉が いまも耳から離れない


********************
 
振り払うものなんてなにもありゃしないのよ 
あたしにあるのはただ このちゃちな自己愛だけ


********************

みんな自分が大好きなくせに 
器用に自分を演じてるくせに 
どうしてそんなに 辛そうな顔してみせるのかしら
 

********************

信じたり疑ったり嘆いたり悲しんだり恨んだり憎んだり 
お忙しいことだわね まったく人間様とやらは


********************

淋しいの虚しいの人恋しいの泣きたいの叫びたいの 
私ホントに生きてる?


********************

わたくしのこの悲観測定値は 
今夜も規定値を大幅に超えてしまいました


********************

生まれた日に云うことでもないけど 
私は今日も死ぬことばかり考えていました 
あいすいません


********************

自嘲する価値もないわ 所詮私の人生なんて

********************

勝ってうれしいはないちもんめ 
あのコはいらない 
あのコじゃわからん 
いらないコは私です


********************

あの服がほしい 
あの靴がほしい 
あのバッグほしい 
あのペンダントほしい 
だけど一番ほしいものは 
いつだって手に入らない 
いつだって


********************

感情にもそれぞれ色があるのだとしたら 
私のこの行き処のない思いは一体 
何色をしているというのでしょう


********************

しんどいよってただひと言つぶやいただけで
誰もいなくなってしまったわ
何でも云っていいからねって
そんな言葉は一番信用してはいけない言葉だった
悪いのは多分あたしの方ね
そんなことさえわからなかったあたしが
きっと一番悪いのよ


********************

小さなことをおろそかにしてはいけません 
些細なことがつもりつもって
やがてとても大きな 大きな過ちを犯してしまわないように


********************

どんな言葉だって人は傷つくものよ 
たとえば「愛してる」という その言葉でさえも


********************

傷ついた人はね 
自分が傷ついた以上に 
他人を傷つけたがっているものなのよ 
覚えておきなさい


********************

他人の悲しみで涙を流すお前は 
どんな偽善者よりも性質が悪い


********************

私という人間は ただ35.5℃の体温と 
どこかで拾ってきたような言葉を放熱しているだけの
しがない生命体でしかないのです


********************

今日もボクはこうして 
何もしない、ということを 
起きて寝るまで 律儀に行ってみるのでした


********************

テーマ: - ジャンル:小説・文学

連詩 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<僕を見つけてくれませんか | ホーム | 待ちぼうけ>>

コメント

うーん。
素晴らしいですね。
怒涛のように言葉を浴びれて爽快です。
見落としがあるかもしれないから
これは何度でも読んでみたいです。
ちなみにぼくもいつも35,5℃です。
2015-05-03 Sun 10:49 | URL | 偕誠 [ 編集 ]
> うーん。
> 素晴らしいですね。
> 怒涛のように言葉を浴びれて爽快です。
> 見落としがあるかもしれないから
> これは何度でも読んでみたいです。
> ちなみにぼくもいつも35,5℃です。

偕誠さんへ

お読みいただき、ありがとうございます

この詩は、短い詩を縫い合わすようにしてできたものなのですが
素晴らしい、と云っていただけけてうれしいです

また、何度も読みたいと云ってくださって
すごく励みになりました

偕誠さんも平熱低いんですね
平熱低いと、37℃くらいの熱でも結構きつかったりしませんか?

コメントいただけてうれしかったです
ありがとうございました

今後とも、よろしくお願いします
2015-05-03 Sun 18:44 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。