縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ツギハギだらけの心縫うように


かわいげのない子供でした
大人のずるさを知ったのが3つの頃で
愛想笑いを覚えたのが5つの頃でした


かわいげのない子供でした
こっちへ行けば ばあさんにそっくりだと拒絶され
あっちへ行けば あの女にそっくりだとぶん殴られ
この世に味方なんかひとりもいないことを悟ったのも
ちょうど5つの頃でした


大人の顔色ばかり伺うようになって
自分のホントの気持ちがよくわからなくなったのが6つの頃で
下ばかり向くようになったのが8つの頃でした


ぐっすり眠れたためしなんて一度もないし
いつも何かしらが壊れる音が聞こえてきて
ああ これは間違いなくこの家族が壊れていく音だと
浅い眠りの中でぼんやり考えていたのが9つのころでした


妙に老成した子供だったと思います
間違いなくかわいげのない子供でした
愛想笑いは得意だけれど
人を愛することも 人に愛されることも
超がつくほど不器用でした


ホントの気持ちなんて誰にも見せないし
見せてしまったら 何をされるかわかりません
愛想笑いを浮かべ 顔色を伺い
怒らせないように 怒らせないように
それが私の 生きる最後の手立てでした


     はやく死んでくれたらいいのに
     どこかで事故にでも遭わないかな
     どこかのやさしい殺し屋が
     あいつのどてっぱらに一発ぶっぱしてくれないかな
     そんな妄想にばかりふけるようになっていき
     いつしか 自分で家に火を放つことさえ想像していました


私の精神は徐々に壊れていき
まるで気の抜けた炭酸飲料のように
何もかもが無意味に思えてきて
もうすべてどうでもいい
どうせ最初から壊れてるんだから
いっそ何もかも捨ててしまおう
それで楽になれるのならそれもいいじゃないか
私が背負い込むには その荷物はあまりに重すぎました
押し潰されそうな心を平常で装うのにも疲れ果て
それがちょうど15の頃でした



まったく お決まりコースにもほどがありますよね
面白くもおかしくもない話を聞かせてしまって
本当にごめんなさい



ふっと 話してみたくなったのです
打ち明けてみたくなったんです あなたに
いや 多分きっと あなただから
解ってほしいなんて そんな図々しいこと望んでやしません
憐れみがほしいわけでもなんでもないのです
だって雨はとっくに上がってしまって
さっきから冷たい秋風が 音も立てずに窓をなぜている
なんだかとっても侘しくなって ひとりじゃとてもやりきれなかったから
あなたはさっきから 否定も肯定もせずに
ただ黙って 私の話を聞いてくれるから
いやね 柄にもなく泣いてしまいそうよ




かわいげのない子供でした
繋ごうとした手を振り払う
汚いものでも見るような眼で



月日はすぎて 大人になって
老成したふりをする必要はなくなったけれど
小さい頃から慣れ親しんだ愛想笑いは
すっかり板についてしまったし
生き苦しさはあの頃のままだけど
子供時代に置き忘れてしまった感情を
今頃になって あたふたしながら
必死になって探しているのです


器用に振舞っていたつもりだけど
ホントは全然そんなんじゃなくて
いつもビクビク怯えてばかりいたんだと
自分の家の扉を開けるのさえ
体がこわばって 震えがとまらなかったんだと



もっと強くなりたかったよ
もっと優しくなりたかったよ
こんなふうになるはずじゃなかったのに
もっとちゃんとした大人になっているはずだったのに
こんなことくらい 平気へっちゃらって云えるだけの強さがほしかったよ
いまの私ときたら
昔のことをああでもないこうでもないと詩にしたためながら
それでも毎晩のようにうなされている



ただ塩っ辛いだけの言葉を呑み込んで
生焼けの感情を無理やり押し込めて
だからいつだって心はカラカラで
甘い甘~いジュースばかり欲しがってしまう




かわいげのない子供でした
生意気だのこましゃくれだのいろいろ云われてきたけれど
憎まれっ子 世にはばかる
とことん諦めの悪い大人でいてやろうと思います
ジタバタしながら地団駄踏みながら
したたかに生きてやろうと




したたかに
しなやかに






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ただ、そこにある奇跡 | ホーム | シミ抜きお願いできますか>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。