縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

あなたに訪れる不幸の量と

私に訪れる不幸の量は

当たり前だけどやっぱり違うはずなのに


感じる傷の深さだって

きっと違うはずなのに

どうして言葉にすると同じになってしまうのだろう



「ただ 生き苦しい」




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リサイクルできますか、このどうしようもない感情を | ホーム | ただ、そこにある奇跡>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |