縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

通り過ぎるいくつかの事情

ドーナツショップは今日も混み合ってる

女子高生たちはさっきから
誰が誰と付き合ってるかで盛り上がっていて

若い母親は ベビーカーで眠る赤子を尻目に
さっきからずっとスマホをいじくってばかり

サラリーマン風の男性は
甘ったるいドーナツをかじりながら
ノートパソコンを忙しげに叩いてる

混み合う店内
バイトの女の子たちは 商業的スマイルを見せながらも
どこか疲れを隠しきれない

そして私はといえば 窓際の席に座って
アイスコーヒーをストローでかき混ぜながら
ただなにげなく ぼんやりと窓の外を眺めていた


平日だっていうのに 街は人であふれていて
誰もかれもどこを目指しているのか
足早に歩く人たちばかりだ
そんなに急いでどこへ行くのだろう
尋ねてみたい気もしたが
そんなことは意味のないことだと
すぐに視線をそらした


絶え間なく流れる人ごみを避けるように
ベンチに寝そべっているあの老人
ボロボロになった上着を
肌掛けがわりにかけて
眠るともなしに目を瞑っている


ふと 彼にもかつて親がいて兄弟姉妹がいて恋人がいて
つつましく暮していた時代があったかもしれないと
考えてみたりした

あの老人は今頃 誰に会いたいと思っているのかな
誰にも会いたいと思っていないのかな
何もかも捨てて 何もかもから解放されたくて
彼はいま あおベンチで横たわっているのかな


たとえば春
満開の花びらが ヒラヒラと風に舞い落ちるとき
夏 容赦ない灼熱の太陽に ジリジリと肌を焼かれるとき
秋の夜長 真ん丸いお月様にじっと見つめられるとき
冬 身を切るような寒さに身をさらされたとき


故郷のことを懐かしく思い出すことがあるだろうか
いや きっともう遠い過去の記憶として
うすぼんやりとした灯りが揺れているだけなのかもしれない


なんでそんなこと 思ったんだろう
そんなこと考えたって 何の意味もないのに
あの老人はずっとあのベンチで眠っているだろうし
明日もあさっても そうしているだろうし
私だって いつまでもここにいるわけじゃない
行き交う人々は 誰もあの老人を避けるように
足早に通り過ぎていくけれど


          あの人々を 私は責められない
          あの老人を 私は直視できない


あの老人がいま 幸福か不幸かなんて
私にはわからないけれど
仕事がなくて 住む家も追われて
そんな生活になってしまったのか
あの老人が すべての俗世間に嫌気がさして
自ら進んでそんな生活に入ったのか
それは誰にも解らない
真実はあの老人の胸の中にしかない
その胸の中でしか咲けない花を
あの老人はきっと持っているのかもしれない


生きれば生きる分だけ重くなっていくものたち
誰だって好き好んでそんな重たい荷物を背負い込んでるわけじゃない
気づいたらいつの間に背負い込まされてて
降ろすことも許されず
だから仕方なく 抱え込んでるだけの話じゃないか


誰だって幸福になりたいのは同じじゃないか
いつの間にか選んだり選ばされたりしてきた道が
いまの自分にたどり着いているだけの話で
それが間違いなのか正解なのかは
誰にも解らないし誰にも決められるわけがない




考えたらたまらなくなってしまって
胸やけしそうな思いを必死でこらえながら
ただひたすら
薄くなったコーヒーをすすったんだ 






テーマ: - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<駆け巡る冷たい血液 | ホーム | つじつま合わせでもかまわないから>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。