縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

By myself

躰中のやりきれなさを振り起こして
もう 誰もあたしを止められない
誰もあたしを縛りつけられない
あたしは あなたじゃない
他の誰でもない
あたし自身に変わってく


理性で抑し殺して生きるのはとっても窮屈だわ
聞き分けのいいやさしい女になんて
悪いけどあたし なれそうにないの
誰かのために自分を犠牲にするなんて
そんな生き方はもうやめにしたのよ
あたしはただ 湧き上がるこの感情に素直でいたいだけ
あんたが探しているのは 自分に都合のいい女でしょ
そういうのがお望みなら 他を当たってくれないかしら


同級生だからって 友だちなんかじゃなかった
彼女たちはただ あたしを笑うだけだったわ
先生たちにも嫌われてたの
学校はいつも あたしに冷たかったのよ
でも 別に気にしちゃいなかったわ
ひとりでいることには慣れていたし
何をするにも 連れだって行動している彼女たちが
なんだか あたしには気味悪く映って見えていたの
クラスがガヤガヤ騒いでいる中 あたしはひとり
教室の片隅で 耳にイヤホンをつっこんで
太宰や寺山や坂口安吾なんかを ひたすら読みふけっていたわ


孤独だからって 淋しいっていうのとは理由が違うのよ
淋しいのは あたしとあなたとの間に壁を感じてしまうことよ
たとえばその瞳の中に その態度の中に
静かな 強い拒絶の感情を読み取ってしまうことよ
あたしの思ってることがあなたに伝わらない
あなたの傷みが あたしには解らない
そういうのって泣きたくなるわ
あなたはそれを知らなすぎよ
幸福な人ね あたしそういうの うらやましい


躰中のやりきれなさを振り起こして
もう 誰もあたしを止められない
誰もあたしを縛りつけられない
あたしは あなたじゃない
あたしはあたし
他の誰でもない
あたし自身に変わってく





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<忘れないようにしよう | ホーム | 宇宙の掌の中、ひとは>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |