縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

しるし

そういえばあなたは 春が嫌いでしたね
春は余計に淋しくなってしまうからと
いつかぼそっとつぶやいてたのを
ぼんやり覚えています


今でもやっぱり 春は淋しいままですか


気がつけば桜も遠に散って
5月の風がやさしく頬を撫ぜてゆきます


季節は私たちの意志とはまるで関係なく
勝手に先へ先へと急いでゆきますね


私たちはいつだって
季節の間で置いてけぼりのまま

まるで誰も見つけにこないかくれんぼのように
日が暮れて心細くなって叫んでみても
こだまするのは自分の声ばかりで



生れ堕ちた瞬間に
私たちは大事な片割れを失くしてしまいました


私たちは生まれながらにして何かが欠けてしまったのです
だから淋しくって淋しくって
誰かを求めずにはいられないのです
きっとそうです
そうに違いないのです


いまごろきっと 失くしてしまった片割れが
私をあなたを探しているに違いありません



思い出したくもない思い出ばかりが増えていく
そんな人生に嫌気がさして
いっそ死んでしまいたくなる夜が
何度となく私に襲い掛かってきます

重たい足かせはいつまでも私を自由にしてはくれません



それでも それでも
もしもこの世のどこかで
私をあなたを探してくれている人がいるとしたら
それがたとえひとりよがりの気休めだとしても
そんなふうに想いを馳せるだけで
こんな生きづらい世界の果てでも
なんとか生きていけるような
生きていけそうな気がするのです
もう少し踏みとどまっていけるような
踏みとどまっていられるような気がするのです



ごったがえす人ごみの中 ひとりたたずんでいると
誰かがふと 私の名前を呼んだような気がして
ふりむくとそこはただ 風がやさしく通り過ぎる5月の街並みに
足早に通り過ぎる人々がいるだけでした



あなたはいまごろ どうしていますか
やっぱり春は 淋しいままですか



いつかあなたが探しているあなたの片割れに
出会える日が訪れますように


私が探している私の片割れに
出会える日が訪れますように


この淋しさは 私をあなたを見つけるための目印です
片割れさん 貴方が見つけやすいように
私はこの淋しさを 大事に大事に抱えて生きていきます
決して失くしたり壊したりしないように



理由もなく 涙がこぼれました
ただ理由もなく 涙がこぼれました



「もういいよ」とあと何度繰り返せば
貴方は私を 見つけに来てくださいますか




街の喧騒に紛れて かき消されてしまわないように
私は精一杯の声をあげて
「もういいよ」と云い続けることといたします



貴方の「もういいよ」の声に耳をすませて
生きていくことと、いたします



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

友への手紙 | コメント:0 |
<<ここを過ぎて悲しみの街 | ホーム | 古いレコードを聴いていた(遠い空編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |