縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私の声が聞こえますか

毎日が同じことの繰り返しだなんて
よくよくありがちな詩人みたいなことは考えたくないのです
確かに似たような毎日ではあるけど
それなりに違う事だってあるわけだし
そんな毎日にいちゃもんつけるほど私は
きっとまだ 本気で生きちゃいないのだから


だのに時々ふっと 自分がいまこうしてここにいるということに対して
拭いようもない違和感をおぼえてしまうのです
たとえばそびえたつあの高層マンションの屋上を見るたびに
誰かがいままさに飛降りようと立ち尽くしていて
それは 私にまるでうりふたつの姿形をしていたり

プラットホーム 混雑する人ごみのしゃべり声の隙間を縫うように
人身事故による電車到着遅延のアナウンスが
もしかしたらその誰かは 私だったのかもしれなくて
見ず知らずの赤の他人様の死を 自分と重ね合わせてみたり

夢にうなされて それに叫んだ自分の声に驚いて醒める午前1時
処方された薬を全部ぜんぶ飲み干してしまえば
何もかも忘れて 深い深い眠りに堕ちていけるかも
なんて そんな夜には決まって頭の中を旋回してしまうのです


自ら命を絶ってはいけません
病気や不慮の事故で
ある日突然 生きることを奪われてしまう人たちが大勢いること
そんなことは誰に云われるまでもなく
解りすぎるほどよく解ってるのです
だからお願いです いまは
いまだけはそんな杓子定規な正論を
私に突きつけないでくださいませんか



あなたがあのとき放った言葉を
私はいまでも忘れることができずにいます
あなたにとってはきっと
取るに足りない 些細な出来事だったかもしれない
いや もしかしたらもう
すっかり忘れてしまっているかもしれません


          憶えていますか
          あれは私が13歳の春
          4月だというのにまだ肌寒い
          霧雨が静かにしっとりと地面を濡らしていた
          そんな夜の出来事でした
          簡単な夕食を済ませたあと
          あなたは親戚の家に行ってくるからと云って
          家を出て行きましたね
          帰りは遅くなるか もしかしたら泊まるかもしれないと
          たしかにそう云って家を出ました

          そのころ私は 原因不明の頭痛に悩まされていて
          その日も後頭部を殴られたようなひどい頭痛が続いていて
          あなたが家を出たあとに すぐに眠ってしまったのです

          何時ぐらいだったでしょうか
          ぴしゃりと玄関の扉を開ける音で目が覚めました
          あいつが帰ってきたのだと 寝ぼけた頭で確認しました
          機嫌が悪いことは扉の開け方ですぐに解りました

          あいつは私たちの寝ている部屋の扉をビシャっと開けると
          突然兄に殴りかかりました
          母はどこだと怒鳴りながら 殴ったり蹴ったりを繰り返します
          兄も寝ばなを起こされ 状況を上手く判断できないまま
          殴られ続けていました

          兄に反応がないので 次は私の番です
          髪の毛を鷲掴みにされ 顔もお腹も背中も足も
          容赦なく殴られ 蹴られ続けました    
          母はどこだと聞いてきたので
          私はとっさに知らないと答えました
          あいつはさらに逆上して私を蹴り続けました

          それが何分 何十分続いたのかはわかりません
          私たちに散々暴力をふるって気がすんだのか
          あいつは部屋を出ていき
          テレビをつけて笑っています
          テレビを観て笑っているのです

          そのとき 兄が何を考えていたかは
          私には解りません
          私はこのままずっとこの家にいたら
          いずれあいつに 間違いなく殺されると
          そう思いました

          起き上がってパジャマにジャンバーをひっかけ家を飛び出しました
          深夜をまわった町は どの家も灯りが消えてひっそりとしていました
          私はとにかく走りました
          母がいるであろう親戚の家まで

          家の灯りは消えていました
          眠っている人を無理矢理起こせるだけの図々しさを
          中学生の私はまだ持ち合わせていませんでした
          それでも恐る恐るインターホンを押してみました
          反応がありません
          もう一度 怖々押してみましたが誰も気づく気配はありません
          私は途方に暮れてしまいました

          夜が明けるまで 川沿いを歩き続けました
          歩きながら「殺す殺す殺す」と何度も口にして

          あなたが私を探しに来たのは
          夜が明けてからだいぶたったころでしたね


あの時 あなたは一体何を思ったのですか
我慢して家にいればよかったのにって?
本当のことを云わなかった私が悪いって?
面倒なことをしてくれたものだって?


それでもようやく重い腰を上げて
別れることを決めてくれたこと
本当に私 心の底から嬉しかったのです
あの夜行動を起こしたことは間違いじゃなかったのだと
きっと私や兄を守るために決断してくれたのだと
そう思っていたのですよ


         「兄は専門学校があるから
          近くの親戚に預かってもらって
          あんたはしばらくあの家に残って」


あの時あなたは たしかに云いました
「あの家に残れ」と


思わず自分の耳を疑いましたよ
まさか そんなことを云われるなんて
思ってもみませんでしたよ


あなたはあとでそんなことは云ってないといいましたが
私のこの耳は確かに憶えています
となりでおばさんも聞いていたのだから
言い逃れようはずはありません


それからも ことあるごとにあなたは私に云いました
「勝手についてきたくせに」と
「嫌ならあいつのところへ行けばいい」と



思えば小さいころからそうでしたよね
あなたはいつも どこか私に冷たかった
私の物心ついて最初の記憶がなんだかご存知ですか
あなたの刺すように冷たく睨みつけるその視線ですよ


あなたに助けを乞うた私が間違っていたのでしょうか
あのとき外になんか飛び出さずに我慢していれば
私さえ我慢していれば それでよかったのでしょうか


たとえそうだとしても
あなたがそういうふうにしか思っていなかったとしても


私は自分が間違っていたとは思いたくないのです
現にあなたをあいつと別れさせることができたのですから


たとえあなたにとって私が「あなたの血を引く子」と思わず
「あいつの、あのばあさんの血を引く子」としか思っていなくても


ただ これだけは云わせてください
あの夜 私に暴力をふるったのは
あいつだけではありません
あなたも同じです
鋭い刃のようなその言葉で
私を切りつけました


この体にあいつの血が流れているということを
その血にどれだけ苦しめてきたかということを
容赦なく私に突きつけては責め続けてきました


多くを望んだわけじゃない
贅沢な暮らしがしたかったわけでもない

ただ暴力に怯えることも 機嫌を窺ってビクビクすることもなく
家族3人つつましく 平穏に暮らせたらそれでよかったのに

過去もあいつも何もかも 早く忘れてしまいたかったのに
あなたはそれさえも許してはくれなかった


一体私があなたに 何をしたというのですか
何故そんなにまでして 憎まれなければならないのですか
あいつに似てる ばあさんに似てる
そんなことを云われたって
私にはどうすることもできないじゃないですか
どうにもできないところを責めれば
私が黙っていいなりになるとでもお思いですか





生まれてすみません だなんて
もう私は口に出したりしません
生まれたことを責められ虐げられねばならないほど
私は何ひとつ悪いことはしていない



だからもう お別れいたしましょう
私たちは最初から所詮 ただ憎しみ合いいがみ合うだけの
あまりにも穢れた血という糸でかろうじてつながっていた
名ばかりの親子でしかなかったのですから



さようなら
さようなら おかあさん
さようなら
大キライおかあさん



もう二度とお会いいたしません













テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<不眠症とそれに伴う末期的症状について | ホーム | ここを過ぎて悲しみの街>>

コメント

ヘヴィ級のパンチですね。
これは効きます。
2015-05-13 Wed 06:30 | URL | 偕誠 [ 編集 ]
偕誠さん

お読みいただき、ありがとうございます

強烈なパンチを喰らわせてしまってすみません<m(__)m>
こんな暗く、重たい詩にコメントいただけただけで、
めちゃくちゃうれしかったです

ありがとうございました
心より感謝
2015-05-13 Wed 17:45 | URL | 陽炎 [ 編集 ]
はじめまして。光里です。

母親との葛藤
これほどまでにつらいもの。。。

私もつらいことはあったけど
これはすごい

まけないで生きてください
2015-05-18 Mon 18:59 | URL | 光里 [ 編集 ]
光里さん、はじめまして
お読みいただき、ありがとうございます

母とは、昔から合わないとは思いながら
こんなふうに自分の気持ちに気づいたのは最近のことで
離れられるまで35年もかかってしまいました

いまでも、夢にうなされたり幻聴になってあらわれたりして
そのたびにどうしようもない気持ちに苛まれてしまいますが
それでも、少しずつ
母の呪縛から自分を解放する方法を探しています

コメント、うれしかったです
ありがとうございました
心より感謝
2015-05-18 Mon 20:58 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。