縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

不眠症とそれに伴う末期的症状について

今夜もまた眠れそうにありません
2時間前に飲んだクスリは一向に効いてくる気配がなく
仕方がないので強いお酒を呷ってみましたが
余計に目が覚めてしまう一方なのです


考えないようにしているつもりでも
やっぱり考えてしまうのです


あの人たちは 何故あんなふうになってしまったのか
どういう育ち方をして あんな大人になってしまったのか
どうして出会ってしまったのか
どうしてあたしという存在が出来てしまったのか


誰も望んじゃいなかったのに
どうしてあたしはここにいるのでしょうか
どうして生きているのでしょうか


憎み合うことしかできない二人
それをただ 見ているより他に方法を知らなかったあたし


疲れちゃったのよ
生きるのがやんなっちゃったのよ
めんどくさくなっちゃったのよ
幾ばくかのしあわせがこの先にあるかもしれない
予想もつかないことが待っているかもしれない
けどもう そんなことを考えるのさえ疲れてしまったのよ


楽に死ねるクスリはないかと
ネットでいろいろ探してみたり
ドラッグストアで何時間もクスリの物色をしてみたり
なんとか思いとどまって今日まで生きながらえていますが
いつかは本当に実行してしまうかもしれません
それならそれで かまわないし
多分あたしは それを止めることはできないでしょう
あたしが死ねば きっとみんな喜ぶんじゃないかしら
いや 別になんとも思わないかな
ちょっと淋しい気もするけど きっとそんなもんなんだろうな
何のために生きてたんだろうとも 思ってみたりもするけど
それももう どうでもいいのです


とにかくこの 連日連夜の不眠から早く逃れたいのです
余計なことばかり考えてしまう自分が嫌なのです
うんざりなのです


贅沢な悩みですか
いい気なものですか
こんなあたしは やっぱり弱虫で自分勝手で甘ったれの
ただのバカ女ですか


死にたきゃ 勝手に死ねって話ですよね
まったく あなたの仰るとおりです


こんな話をして 本当は励ましてもらいたいだけなんだろ
最初から死ぬ気なんかないくせに
死にたいだの苦しいだの
そういえば誰かが同情してくれると思ってるんだ どうせ


いい気なもんです
ホントに いい気なものですね


どうしようもないのです
生きれば生きるほど ダメになっていく一方なのです
いくら手を伸ばしても いくらそれを望んでも
愛も幸福も あたしの手には遠く及ばないのです
触れることさえ叶わないのです


せめて名前でもついていてくれたらよかったのに
これがあたしの分の幸福だって
ちゃんとちゃんと解るように


街中に流れてる流行歌は 決まって愛を歌うけれど
みんな馬鹿のひとつ覚えみたいに 愛が愛がと騒ぐから
なんだか それがなければいけないような 
ひどくいけないことでもしているような気になるけれど
誰も見たことなんかないんだから
これが愛だと云われたら そうなのかなって思っちゃうよ
事実 あたしに教えられた愛は
あたしがにぎらされてきた愛は
粉々に砕けて そこらじゅうに散らばった破片ばかり
その破片が 躰も心もズタズタに切り裂いて
だからあたしは いつだって血だらけでした
手当てする術さえ 教えてはもらえませんでした



深夜1時をまわりました
シンと静まり返った部屋は
ひとりであることを 否応なく思い知らせます
カーテンを開けてみれば
外は月のない夜空に 消え入りそうな星がぽつんとひとつ
小さな光を灯しているだけでした


どうかあたしを助けてください救ってください と 
どうぞあたしにはかまわないでください放っておいてください が 
心の中を占拠しています


あたしがあたしであるということの苦しさ
自分を必要としてあげられない虚しさ
なんだかよくわからないとにかく不安定な自分


みんなみんな消えちまえばいい
自分なんか いなくなってしまえ
お前なんかいらない 必要ない
さっさと消えてなくなっちまえ


いなくならないでください
いなくならないで
いらなくなんかないよ
必要ないなんて そんなこと云わないで


上手に生きていく方法なんて
そんなの知ってる人がもしいるなら
教えてもらいたいくらいだけど
そんなの知ってる人なんて誰もいやしないんだから
結局は 自分でどうにか探っていくしかないんだって
転んでも ぶつかっても 地べた這いずり回ってでも
自分らしく生きていける方法を
自分らしく死んでいける方法を



怖がらずにその耳を塞いでいる手をどけてごらん
どくん どくんって云ってるのが聞こえないかい
自分の声が 振動が 鼓動が聞こえてくるだろう
それが命の音
紛れもなく 生きていることを指し示す音


どくん どくん どくん
どくん どくん どくん


こんな身もふたもない話でも
誰かが拾い上げてくれるのならば


もう少し もう少し
この世とつながっていられるような
そんな気がして


死ぬことは やろうと思えばいつだってできる


でも 生きてるうちにやれることは
生きているうちにやっておかないと
あっという間に時間に追い越されてしまうから


感情を無理矢理飲み込んでも 全然おいしくなんかないなら
何が悲しいのかもわからずに 悲しむのはもうやめなさい
それでもどうしても泣きたいときは 思い切り泣いてしまいなさい


堕ちてるときには 無理に浮上しようとなんてしなくていい
堕ちるとこまで堕ちてしまえばそれでいい


どん底のどん底まで堕ちてきったら
あとはひたすら這い上がっていくのみだから


自分の声を鼓動を聞いたでしょ
必要だって声を 確かに聞いたでしょ


だったらきっとまだ大丈夫




深夜3時をまわりました
今夜もどうやら 眠れそうにありません



だから今夜もまた
自分とおしゃべり





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<烙印 | ホーム | 私の声が聞こえますか>>

コメント

血みどろですね。
ぼくと同じです。
苦しみや悲しみは血液のようなものです。
たえず体のうちを駆け巡り
ときに破裂し、ふきだすのです。
陽炎さんは血みどろで、ぼくと同じです。
2015-05-19 Tue 19:49 | URL | 偕誠 [ 編集 ]
> 血みどろですね。
> ぼくと同じです。
> 苦しみや悲しみは血液のようなものです。
> たえず体のうちを駆け巡り
> ときに破裂し、ふきだすのです。
> 陽炎さんは血みどろで、ぼくと同じです。

偕誠さん

早速のコメント、ありがとうです
そうなんですよね
体中を駆け巡るから、悲しみも苦しみも
ひとつところで治まらず
いろんなところを傷つけては血を吹き出させる
血にまみれながら、どうにか生きてる感じです

偕誠さんも同じ、血みどろですか
詩を読ませていただいてると
どこか、似ているところがある(と勝手に思ってました)気がしてましたが
やはりそうでしたか

こういう言い方は正しくないかもですが
似たような思いを抱いている方に出逢えて
とてもうれしいです

ありがとうございました
心より感謝
2015-05-19 Tue 22:12 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |