縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自問無答の詩

僕はどうして生まれたのでしょうか
どうして生きているのでしょうか
僕がいることで
一体誰が喜んでいるのでしょうか
僕が生きていることで
一体誰を幸福に出来るのでしょうか


人はこの世に生を受けたとき
運命を背負わされるといいます
僕は一体 どんな運命を背負わされたのでしょうか
これから どんな運命を背負っていくのでしょうか


僕が傷つけてしまったあの人々は
今頃どうしているでしょうか
僕はいつでも思っています
どうか僕より幸福であってほしいと
でももしも 今も泣いていたなら
一体 僕は何をすればいいのでしょうか
他人からやさしくされるたびに
自分のダメだ加減が しみじみ身に染みてきます
僕は貴方に 何が出来ますか


僕を好きになってくれた貴方に尋ねます
僕は貴方を傷つけてはいないでしょうか
貴方を裏切ってはいないでしょうか
貴方の苦しみの半分も 解っているでしょうか
解ったつもりで 本当は何ひとつ
解ってやしないのではないでしょうか
僕は自分でも呆れるくらい 自分勝手な人間です
それでも好きでいてくれる貴方に
『ありがとう』という言葉を
照れずに云うことができるでしょうか


生きていく確かな理由がどこにあるのでしょうか
いつかは見つかるものなのでしょうか
それとも 本当は身近にあるのに
気がついていないだけなのでしょうか
その理由がいつか解ったときに
人は 幸福になれるのでしょうか


闘い続けるとは どういうことなのでしょう
勝ちか負けかなんて どうして決められるのでしょう
この世に在る すべての生命が尊いものだというのならば
誰もが勝利者なのではないでしょうか


悲しい人生を誇るような そんな自分でいいのでしょうか
何ひとつ誇れるものがないから
強がっているだけなのではないでしょうか
僕は 多分これからもきっと悩み続け
激しい風雨に身を晒されることでしょう
それでも 信じられるたったひとつのものを
あきらめずにいることが出来るでしょうか






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<招かれざる客 | ホーム | 愛を売ってくれませんか ・ 幸福はいくらで買えますか>>

コメント

繰り返され続ける自問のループ
答えなんかいっこうに出てこないけど
無答で正解なのかもしれない
答えなんてないってそれもひとつの答え
問いつづけることで進化しよう
2015-05-28 Thu 08:19 | URL | 偕誠 [ 編集 ]
コメントありがとう

自問ばかりですね、日々
答えなんてどこにもなくて
どこにもないことをちゃんと知っていて
それでも、疑問や問いかけは次々湧いてくる

答えを探すことよりも
疑問を探しだし、そのことについて考える
途中であきらめないで、考え続けることで
進化していけるのかもしれないですね

ありがとうございました
心より感謝
2015-05-28 Thu 17:32 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。