縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

招かれざる客

誰かと思えば またあんたかい
最近めっきり顔を見なかったが
またここにやってきたのかい
よっぽど あたいが好きとみえるね

あんたがどんなに誘ったって
あたいはその手には乗らないよ

あたいにはまだ やりたいことがあるからね
みゆきやエレカシやamazarashiのライブにもっと行きたいし
寺山修司や高畠華宵の記念館にも行ってみたい
読みたい本もたくさんあるし 描いておきたい詩もたくさんある
もっと勉強したいし もっと賢くなりたい
知らないことにもっともっと触れてみたい
まだ出会っていない誰かと いつか出会いたいし
いままでどうやって生きてきたかとか
そんな話を飽きるまで語り合いたい
人を好きになりたいし 恋だって諦めたわけじゃない
あ いま笑ったでしょ
あたいだって一応女やってるし 恋したいって思ったって
あんたに笑われる筋合いなんてひとつもないんだからね


くだらないって顔してるね
あんたのやりたいことじゃないからそう思うのよ
あたいがしたいと思ってることに
いちいち首をつっこんでこないでくれるかしら


「お前なんかと出逢っちゃったら 運も尽きるね」
「死んだほうが世の中のためだよ」


あんたってホント 嫌味なやつね
誰もあたいのことなんか必要としていないことくらい
解りすぎるくらい よく解ってるわよ
だけどもう 誰かさん次第で生きるとか生きないとか
決めてしまうのはもうやめにしたのよ
「死んだほうが世のため」ですって?
笑わせないで
世の中を動かせるほどの力なんか
あたいには1ミクロンも持ち合わせてなんかいないんだから


嗚呼 もううざったい
いい加減 帰ってくれないかしら


あたいはまだ死んだりしない
簡単に死んだりなんかしない
まだ何も終わっちゃいないんだ
あんたの思い通りになんか
絶対させないんだから
いつまで粘っているつもりなの
どんなに粘ったって あたいの気持ちは変わらないわよ


人生の3分の1を無駄に過ごしてきてしまったのよ
これからそれを取り戻しに行かなきゃならないの
だから悪いけど あんたにかまってるヒマはないのよ
いい加減諦めて帰ってちょうだいな


生い立ち 家族 友人 人間関係
淋しい 虚しい 息苦しい
意味だとか無意味だとか
退屈だとかつまらないだとか
考えだしたらキリのないことだらけ


ねえ あんたは知らないでしょ
死んだほうがたしかに楽かもしれないって
もう何もかもから逃げてしまいたいって
そんなふうに思うことだって 一度や二度じゃないわ
けどね やりたいことがあるうちは
多分きっと どうにかなると思うのよ
死んじゃったら何にもできなくなっちゃうんだもの
生きてるうちに やりたいことはやっておかなきゃ
このまま つまらない人生のまま強制終了なんて
それじゃあ あまりにもあたいがかわいそうじゃない


あんたがいなかったらあたい
ずっとそのことに気がつかないままだったかもしれないわ
あんたがそこで死を用意して待っていてくれるから
あたい きっと 安心して生きていられるんだと思う
だから あんたにはとても感謝しているの
これホントに ホントによ


あんたもひとりぼっちで淋しいんだね
わかるよ あたいも一緒だからさ
けどさ どこかにきっとあると思うよ
あんたがあんたらしくいられる方法っていうのが
お腹がよじれるくらい笑っちゃう瞬間がさ
心が揺り動かされちゃうような瞬間がさ
つらいことばっかりかもしれないけどさ
でも 生きていなければ
こんな詩を描くことだって出来ないし
あの人の詩を読むことだって適わないんだから


だからさ 求めることを諦めちゃうのは
今日限りでやめにしようじゃないか


いつでもこの両手いっぱいに広げて
何かがこの手に触れるまで
そいつを掴みとるまで
高く遠く手を伸ばすんだ


あんたにならできるよ
だってあんた 頭いいんだから
あたいに出来ることを
あんたに出来ないわけがないんだよ


大丈夫
ほら 手をつなごう
あんたのぬくもりが
あんたの鼓動が
ちゃんとちゃんと伝わってくるよ



あんたもあたいも
いまこの瞬間を
たしかに生きてる


生きてるんだから






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<少年少女 / amazarashi | ホーム | 自問無答の詩>>

コメント

カエルでも来たのかなって思いました。
もっと大きな
すごく重たいものでした。

そうかぁ
待ってるのかな?
怖いけど、いつかは行かないといけない
忘れてはいけないですね。

人生は限りがあるから
一生懸命になるのかもしれませんね。
2015-05-28 Thu 18:25 | URL | 光里 [ 編集 ]
コメントありがとう

> カエルでも来たのかなって思いました。

光里さん、面白い^^
私の住んでるところは、東京の郊外なので
畑はあるんですが、田んぼがないので
蛙はいないんですよ

> そうかぁ
> 待ってるのかな?
> 怖いけど、いつかは行かないといけない
> 忘れてはいけないですね。

必ずいつかはやってくるものですからね
待ってるんだと思います
時々、待ちきれなくて
向こうからやってきてしまうこともあるんですけどね
この詩の状況みたいな感じで

> 人生は限りがあるから
> 一生懸命になるのかもしれませんね。

明日死ぬかもしれないんだから
生きてるうちにやっておきたいことは
生きてるうちにやっておかないと
死んでから嘆いたってもう遅いのだから

ありがとうございました
心より感謝
2015-05-29 Fri 04:04 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |