縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宿命

社会という名の檻の中で

生きているボクら

時々脱走しようと試みるが

そこらじゅうに頑丈な鍵がかかっているので

大概は失敗に終わる





テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<影法師 | ホーム | 僕が死のうと思ったのは / amazarashi>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。