縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

影法師

勢いがいいのは いつも最初だけだったね

帰りは決まってショボクレ犬

夕焼けの下で泣いていた





テーマ: - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<黄昏てく街の中で | ホーム | 宿命>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |