縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

オロオロしながら泣きながら描く祈りの詩

寒さに震えているあなたに
あたたかい毛布をかけてあげることもできません
空腹を満たしてあげることも
乾いた喉を潤してあげることもできません
泣きたいのをグッと我慢して
みんな大変なときだからと堪えているあなたに
なんと言葉をかけたらいいのかさえもわからないでいます


こんな詩なんか考えている暇があるなら
あたたかいご飯のひとつでも届けてやったほうが
よほどありがたがられるにちがいないし
こんなときそばに行って
ただ話を聞いてうなずいてあげることのほうが
どれほど価値があるかしれません


第一 テレビの前でボロボロ泣きながら
ただオロオロするばかりの私は
こんなときでさえもやっぱりどうしようもなくダメな奴で
それでも何かをしなければ
こうしている場合ではない衝動にかられどすれ
何をすればいいのか皆目検討もつかず
普段は行列なんかに並びもしないのに
水を求めてスーパーの行列に並んじゃったり
棚から品物が消えていく不思議な現象に
ただただ呆然と立ち尽くすばかりで


      ひとりじゃないです
      私たちがついています
      きっと乗り切っていけます
      祈っています
      ずっと応援してます


そんな言葉がいま
本当に必要なのか
私にはよくわかりません


言葉なんかじゃ誰も何も救えない
詩人なんて所詮は無力な生き物です
わかってるんですそんなこと
わかりすぎるくらい よくわかってるんです


それでもやっぱり 
祈らずはいられないよ


あなたが今夜 ほんの少しでも眠ることができますようにと
あたたかいご飯で 少しでもおなかが満たされますようにと
あなたが探しているあの人があの思い出が
一刻もはやく見つかりますようにと


気丈に振舞うあなたのやさしさが
いつか必ず救われますようにと


もう我慢なんかしないで
思いっきり声を放って泣けますようにと



涙のあとには笑いがあるはずさって
誰かが歌っていたけれども
それはたぶん いや絶対に間違ってなんかいないと
私も信じているから



無責任なことばかり云って
本当にごめんなさい


あの瓦礫の山が片付く頃にはきっと
流した涙も乾いていることでしょう


先のことは
それから考えたって
まったくもって遅くはないのだからと



あなたが私を目覚めさせてくれたから


いまはただ そのことだけ
そのことだけを

声を大にして云わせてください





****************************************************************************
2011年3月11日 東日本大震災に寄せて書いたものです。
あの日感じた思いを、いま、どれだけの人が忘れないでいるでしょうか。
あの日、確かにこのままではいけないと、
自分にも何かできることはないかと必死になって考えたことさえ
当事者でない私たちは、今やすっかり
日々の生活の中に埋没させてしまったように思います。
事実、私がそのひとりです。だから、偉そうなことは何も云えません。
昨日も大きな地震がありました。
災害は忘れた頃にやってくる、という言葉もありますが
本当に忘れてはならないこと
忘れてしまっては取り返しがつかなくなるということを
いま一度、考えてみる必要があるのではないか
そう思い、4年前に描いた詩ですが、ここに載せた次第です。

******************************************************************************






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<アドバルーン / 服部祐民子 | ホーム | 黄昏てく街の中で>>

コメント

そうですね。。。
言葉には限界があります。
でも
私はここにいるよ?って
声をだすことはいいことだと思います。

声を求めてる人もいます。
無駄ではありません。

発展途上国、気になります。
でも、先進国も・・・
心が必要です。言葉が必要なのです。
だから
これからも、詩を書いてください。
2015-06-01 Mon 18:50 | URL | 光里 [ 編集 ]
コメント、ありがとうです

言葉が無力だと思うのは
そこに想いがこもっていなければ
所詮ただの言葉でしかなくて

それに、口先だけの言葉よりも
こんなとき、何かしらのアクションを起こせることの方が
ずっとすごいことだと思うんです

でも、だからといって
言葉に絶望しているわけではありません

結局、私には詩を描くことくらいしか能がないので
自分の想いを言葉にすることくらいしか出来ないので
この先も、描き続けていくと思います

ありがとうございました
心より感謝
2015-06-02 Tue 03:16 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |