縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

愛を乞うひと

愛なんて知らなければよかった
そんなものがこの世界に存在してることさえ知らなければ
こんなふうに淋しさなんて憶えずにすんだのに
寒さに打ち震えることも 無駄に他人を傷つけることも
誰かをひどく恋しがって やり過ごせない夜を数えることさえ
覚えずに済んだのに


こころの器 干からびてひび割れだらけのそれじゃ
涙一滴 水ひとしずくすら 受け止めることさえかなわない


誰かわたしに水をください 
冷たく澄んだ水をなみなみとコップに1杯
喉がカラカラ渇いて仕方がないのです
しわがれて うまく声を出すことも出来ないのです


どなたかわたしに愛をください 
あたたかい毛布でくるんでください
躰が冷え切って ガタガタ震えて仕方がないのです
あかぎれした心がヒリヒリヒリヒリ 痛んで仕方がないのです



街を行けばどこからともなく聞こえてくる
ひと山いくらの安っぽいラブソング
手をつないで楽しげに行き過ぎる恋人たち
二人の間には 一点の曇りもないとばかりの満面の笑み
自分が世界の中心だとばかりに 闊歩する少女たち
彼女たちの愛は商売になるらしく
薄汚い大人たちの欲望を万札に換えては
流行のファッションに身を包んでる


恵まれない世界の子供たちに愛の手をと
白いボックスを首から提げて小学生たちが叫んでいる
世界の子供を救うのもいいけど まずはわたしから救ってはくれまいか
なんてことを考えながら 俯き加減で足早にその場を去ってゆくわたしです


世の中にはそれこそ ひと山いくらで売られてるほど
こんなにも愛であふれているというのに
どうしてわたしの分の愛はいつもいつまでもからっぽなのでしょう



          いくつもの地雷が わたしのそばで眠っていました
          それを踏まないように歩くのは至難の業でした
          いつ何時なにがきっかけで爆発するかもわからないのですから
          ひと時も気を抜くわけにはいきません


          それでもいつか 解ってくれる日がくるんじゃないか
          ちゃんと向き合って話せるときがくるんじゃないかと
          淡い期待を抱いたこともありました
          けど 返ってくるのはいつも凍りつくような冷たい視線と
          切り裂くように鋭く尖った 心ない言葉
          理由などなにもない ただ気を晴らしたいがための理不尽なほどの暴力
          それだけでした
          いつのころからかわたしは 暗い目をした
          なんの表情もない子供になっていました
          笑っても泣いても 怒っても
          どうせ何の役にも立たないのだからと
          黒いゴミ袋にこっそり押し込んで
          燃えないゴミの日に棄ててしまったのです


          何も感じなければ 傷つくことも痛むこともない
          それでも 生きるのが苦しいことに変わりはありませんでした
          毎日毎日 死ぬことばかり考えていました
          薬で死ぬか 首を括るか ビルから飛び降りるか
          そんなことばかりで頭の中はいっぱいでした
          朝がくるたび憂鬱でした
          消えてしまえばいいこんな自分なんか
          投げ捨てるようにつぶやいたまさにそのとき
          棄てたはずの涙が頬にこぼれ落ちました
          あとからあとからとめどもなく溢れて止まりませんでした
          わたしはそのときはじめて その涙のあたたかいことを知りました
          棄てたと思っていた感情が まだこうしてわたしの中に残っていた
          わたしは生きてる 生きているのだと
          生まれてはじめて 実感できた瞬間でした



だからもう 無駄に自分を痛めつけたり
無理やり感情を押さえ込んだり
そういうの 一切やめることにしたのです
喉が渇いてカラカラで何もしゃべれない?
だったらほら そこに蛇口があるわ
その水で渇いた喉をうんと潤すがいい
あるいはそこの自動販売機で ジュースでも買って飲んだらいい
ポケットにはほら ちょうど120円入ってるわ



与えてもらうことばかり考えてしまうから
心はどんどん枯渇し 磨耗していくばかりだったのですね
そんなひび割れだらけの器 いつまで大事にしてるつもり?
そんなものこそ早いとこ 燃えないゴミの日にでも出してしまいなさい
そうして壊れていない丈夫な丈夫な器を 今度は自分の手で探し出すのです
もう二度とからっぽになんかならないそんな器を



なんだかとても辛気くさい話になってしまいましたね
だけど ひとつだけわかったことがあります
それは あなたとこうして出会えた奇跡
だってこんなにも街は人であふれているというのに
その中から あなたという人にめぐり逢えたのですもの
あの日あの時間あの場所にいなかったならば
二人は永遠に知らない人のままだったのですから
きっとこれも何かの縁で繋がっていたのかもしれないし
あるいはもっと大きな とても大きな引力によって
引き寄せられていったのかもしれません
あなたとこうして出会うために生まれてきたのだとしたら
あなたがこうしてわたしと出会うために生まれてきたのだとしたら
それだけで これまでのすべてがチャラになるような
他のことはもう すべてどうでもいいような
そんな気さえしてくるのです
こんなことを云うとあなたはきっと
少し気障だとお笑いになるかもしれませんね
あなたが生きる今日が一年がその先の未来まで
わたしが生きる今日が一年がその先の未来まで
わたしにとっての そしてあなたにとっての
道標となるのです



そうしていつか 人生の祝杯をあげるときがきたら
そのときはわたしも ぜひその席に呼んでください


グラスを高らかに揚げて
一緒に乾杯いたしましょう
とびきりキンキンに冷えた生ビールでね




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<LESSON 1 | ホーム | 風の笛 / 中島みゆき>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |