縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

抱きしめたい

こぼれ落ちた涙に そっとささげよう
君がいま失くした 愛の破片を
生きることに少し疲れてるようだね
遠くへ行きたいと何度も云っては ため息ばかり
その後に笑ってみせるのが 君のいつものクセ

     抱きしめたい 震えてる君を
     愛を探し 愛を求め
     愛に裏切られ 愛に傷つき
     それでもなお信じようとする
     心やさしき君を
     抱きしめていたい


タバコの煙のような 意味のないこと
奪われていくのは そのこたえのようだね
凍えた身体 あたためる術もなく
ひとりでそっと涙を流す君
大丈夫ってまた笑うのは
ボクへのやさしさなのか

    抱きしめたい 震えてる君を
    風が吹けばいまにも
    消えていなくなってしまいそうな
    心許ない君を
    君の心が もうこれ以上傷つかないように
    壊れてしまわないように
    いつまでもずっと 抱きしめていたい

    抱きしめていたい
       
    

テーマ: - ジャンル:小説・文学

古い詩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<待ちぼうけ | ホーム | 待ち人>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |