縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

海になればいい(飽和編)

陽が昇るのを待って 僕らはあてもなく電車に乗った
まだ人気はなく静かで ただやわらかい朝陽だけが車内を包み込んでいた


僕らは互いに黙って 流れていく景色を呆然と眺めていた
この景色の中に なにもかも捨てることが出来たなら
そんなことを考えてみたりしたけど
多分それは とても無意味なことだと ひとりごちて
小さなため息をひとつ 窓が一瞬だけ白く曇った


          僕にとっても君にとっても 幸福という言葉は
          とても重いものでしたね
          初めて出逢った日 君は街灯のかたすみで風に吹かれながら
          膝を抱えて座っていました
          まるで捨て置きにされた 痩せこけた仔猫のように
          その頃の僕といえば 何もかもうまくいかずに
          呑んだくれては荒れはてた生活をしていました
          生まれたことが罪の種なのだと
          生きれば生きるほど 現実が容赦なく僕を突き刺しました

          君を初めて見た時 なんだか知らないけれども
          いい知れぬ侘しさが漂っているような気がしたのです
          とても幸多かれし、といった佇まいではありませんでした
          君は生まれてから今日まで どう生きてきたのかを
          とつとつと僕に話してくれましたね
          好いた男はどれもこれもダメな人間ばかり
          暴力を振るわれるのなんて日常茶飯事
          君の顔は躰には無数の傷跡が痛ましく刻まれてありました
          それでも それでもなお君は云うのです
          私がいけなかったから 
          私が彼らの淋しさを解ってあげられなかったからと
          自分を責めながら自嘲気味に笑う君は 
          いまにも消えて無くなってしまいそうなほど 儚く淋し気でした
          君はずっとずっと とても重たい荷物を背負いこみながら
          人生とも生活とも どう折り合いをつけたらいいのか解らずに
          誰にも頼れず たったひとりきりで今日まで生きてきたのですね
          悲しいほど強く 君を抱きしめたい衝動に駆られたのを
          他のことは何もできないけれど
          強く強く抱きしめたい衝動に駆られたのを
          昨日のことのようによく憶えています

          あの日 あの雨の日 君は傘もささず
          ずぶ濡れでいつまでも 僕の帰りを待っていてくれましたね
          驚いた僕が急いで傘を差し掛けると
          君は躰を小さく震わせながら うつろに淋し気な声で
          小さくつぶやきました
           「一緒に死んでくれますか」と

          疲れていたのです 僕も
          これ以上生きていても 生け恥を晒すだけなんだ
          他人に迷惑をかけるばかりなんだ
          死のう 死ななければならない
          僕は君とともに死ぬことに決めました


死に場所はできれば冷たい冬の海がいい
ただ波の音しか聞こえない きれいな海の町へ行こう
そして暗くなるまで 波の音の中で眠ろう
霧雨が降ればいいね
僕らのもろくこわれそうな命のような
やさしい雨が降ればいいね
風は冷たい方がいい
ふたり疲れた躰寄せ合って
海の中で飽和しよう
やさしく そっと




2015.12.6 改稿

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<< | ホーム | 性善説 / amazarashi>>

コメント

悲しいです><

でも、同じような気持ちの二人
出会えたことが幸せだったのかな?

死んでからは
二人だけの世界で
ずっと幸せになってほしいです。
2015-07-13 Mon 18:32 | URL | 七瀬 [ 編集 ]
いつもコメント、ありがとうございます

きっと出会うべくして出会った二人だったんじゃないかと思います
結果的には悲しい結末を迎えてしまいますが
二人は海になることでひとつになれたことを幸せに感じていると思います

2015-07-14 Tue 14:35 | URL | 陽炎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |