縫いとじられない赤い糸

小奇麗な言葉で曖昧にごまかすのにはほとほと疲れてしまったから。そろそろ本当の話を始めませんか。身もふたもない、本当の話を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サヨナラも云わずに


死にたいって云っているうちは きっとまだどこかで止めてほしい気持ちが残ってる
リスカも自傷も死ぬためにやってるんじゃない 
あれは生きていることを確認するための行為
もし本当に死にたくなったら きっともう何もしゃべらなくなる
身のまわりのものを整理しはじめる
ドラッグストアでクスリを大量に買い込んだり
処方されたクスリを飲まずにため込んだり
一緒に飲むための度数の強いアルコールを用意したり
ホームセンターであら縄を買ってきたり
飛び降りられそうな高層ビルなんかを下見したりしはじめる
蝋燭が消える前のように なにかふっきれたように他人からは見えるようになる
自分の短い人生を統括しはじめ 遺書を書きためるようになる
本当に死んでしまう人は 誰からもそうと気づかれないように振る舞う
あんなに普通そうに振る舞っていたのにどうして?と
いなくなってはじめて 周囲が口を揃えて驚くものなのである

**
死にたいって思ったから死にたいって云っただけなのに
かまってちゃん扱いなんてちょっとひどすぎです
そんなネガティブな発言 すんじゃねーよ
ごもっともです わかってます
ポジティブな発言ばかりはしてられないだもの
仕方がないじゃありませんか
心がちょっと疲れているんです
やさしい言葉がほしいわけじゃないんです
深い深いため息みたいなものなんです
あなたは疲れることはないんですか
弱音を吐きたいときはないんですか
気力で乗り切れるほど強いんですか
残念ながらあなたみたいに強くできてないんです
誰も聞いていないような掲示板にそっとつぶやくくらいいいじゃないですか
そんな冷たい目をして蔑むように見るのはやめてくださいませんか

***
もう生きているのが嫌なんだ
死んでしまいたいんだ
何もかも終わりにしてしまいたいんだ
そんなことばかり考えていた某月某日
10月に行われるエレカシのライブチケットを応募していたことを
すっかり忘れていて
当選通知のメールが届いたんだ
しかも友達と行く2枚分
10月まで生きる理由ができた

****
花に嵐の喩えもあるさ
さよならだけが人生だ

*****
ねえ君 もし僕が君になにも云わず
ある日突然この世から姿を消してしまったら
君はどうしますか
やっぱり悲しませてしまうかな
それともいつもと変わらず 普段通りに過ごしているのかな
ねえ君 僕は忘れないよ
君と見た井の頭公園の桜のこととか
一緒に食べた日本一おいしいミートソースパスタのこととか
はじめて観に行った中島みゆきのコンサートのこととか
押しつぶされそうになりながら興奮したエレカシのライブとか
上野の美術館の像の前で一緒に写真を撮ったこととか
どれもこれも 僕にとっては大切な 大切な宝物です
ごめんね ごめんね ごめんね ごめんね
本当はもっと君と一緒にいたかった
いろんなところへ行きたかったけれど
もう ダメみたいです
ほとほと疲れてしまいました
弱虫だって責めてもいいです だけど決して君のせいなんかじゃないって
それだけはどうか解ってください
ひとつ君にお願いがあります
月のきれいな真夜中起き出して 僕の好きだった『PAIN』を聴きながら
静かにそっと 泣いてはくださいませんか







テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 |

友達


昔の数少ない友達も 今年で40になる
みんないい歳である
仕事でもそれなりの地位を築いているに違いない
結婚はしているだろうか
多分していることだろう
子供はできただろうか
多分できたことだろう
結婚や出産が一概に幸せかと云われたら
それは違うのかもしれないが
私の頭の中では 彼らはとても幸福そうだ


昔はいろんなことを話し合ったりもした
今では連絡先さえも知らない
向こうの住んでいる市町村が合併して
名称が変わってしまってから
てんでわからなくなってしまった
でも私は それでいいと思っている
別に今さら知ったところで何を話すわけでもない
普通に仕事して結婚して幸せな家庭を築いてる
私の方ははもう半分以上壊れかけているというのに
かつての友達にそんな姿を見られるのも見せられるのも
自分が惨めになるだけだ
いっそ 友達も不幸であってくれたらいいのにと
心のどこかで思ってしまう自分がいるから
さらに始末に悪い


昔の友達は 昔の思い出の中でだけ
友達であれば それでいい





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

| コメント:0 |

あるコミュニケーション障害者の告白

もう何日、眠れぬ夜が続いているのでしょう 
僕が今見ているこの景色が 現実なのか夢なのか 
まるですべてがぼやけて見えているのです 
昨夜は少し気分が高揚していたのか、夜中の1時に突然電話なんてしてしまって 
あなたに大変なご迷惑をかけてしまいました 
なにかとても不躾なことを口走ったりしていませんでしたか 
もしも昨夜 あまりにもわけのわからないことを口走ってあなたを困らせていたなら
遠慮なく叱ってくださいね 


いくつになっても他人に馴れることができません 
子供のころからの赤面症はいよいよひどくなるばかりだし
他人と面と向かっただけで不安と緊張が最高潮に達してしどろもどろ 
自分でも一体何を云っているのか
頭の中は真っ白け 焦って焦って
まったくもって訳のわからないことばかり口走ってしまっては
場を白けさせてしまうのです
それ以上もう 言葉が続かなくなってしまうのです 


嗚呼、どうして僕はこうなのでしょうか 
あなたの云うように 誰彼かまわず自分を曝け出してしまえたなら
どれほど楽になれるかしれません 
何もかもジョークにして笑い飛ばしたり
身構えないで声を掛けられたなら どんなにいいだろうと自分でも思います 


でもダメなんです 出来ないのです どうしても
怖いのです 僕は人の眼が怖くて仕方がないのです 
どんなにやさしそうに見える人であっても
気さくに話せそうに見える人であっても 
その眼の中に、あきらかな拒絶の感情を読み取ってしまうのです 
壁を作っているのが解ってしまうのです
入ってくるなという心の声が聞こえてしまうのです


おかしいですか おかしいですよね 
きっとあなたは云うでしょう 
考え過ぎだと 他人はそこまで思ってやしないと
主治医にも云われました
それは典型的な病気の症状なんですと 
自分でも薄々は解っているのです 
あなたや主治医の云ってることの方が、おそらく正しいのだということを 
けど 頭では解っていても心が反応してしまうのです
見えてしまうのです 聞こえてしまうのです
自分には 呼び鈴を押すことさえ空恐ろしいのです


たとえそれが鍵のかかっていない扉だとしても 
僕はその扉を勝手に開けることができないのです 
その扉の前でずっと立っているわけにもいかないから 
僕はだからいつもひとりなのです 
何も気にしないそぶりで まるでそれが当然というような顔をして 



呆れてしまいましたか? 
こんなものですよ 僕なんて 



それでも あなたがいてくれたから
僕は今日も生きていることができているのです 
こんな僕でも 壁を作ることもせず 
扉を開け放っていてくれるから 
頑な僕の扉をスッと開けて入ってきてくれるから 
なんとか生を続けていくことができているのです 
こんな僕でも 生きていていいのかなと思わせてくれているのです 
僕は あなたといる時間をとても居心地よく感じているのです 
あなたは決して ズカズカと入り込むようなことはしないから 
いつも適度な距離を保っていてくれるから 
僕にはそれがとても とてもうれしかった 
嘘偽りない これが僕の正直な気持ちです 


なんだか長々ととりとめのない話をしてしまいましたね 
他人が怖くて 人間が 自分が大キライで 
自分のダメさ加減ばかり指折り数えては 考え耽っていた僕ですが 
あなたが生きる今日を 僕も生きたいと思うようになりました 
へたくそな生き方しかできないけど それでもあなたが笑ってくれるから 
へたくそなままでもいいのかもしれないと 思えるようになりました
 

変人と他人が云うなら 僕は間違いなく変人の部類に入る人間です 
けど 変人でない人間などいるのでしょうか 
同じ人間なんていないんだし 考えていることも信じていることも各々違うわけだし
多かれ少なかれ みんなどこかおかしくて どこか変わっている
僕にはそんなふうに思えてならないのですけど 


あなたが好きになってくれた僕を もう一度全力で肯定してみようと
あなたが受け入れてくれた僕を もう一度手放しで受け入れてみようとば
それが僕のいまの 心からの願いです



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:0 |

A BOY / 森田童子


今年の7月、森田童子のほぼすべてのアルバムが
リマスター処理により再発売されました

過去に発売されたCDはすべて持っていたのですが
特にこの「A BOY」というアルバムが聴きたかったので
とても喜んでいる次第です

森田童子を知ったのは高校生のころで
当時放送していた「高校教師」(桜井幸子さん主演)というドラマからでした
彼女の舌足らずで透明感のある声と
どこか懐かしいような、人間の深部をつくような世界観に
大きな衝撃を受けたのを覚えています

そのころ私は、太宰や寺山の詩集や高野悦子の「二十歳の原点」などを
夢中で読んでいるような鬱屈した高校生活を送っていて
生きることに対して非常に懐疑的な人間だったので
(今でもそれはあまり変わっていませんが(^^;)
彼女の歌うどこか危うい死生観みたいなものが
とてもしっくりきたのだと思います

今回の再発にはとても喜んでいます




続きを読む

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 |

ある生徒の日記

9月5日(金) 曇り
  今日学校へ来たら 上履きがなくなっていました
  スリッパを履いて教室へ行ったら
  誰かのクスクス笑う声が聞こえました

9月8日(月) 晴れ
  教科書がまっ黒に塗りつぶされ
  ところどころ破かれていました

9月9日(火) 曇り
  給食にえのぐをかけられました
  それを食べろと云われました
  食べなければ殴ると云われ
  仕方なく我慢して食べました
  トイレで吐きました

9月10日(水) 雨
  掃除の時間 箒の柄で思い切り叩かれました
  ふたりに背中から抑えつけられ
  お腹を何度も殴られました

9月15日(月) 晴れ
  裏庭に呼び出されました
  殴ったり蹴られたり 首を絞められたりしました
  うるさいくらいに蝉がジィジィと鳴いていました

9月16日(火) 晴れ
  今日は靴箱に あきらかに犬か猫のものと思われる
  排泄物が置かれていました
  机の中は誰かが食べ散らかしたであろうパン屑や牛乳パック
  ゴミがぎゅうぎゅうに押し詰められていました 
  「どうせお前はゴミ箱だろ?」
  と笑いながら 誰かが空き缶を背中に投げつけてきました

9月17日(水) 晴れ
  トイレに入っていたら いきなり
  水の入ったバケツが降ってきました
  そのあとホースで散々水を掛けられました
  ドアを開けようとしても
  つっかえ棒をしていて開けられません
  休み時間が終わるまで続きました
  びしょぬれで教室へ行ったら 先生に怒られました

  放課後 散々殴られ蹴られしながら
  「明日、1万持ってこい」と云われました
  無理だよと断っても 聞き入れてくれません
  お母さんが洗濯物を畳んでいる間に
  こっそり財布から抜き取りました
  それから毎日のようにお金を要求されるようになりました

10月1日(水) 曇り
  今日 コンビニでマガジンを盗んでこいと云われました
  おもちゃ屋でゲームソフトを盗んでこいとも云われました
  出来ないと云えばひどい暴力を振るわれるだけです
  僕はなるべく何も考えないようにして
  マガジンを ゲームソフトを盗みました
  僕は悪い子です

10月3日(金) 晴れ
  今日 給食の時間 僕の分だけ配膳されず
  代わりに新聞紙に敷かれた犬の糞が置かれていました
  それがお前の餌だと云い
  みんなが見ている前で 四つん這いになって食べろと命令されました
  彼らは一体 何がしたいというのでしょう
  僕を辱めることが そんなに面白いのでしょうか
  逃げだすことも出来ず 泣きながらそれを口にしました
  一口だけで無理でした 
  僕が躊躇していると ひとりが頭を強く押さえつけ
  顔を犬の糞まみれにされました
  あまりに悔しくて 悔しくて
  逃げるように学校を早退しました
 
10月8日(水) 雨
  3人に押さえつけられ 無理矢理服をはぎ取られました
  女子もいたのに 僕はすっぽんぽんにさせられてしまいました
  服は教室の窓から放り投げられました
  僕はすっぽんぽんのまま 服を取りにいかねばなりません
  体操着に着替えようにも ビリビリに破かれてしまっていました
  仕方なく 3階からすっぽんぽんのまま とぼとぼと外まで降りていきました
  いっそ消えてなくなってしまいたい気分でした

10月10日(金) 晴れ
  毎日 殴る蹴るの暴行を受けてます
  中学に入ってからずっとでした
  どうして僕なのか なぜ彼らに選ばれてしまったのか
  いくら考えても答えを導き出すことができません
  きっと彼らにとって もっとも標的に出来やすかった
  ただそれだけが理由なのだろうと思います
  自殺しろとまで云われたこともあります
  僕には存在価値すらないということなのでしょうか
  水曜日 すっぽんぽんのまま3階から外まで降りていったとき
  途中で担任とすれ違ったけど 何も云ってはくれなかった 
  僕は誰に相談することもできないまま
  ただただ 彼らの為すがままになっていなければならないのでしょうか

10月15日(水) 晴れ
  明日までに10万持ってこい、と云われました
  持ってこなかったら 屋上から突き落とすとまで云われました
  持っていかなかったら 彼らに殺されてしまう
  どうしよう どうすればいい
  お母さんの財布から盗むのはもう無理です
  おばあちゃんにもらっていたこともあったけど
  10万円なんて僕には到底用意できそうにありません
  死んでしまいたいとは常に思っていたけれど
  殺されたくなんかない 絶対に殺されるのなんてまっぴらだ
  考えろ 考えろ 考えろ

10月16日(木) 曇り
  今日は具合が悪いといって 学校を休ませてもらいました
  学校へ行かなかったら 10万持っていかなかったら殺される
  胃の辺りがキリキリと痛みました
  おかゆを作ってくれましたが 数口食べて戻してしまいました
  こめかみ辺りがずっとピクピク痙攣しています
  僕が死んだら きっとお母さんもおばあちゃんも悲しむでしょう
  それだけは避けなければなりません
  今まで沢山 迷惑ばかりかけてきてしまったから
  これ以上 悲しませたくはありません
  昼頃 意識もはっきりしないまま外に出ました
  気が付くと ホームセンターの刃物売り場の前に立っていました
  1本のナイフを手に取っていました 
  傾けると反射して とても綺麗でした
  僕はそれを おもむろに懐にしまい
  一目散に走り去りました
  店の人には気づかれていないようでした
 
  僕は明日 このナイフを学校へ持っていくつもりです
  お母さん こんな僕をどうか許してください
  おばあちゃん どうか長生きしてください
  いままでありがとうございました
 
  僕が明日どうなっても 変わらず
  あなたの家族でいさせてください 




続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

救われたくて、救えなくて | コメント:2 | トラックバック:0 |

エンディングテーマ / amazarashi




私もエンディングを迎えるときは、やっぱりもっと生きたかったと思うのだろうか


テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:2 |

蒔いた種

私はとても図太い人間なので
あなたが歩いてきた途を
平気で踏み歩いて 生きてきてしまいました


私はとても胡乱な人間なので
あなたがくれたやさしさで
平気で鼻をかんだりして 生きてきてしまいました


私はとても勝手な人間なので
うまくいかないことすべてを
あなたのせいにして 生きてきてしまいました


私はとても嘘つきな人間なので
つかなくてもいい嘘ばかりついては
人を欺いて 生きてきてしまいました


私はとても薄情な人間なので
あなたが隅でこっそり泣いているのを
なかったことのようにして 生きてきてしまいました


私はとても不器用な人間なので
いつもまっすぐに歩くことができず
ふらふらふらふら 蛇行ばかりして生きてきてしまいました


私はとても臆病な人間なので
人という人に怯えながら
そのくせ平気で傷つけながら 生きてきてしまいました


私はとても心が狭い人間なので
人の幸せを心の底から恨み
そのくせ自分より不幸な人ばかり探して 生きてきてしまいました






いま私は 失調感情障害罹患者という人間です 
人を嘲って踏んづけて欺いて 傷つけてきた代償でしょうか
あの頃私が嘲笑っていた人たちの声が 嘲笑が
毎日毎夜 まるでサイレンかなにかにように耳をつんざきます
私がこんなふうになってしまったのは 
おそらく誰のせいでもありません
すべて自分が蒔いた種なのです
自分が蒔いた種で咲いた花が いまの私なのです




私は 人生に失敗しました




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:4 |

取捨選択

淋しいという感情は 人恋しさの裏返しだ
淋しさに打ち震えているのなら
まずはとことん 人という人と付き合ってみたらいい
向き合ってみたらいい
すれ違うこともあるだろう
傷ついて泣くこともあるだろう
大事なのは より多くのことを経験すること
そうすることによって 見えてくるものがある
解り合えないことなんて当たり前だということが
自分と同じ人間なんていないのだから
それが自然なことなのだということが
いずれ 否が応でも気がつくだろう
解り合えないことと淋しさが同義でないということにも


もしもあなたが 人と向き合うことから逃げて
それでも淋しいと嘆くのならば
そんな感情はとっとと捨ててしまったほうがいい
求める気持ちも勇気もないものに
淋しさなどあっても 無用の長物だからだ
いますぐ ビリビリにでも粉々にでもしてしまいなさい
感情に囚われなくなったあなたは
今よりきっとずっと 生きるのが楽になる




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

詩でしか云えない | コメント:2 |

中原淳一


中原淳一さん(昭和初期を代表するイラストレーターであり、マルチクリエイターでもありました)の描くイラストが大好きで、本や雑貨を見つけては、こつこつと集めています。
戦後間もない頃、粗末な着物にモンペ姿の少女たちが、
「今日は何本芋が手に入った」などと云っている光景を目にし、
若き少女たちにこのような会話をさせてはいけない、
もっときれいに(それは豪華に着飾るという意味ではなく、身ぎれいにという意)
夢を持ってほしい、少女らしさを持ってほしいという想いから、
雑誌「それいゆ」、「ひまわり」、「ジュニアそれいゆ」などを手掛けるようになります。
そこには、彼の美しいイラストのほか、ファッションやぜヘアスタイル、生活様式に至るまで、
さまざまな面で、女性として、人間として美しく生きる術が書かれおり、
当時の少女たちは、貪るように読んでいたといいます。

中原淳一さんの描く女性は、単に可愛らしいというだけでなく、
一本筋の通った、凛としてしなやかで
それでいて、決して折れない強さを感じさせます。
それは中原淳一自身が、女性にそうあってほしいという、強い願い、メッセージが込められているからなのかもしれません。
私には到底およびもしませんが、絵を見るたび、彼の文章を読むたび
こんな女性になりたいものだと、つくづく思うのであります。


☆2016年度版スケジュール帳☆
  花束を抱えて佇んでいる姿が、なんとも愛らしいです。

中原淳一2016年版手帳 - コピー




☆マウスパッド☆
  キリっとした大きな瞳が印象的です


中原淳一マウスパッド



テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

雑記 | コメント:0 |

狭心症 / RADWINPS


うまいことできた世界だ
いやになるほど
(歌詞抜粋)

この独特の退廃的な雰囲気がなんとも云えず
好きな曲です



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。